2017年08月30日

つる草の花、再び

今日は午前中を中心に晴れて暑くなり、午後は強い雨が降って
ちょっとだけ気温が下がりました。ベランダではツルボのつぼみが
開き始めました。細かい用事がいっぱいあって、おさんぽには
行かれなかったんですが、ちょっとのんびりいたしました。
明日からまた、仕事頑張ろう。

記事の方は8/24の記事に引き続き、7/9に撮ったつる草の花をご紹介。
コヒルガオは5月から咲いて居ましたが、

170830_hirugao1.jpg

ヒルガオは、夏になってからやっと咲きます。





葉っぱは横に張り出す部分が無くて、細長い感じ。

170830_hirugao2.jpg

お花は、若干、大きめでふわっと全体にピンク色です。

図鑑には日本ではタネはできないと書いてありましたが、どうも、
猛暑続きの最近の都会ではタネが出来ちゃうみたいです。
交雑してしまうのか、コヒルガオとの特徴の違いがはっきり
しない株が増えているようです。


8/24の記事に載せたお花にも再挑戦。

まずはアオツヅラフジ。前のはおばなだったけれど、めばなも
撮れました。

170830_a_tudura_f1.jpg

薄黄色のガクに細い花びら。まん中に後で実になる部分、子房が
付いています。右には、花びらが落ちた花が付いています。

170830_a_tudura_f2.jpg

ちょっと経つとこんな風につぶつぶが独立して丸い実になります。
でもねぇ、不思議なのが、1つの花についている子房は6つ。

170830_a_tudura_f3.jpg

これがどうすると、ミニサイズの巨峰みたいになるのかなぁ。



こっちはオニドコロ。やっぱりここでも派手におばなの穂が咲いて
ます。

170830_onidokoro1.jpg

いちおう、上に向かってしゅんしゅん伸びるのがおばなの穂です。

おばなを更にクローズアップ。

170830_onidokoro2.jpg

花びら(花被片)は6つ。おしべも6つ。

でもって、こちらがメスの株に咲くめばな。

170830_onidokoro3.jpg

下向きにぶらぶら下がります。おばなよりずっとまばらな花付き。
花の下の茎に見えるところ、後で実になります。

ただの花茎みたいだけれど、違うんですよね。

170830_onidokoro4.jpg

この部分が、秋には長丸を3つ貼り合わせたような実になって
中から翼の付いたタネをこぼすんですよ。



ノブドウにも実がちらほら。

170830_nobudou.jpg

秋を待たずして色とりどりに色付いちゃう時もありますよ。
あ、またサオトメバナがおまけ扱いになっちゃった。
今度ちゃんと撮らないと。



それから、こちらはガガイモです。

170830_gagaimo1.jpg

葉っぱが好きなのよねぇ。

お花は、真夏に見るには若干暑苦しいピンクの毛深いお花です。

170830_gagaimo2.jpg

最初はまん丸く咲いて、だんだん花茎が伸びて長くなります。

170830_gagaimo3.jpg

花の後には、お芋みたいな無骨な実がなります。中に平べったくて
小さいタネと長くて綺麗な綿毛(種髪)がぎっしり詰まった袋果です。
秋深くなって、実が弾けているところをまた見たいなぁ。




最後はおまけ画像です。いつもなら、早めに撮っておくナワシロ
イチゴの実。もう、無くなっちゃうちょっと手前で間に合いました。

170830_nawasiro_i1.jpg

うちの近所で見られる木イチゴの実の中で、一番綺麗なナワシロ
イチゴの実。

170830_nawasiro_i2.jpg

ちょっと盛りを過ぎちゃったなって言う感じは否めないけれど、
それでも、今年も間に合って撮れて嬉しいです。

170830_nawasiro_i3.jpg

いっぱいに実ったんだろうなぁ。



次回はまた、7/9に出会った虫さん特集です。グロテスクなものは
無いと思いますが、苦手な方にはごめんなさい。でもまた、いろんな
子に会えたんですよ。


posted by はもよう at 23:35| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: