2017年09月22日

ハマナスの実

今日は朝から通り雨に降られました。薄日が差したのを見たとたん
でしたから驚きました。その後も降ったりやんだりを繰り返し、
夕方からまた、強い雨になりました。明日は秋分の日。お墓参りを
予定される方も多いと思います。早めの回復が望まれますね。

9/3のおさんぽは、いつもお散歩している公園と、その先の雑木林へ。
まずは公園の花だん、キバナコスモスが咲きそろいました。

170922_k_cosmos1.jpg

元気いっぱいのビタミンカラーですね。






真夏のうちから元気いっぱいに咲いていたキバナコスモス。

170922_k_cosmos2.jpg

最近ではピンクのコスモスの方が少数派で、あっちでもこっちでも
この黄色とオレンジのキバナコスモスが主流派になりました。
育てやすいのかな?



9月に入ったからといって、急に秋らしくなるわけでは無いのですが、

170922_park.jpg

↑ 画面中程、下の方のハナミズキは他の木に先駆けて、葉っぱが
赤みを帯びて実が赤く色づき出します。

170922_h_mizuki.jpg

ほんのり秋の気配。小さい秋を探しつつ、公園のおさんぽは進みます。



池のほとりでちょっと立ち止まると、ついっとシオカラトンボが
止まってくれました。

170922_siokara_t.jpg

写真撮らせてあげるよって言われたような気がしてパチリ。
そう、池の上や芝生広場の上には、たくさんのトンボが飛び交っている
のだけれど、私のもたもたカメラには全く写らないから、有り難いです。


そうそう、撮りそびれていたジンジャー。

170922_ginger.jpg

花の盛りは過ぎちゃいましたね。ちょっとでも花びらが残っていて良か
った。来年はもうちょっとちゃんと撮りたいです。



この辺で、公園を抜けてその先の雑木林の方へ。
途中の道、手前の方にはマテバシイが並んでいます。

170922_mateba_s1.jpg

常緑樹だけれど、まだ若々しい葉っぱは光を透かして黄緑色に見えます。

葉っぱのすきまから、白いおばなの穂と、地味なめばなの穂(白矢印)が
見えます。

170922_mateba_s2.jpg

受粉できたら、2年かけて、皮の固い大きなドングリが実ります。

170922_mateba_s3.jpg

こっちの葉の付け根に育ってきたのは、去年受粉した花。
待てば椎の実みたいに美味しくなれるかどうかは解らないけれど、大きく
立派などんぐりになあれ。



次に、途中で見かけたのはハマナスの赤い実。

170922_hamanasu1.jpg

花はお茶に、実はローズヒップとして食用になるというその実ですね。
北海道の特産にジャムとかお菓子とかあったような。

170922_hamanasu2.jpg

まだ、というか、返り咲きでしょうが、白い花が付いていました。

花の下の方には、できかけの若い実と、

170922_hamanasu3.jpg

ちょっと育った実がありました。

170922_hamanasu4.jpg

たっぷりふくらんで美味しそう。今後が楽しみですねぇ。

そうそう、ここに寄った目的は、野良ニラの花を接写すること。

170922_nira.jpg

早速見つけてパチり。いやぁ、見事な花ですね。綺麗。



公園を抜けた先の雑木林、今年はあまり行かれていないので、あれも
撮りたいな、あれはもう咲いたかな?

170922_susuki.jpg

いろいろ思いつつのぞき込んだら、あら、ススキ。綺麗だこと。


頭上のミズキには、

170922_mizuki1.jpg

いっぱい付いていた実が色づいて

170922_mizuki2.jpg

綺麗で可愛いわぁ。

さて、このあと、フェンスに絡むあれこれ、つる性植物について見て
行きます。

週末は晴れますように。(-人-)





posted by はもよう at 23:50| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: