2017年08月20日

紫陽花と南天

今日は1日曇っていました。それでも、町内会のイベントがあって、
早い時間からバタバタしました。戻って、洗濯機2回分の洗濯物を干して
ベランダは満杯です。乾ききらないなぁ、このお天気じゃぁ。その後
久しぶりに車を出してもらって、ホームセンターへ。腰をかがめなくても
草むしりが出来る道具を探しに行きました。ひとつ買ってきたけれど、
効果は来週、実家の庭で確かめます。役に立つと良いなぁ。

記事の方は6月最後の近所の花だんの様子から。

170820_ajisai1.jpg

ハートっぽい形の紫陽花をいつも探すんですよ。今年はこれ。
父の日には間に合わなかったけどね。




雨の日に撮った紫陽花の写真にちょっと満足いかなかったのもあって、
もうちょっと乾いている日に、何度か花だんを回りました。

6/24、両親のところへ行く日も出がけにパチリ。
これはだいぶヤマアジサイの面影を残したガクアジサイ。早めに咲いて、
早めに終わりかけています。

170820_ajisai2.jpg

装飾花が白っぽいのは、受粉終了の花。受粉したのはまん中の地味な
両性花の方ですけどね。まだ青々しているのは、ただいま営業中。
虫さんにもわかりやすいね。

…って、打ったところで、紫陽花にやってくる虫さんをあんまり見ないなぁ
と思いました。誰が受粉担当なんでしょ。



その翌日、シチダンカっぽいといった花はまだ元気に咲いて居ました。

170820_ajisai3.jpg

青とピンクと隣り合わせで。

この紫陽花の手前には、カワラナデシコが可憐な花を咲かせていました。

170820_k_nadesiko.jpg

雨の日はくしゃくしゃになっちゃうから撮れなかったんですよね。
綺麗なところを見られて良かった。


隣のアナベルも一段ともりもり。

170820_annabelle1.jpg

6/21に撮った時よりまた花の穂が大きくなった気が…。気のせい?



別の花だんのストケシア。北米原産のキク科の多年草。和名はルリギク。

170820_stokesia.jpg

好きなお花だから、綺麗に咲いてからパチリ。



この日はまだ、ご近所のアガパンサスはつぼみでしたね。

170820_agapanthus1.jpg

まぁ、開くのは時間の問題なんだけど。


そのまた先の花だん。いっぱいあるでしょ。花を育てたい人が多いのよね。
人が植えたんじゃ気に入らなくて、あっちこっちに勝手花だんがあって、
人が植えたので十分満足な私は、ありがたい限りですよ。

170820_ajisai4.jpg

ここのも、アナベルとシチダンカみたいな紫陽花。苗を買ってくる店は
一緒なのかな?


ここでしか見られないのは一番奥のピンクのアナベルで、前回の写真で一番
納得いかなかったものです。

170820_annabelle2.jpg

今度はしっかり接写。

170820_annabelle3.jpg

ピントもバッチリ。可憐でしょ。白いアナベルほど大きくはならないけれど、
それがまた可愛くてねぇ。



その先が、今年新しく花だんになったところ。今までは地味に緑の低木が
並んでいたんだけれど、今年からは色とりどりの紫陽花になりました。

170820_ajisai5.jpg

ここでもまた、撮り損なった紫陽花にカメラを向けました。

まずは、空梅雨だった今年のお天気に一番の打撃を受けちゃったウズアジサイ。

170820_ajisai6.jpg

雨の日がちょっとあって、復活かな?

頑張れ、ウズアジサイ。

170820_ajisai7.jpg

これから巻き返せるかなぁ。

白くてピンクの縁取りがあった紫陽花も撮り直し。

170820_ajisai8.jpg

やっぱり木の勢いが弱いのは変わらないけれど、お花はもっとしっかり撮影。
可愛いから、元気にたくさん咲けるようになって欲しいんだけど、どうかしら?



更に、もうちょっと歩いて、次はナンテンの木の前。

170820_nanten1.jpg

三角の花の穂が、ほころびだしていましたよ。

赤い実の方が有名かな。でもお花は6月に真っ白く咲きます。

170820_nanten2.jpg

メギ科ナンテン属の落葉低木。
難を転じるとされて、鬼門に植えられてきた木ですよね。

花びらと区別が付かないくらいのガクも付いたつぼみです。

170820_nanten3.jpg

たくさん咲いて、秋には赤い実をつけます。



雨交じりの日6/28、職場の健康診断に行って家に帰る途中、前回の続きを
ちらっと見て、通りすがりにパチリ。

170820_agapanthus2.jpg

アガパンサスは咲き出していました。

ピンクの立派なユリも健在です。

170820_yuri.jpg

まだつぼみがいっぱい。

それから、ああ、もう7月になるんだな。7/2の半夏生の日を前に、
ハンゲショウというお花が咲き始めていました。

170820_hangesho1.jpg

ドクダミのお仲間なんですよ。姿はだいぶ違いけれど、おしべめしべが並ぶ
花らしからぬ花が咲くところは似ていますね。

しかも、花の穂に一番近い葉っぱが白くなるんです。

170820_hangesho2.jpg

こっちが原型で、その進化形がドクダミなのかなぁ。どっちなんでしょ。
あとひとつ記事にしたら、7月の写真に移れそうです。






シリーズ「木に咲く白い花 2017」

2017/05/28付 「ウワミズザクラの花」
2017/05/29付 「オトコヨウゾメの花」
2017/06/05付 「鈴蘭と牡丹」 ナナカマド
2017/06/12付 「ミズキの花」
2017/06/13付 「マルバアオダモの花」
2017/06/14付 「白いライラックと赤葉のメギ」
2017/06/15付 「鈴蘭、牡丹、マンテマの花」 シジミバナ
2017/06/16付 「栃と七竃の花」 トチノキ、ナナカマド
2017/06/17付 「サワフタギの花」
2017/06/19付 「カマツカの花」
2017/06/21付 「ノイバラの花」
2017/06/22付 「ナニワイバラの花」 白い牡丹、コデマリ
2017/06/25付 「ハクウンボクの花」 
2017/06/26付 「ハリエンジュの花」 カラタネオガタマ
2017/06/27付 「トベラの花」
2017/06/28付 「エゴノキの花」 シャリンバイ
2017/06/29付 「庭の花と街中のバラ」 白いバラ、タイサンボク、オリーブ
2017/07/03付 「忍冬とヤマウコギ」
2017/07/04付 「ガマズミとコアジサイ」
2017/07/05付 「小米卯木の花」 ノイバラ
2017/07/07付 「ガマズミとユリノキ」 マユミ
2017/07/11付 「プリベットと卯の花」 ネズミモチ、コバノズイナ、テイカカズラ
2017/07/12付 「栗と黒金糯の花」
2017/07/16付 「ノビルとヒメシャラ」
2017/07/18付 「ネジキと白熊の木」
2017/08/06付 「ヤマボウシの花」 ウツギ、カシワバアジサイ、イヌツゲ
2017/08/07付 「夏椿と珊瑚樹」 タイサンボク
2017/08/18付 「雨の花だん」 タイサンボク、ガーデニア、ナツツバキ、
2017/08/19付 「珍珠梅とイトラン」
2017/08/20付 「紫陽花と南天」

posted by はもよう at 22:02| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: