2017年09月03日

地面に広がる葉っぱ

ついつい2日もさぼっちゃいました。でも、金曜日には体のメンテナンスに
行ったし、土曜日にはまた両親のところに行って来たし、日曜日の今日は
久しぶりに近所の公園をお散歩してきました。結構いろいろやってんです。
台風が通り過ぎて、お天気目まぐるしく変わりましたね。気温も上がったり
下がったり忙しかったです。風邪引かないように気をつけたいですね。

記事の方は7/17に隣町まで行って撮ってきた写真から。

170903_mukuge.jpg

写真はムクゲの花です。今回はまず、途中の道端で見かけた草を中心に
ご紹介します。





3連休の最終日、7/17に隣町まで行ってきました。

170903_y_yamagobo.jpg

ヨウシュヤマゴボウが花が、若い実になっていました。


道ばたのフェンスにはサオトメバナが絡んで、花を咲かせていました。

170903_saotome_b1.jpg

長いハート型の葉っぱ、白い小花。

170903_saotome_b2.jpg

よく見れば可愛いんだけどなぁ。



道ばたのヤマハギは、結構たくさん咲いて居ました。

170903_y_hagi.jpg

まだ、梅雨明けもしていない頃ですが。



それから、しばらく行った先の地面の様子。

170903_jimen.jpg

この場所は毎年、コミカンソウを眺める場所なのですが、まずは、
緑の葉っぱをパチリ。いろんな植物が固まって生えていました。

中程、右寄りの葉っぱは

170903_enoki_g.jpg

たぶんエノキグサ。

でもって、左側の丸っこい葉っぱが3つワンセットに付いているのが、

170903_m_yahazu_s1.jpg

マルバヤハズソウ。

もっと下の方に生えているのが、

170903_k_nisiki_s.jpg

コニシキソウです。

でもって、お目当てのコミカンソウは、見当たりません。

画面右上の方に見えるような、赤いものが点々と広がって居ました。
良く見るとこれがコミカンソウ。小さい葉っぱが芽吹いたばかりでした。

170903_k_mikan_s1.jpg

とんでもなく暑い晴天が続いた頃でしたからねぇ。地面もカラカラ。
熱帯出身のはずのコミカンソウでも葉っぱを広げにくかったかな。

170903_k_mikan_s2.jpg

ちょっと大きい葉っぱを選んでクローズアップ。
芽吹き立てはこんな色ですが、ちょっとたつと緑色になります。



また道ばたに戻ります。焼けるようなアスファルトの上に生え広がる
のは、

170903_yaha_koni.jpg

左がマルバじゃ無いヤハズソウで、右の細かい葉っぱがコニシキソウ。


下のちょっと立ち上がっているのがオオニシキソウ。

170903_o_nisiki_s.jpg

斜めに立ち上がるのと、コニシキソウよりは葉っぱが大きめなのが
特徴。秋風吹いたら咲き始め、一足早く秋の風情を漂わせる花です。


さっき、ちらっと出てきたマルバヤハズソウもアスファルトの
上に生え広がっています。

170903_m_yahazu_s2.jpg

日向では、アスファルトが焼け付くように熱くなっている時にも、
せっせと茎を伸ばして葉を広げます。秋風吹いたら花が咲きます。
可愛いんですよ。



それから、こちらはスベリヒユ。
真夏の地面に広がる葉っぱの代表格みたいな草ですね。

170903_suberi_h.jpg

朝早くに咲く黄色い花。今年はとうとう見られませんでした。
咲かなかったんじゃ無くて、たぶん、私とタイミングが合わな
かったから。



その先の地面にはメヒシバが出て居ました。

170903_m_hisiba1.jpg

地面を這う葉っぱに、後にちょっと背が高くなる予定のまばらな
花の穂。

この穂が細いのがメヒシバで、太のがオヒシバです。

170903_m_hisiba2.jpg

これから真夏の太陽を浴びて、道ばたにどんどんはびこる予定。



こんもり茂って居る葉っぱを覗いてみたら、小さい実がなって
居ました。

170903_a_i_hoozuki.jpg

これはアメリカイヌホオズキ。



向こうに立ち並んでいるのはエノコログサの花の穂です。

170903_enokoro_g.jpg

緑色と赤っぽいのと一緒に生えてますね。
初夏に実ったムギの仲間に代わって、今度は秋に実る穂になる草
の季節がやってきます。



次の記事ではヤマユリのその後をご紹介。
やっと朝夕涼しくなりましたね。夏の疲れが出る頃です。
どちら様もご自愛くださいませ。


posted by はもよう at 23:58| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: