2017年08月28日

赤い茎の草

今日は、昨日までよりはちょっとだけ気温が落ち着きましたが、まぁ、
夏らしく晴れて暑い1日でした。ちびっ子たちは宿題の追い込み時期に
こんな晴天続きで、気の毒なこと。宿題、進んでいるかな?

記事の方は、7/9の写真の続き。隣町のお気に入りの観察スポット「北向
きの斜面」で、今年気になった茎が赤っぽい草についてご紹介しましょう。

170828_takeni_g1.jpg

まずは紫陽花の前にそびえ立つタケニグサから。草むらで目立つ巨体です。
竹に似るからタケニグサ。





日本の風景になじまないその風体から、外国産だろうと思われて、別名は
チャンパギク。チャンパとは南ベトナムにあった国の名前らしいですが、
タケニグサは、日本を含む東アジア一帯の在来種なんですって。

170828_takeni_g2.jpg

オニドコロに絡まれて倒されちゃったタケニグサ、花の穂を間近で見られます。

ケシ科だそうです。つぼみに付いていたガクはあっという間に落ちて、たくさん
のおしべとひとつのめしべだけの花が咲きます。

170828_takeni_g3.jpg

受粉が住んだらおしべは落ちて、めしべだけが残って、後でオレンジ色の
実になります。すっかり熟す頃には笹の葉型の実になって、これが風に揺れて
音がしそうなので、ササヤキグサとも呼ばれるそうです。



隣町のお気に入りの観察スポット「北向きの斜面」。通い始めて十数年。
毎年眺めているのに、ふと、見たことないぞと思う草に出会っちゃうから
不思議です。

170828_togedisha1.jpg

わかりますかね。まん中に生えているすらっとした、背の高い草。

葉っぱは柔らかそうで、食べたら美味しそうなほど。目を引いたのはその、
赤っぽい茎です。こんな茎の草、ここで見たことないんだけど。

170828_togedisha2.jpg

葉っぱは、芽吹いたばかりのアキノノゲシそっくりです。葉っぱの裂け具合
もそっくり。まだ、夏が始まったばかりだから、か細くてもおかしくは無い
けれど、やっぱり、今まで見てきたアキノノゲシとは、明らかに違います。

何より気になるのは、7月の初めで、もう花が咲こうとしている点。

170828_togedisha3.jpg

茎の先にたくさんのつぼみを付けているところはアキノノゲシっぽいけれど、
アキノノゲシなら9月初めに咲くはずです。7月初めは、気が早いと言うにも
早すぎです。

まだちゃんと咲いていなくって、花の形はよくわからないけれど、

170828_togedisha4.jpg

花びらの色は、アキノノゲシのうす黄色とは違って、濃い黄色です。

根に近い方の葉っぱはよく裂けていたけれど、花に近いところの葉っぱは
あんまり裂け目が入っていません。

170828_togedisha5.jpg

それにしても細長くて、うまく写真に収まりません。こんなんで後で調べ
られるかな?

熱心に撮っていると、通りがかりに男性に声をかけられました。私と同じ
様に、草木の名前を調べるのが好きな方の様です。アキノノゲシにそっくり
の別の草らしいと私が言うと、同じように熱心に写真を撮って行かれました。
名前、解ったかな?

家に戻ってweb検索し候補に挙がったのは、ヨーロッパ原産で、比較的
新しい帰化植物のトゲヂシャでした。

アキノノゲシそっくりで、真夏に咲く花だそうです。
葉がねじれて垂直に付いているように見えるとか、下の方の葉の裏に
一列トゲが並んでいるとか、この日、確かめられなかった特徴もチェック
して、翌週、確かめに行くことにしました。



前に来た時には白く咲き始めだったアナベルも、この日はだいぶ緑色に
なって居ました。

170828_annabelle.jpg

空梅雨進んで、そろそろ梅雨明け間近でしたものね。


猛烈に葉っぱの茂るすきまから、早くも秋の野菊が顔を出していました。

170828_k_yomena1.jpg

アキノノゲシが咲くには早いと言いつつも、この野菊なら、多少早めに
咲くこともあるよと思ったこちらは…

170828_k_yomena2.jpg

カントウヨメナです。この場所は、毎年、カントウヨメナが一群れ咲く
あたりなんです。ぽってりした中心の筒状花のあたりがそれらしい表情
です。おはよう、気が早いね。



それから、こちらのか細いのはハエドクソウ。

170828_haedoku_s1.jpg

ハエ取り紙を作るのに使ったそうですが、良く良く見ると綺麗なお花
です。

170828_haedoku_s2.jpg

濃い色の部分が実になった時にひっつき虫のカギになります。



それから、今後が楽しみなニガイチゴの幼樹。

170828_nigaitigo.jpg

今まで眺めてきた群落が、花が咲かなくなっちゃったので期待して
います。大きくなぁれ。



斜面のあんな木、こんな木眺めて。

170828_shamen.jpg

あ、上の方にリョウブが満開。良い香りが降ってきます。



次の茂みにはオカトラノオが、ひもで区切って保護されていました。

170828_o_toranoo1.jpg

今年もたくさん咲きました。

接写するのはとびきりの美人の穂にしましょ。

170828_o_toranoo2.jpg

さすがはきれいどころぞろいのサクラソウ科。アップに耐える美しさ
でしょ。
1つ前の記事のヒヨドリバナと言い、このオカトラノオと言い、お山に
行かないと会えない花と思っていたのに、ここで会えて嬉しいな。


さて次は、いよいよリョウブの木に大接近。そのほかの草や木の花も
ご紹介します。



posted by はもよう at 23:49| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: