2017年08月27日

ヤマユリのつぼみ

いやはや、またもや眠気に負けました。暑いと疲れますよね。それでも
金曜日は途中まで記事を準備していたのですが、12時越えと共に諦め、
土曜日はまた、両親の手伝いに行って疲れ果てて諦めました。親は元より
私でさえ、無理は出来ない歳ですから。ぼちぼちやります。
今日はどこへも行かずに体を休め、写真の整理をしていました。おさんぽ
にも行きたいけれど、休息を優先いたしました。

記事の賦は7/9の写真シリーズの続きです。隣町に着いて、公園の手前で
横にそれ、裏の「北向きに斜面」に向かって坂を下ります。

170827_ryobu1.jpg

坂を下りきった、コナラとリョウブとアオハダが並んでいるところ。
やっぱりね、リョウブの花が咲いて居ました。これで、木に咲く白い花の
シーズンはひとまず終了だなぁ。






ここのリョウブは背が高すぎて、お花を狙ってもこんな位にしか写りません。

170827_ryobu2.jpg

接写は別の場所で狙うとして、先に進みましょう。



足下にはチヂミザサが涼しげな葉っぱを広げていました。

170827_tidimi_z.jpg

ほら、くしゃくしゃっとした笹の葉っぱみたいなのが地面を覆っているで
しょう。秋になると、ひっつき虫付きの花の穂を伸ばすんですよ。




「木に咲く白い花」のシーズン到来を告げたミズキの花は

170827_mizuki.jpg

すっかり若い実になって、色付く準備を始めています。



「日陰の林」で、誰かが世話しているヤマユリは、今年も大きなつぼみを付けて、

170827_yamayuri1.jpg

用意してもらった添え木にもたれてお花の準備中でした。
今年はいくつ咲くのかな?楽しみです。


ヤマユリの後ろは大きなムラサキシキブの茂みです。

170827_m_sikibu.jpg

細かい実が準備中。ちょっと前まで紫色のお花一色
でした。

170827_y_urusi.jpg

ヤマウルシもこんな感じ。



「日陰の林」を通り過ぎて隣の雑木林、林床にこんもりしているのは。


170827_manryo1.jpg

マンリョウの葉っぱです。

葉の陰に、小さな白い花が準備中。

170827_manryo2.jpg

夏に咲いて、冬中真っ赤な実を下げます。お正月の縁起物。千両万両、
金運が良くなりますように。



誰かが勝手花だんんを作っちゃったあたり、およそに先駆けて、
ヤマユリが咲いていました。

170827_yamayuri2.jpg

これから、「北向きの斜面」のあちこちで、こんなお花が咲きますよ。
楽しみだなぁ。



しばらく歩いて、「北向きの斜面」。ほらほら斜面の上の方から大きな
つぼみがお辞儀している。

170827_yamayuri3.jpg

最近、ボランティアさんたちが保護しているので、毎年確実に増えて
ます。


かまってもらえないオニユリだって、準備中。

170827_oniyuri.jpg

白いヤマユリ、オレンジのオニユリ。並んで咲くのは来週かな?
今週かな?



一足早くヤブカンゾウは花盛り。

170827_y_kanzo1.jpg

八重の花びらが複雑に重なり合う、細長い葉っぱのワスレグサ科の
多年草。

170827_y_kanzo2.jpg

鮮やかですねぇ。



夏から秋まで「北向きの斜面」似、爽やかに揺れているのは、白い
ヒヨドリバナ。

170827_hiyodori_b1.jpg

菊っぽく無いですけど、キク科です。

筒状花だけで、おしべめしべの目立つ どシンプルな花。

170827_hiyodori_b2.jpg

それでも大きな蝶々がたくさんやってくる人気のお花です。



終わりかけの紫陽花と、ヤマユリの大きなつぼみ。

170827_yamayuri4.jpg

梅雨から真夏へ、主役交代ですね。
よく探したら、気の早いヤマユリが咲いて無いとも限りませんね。
気をつけておさんぽを進めて参りましょう。



次回は、気になっていた目新しい草の正体と、いろんな野草の
クローズアップ。まだまだおさんぽは続きます。


posted by はもよう at 23:49| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: