2017年09月25日

オークの実、カヤの実

お墓参り2連続の次は1日お仕事〜と思って準備していたら、ぴきっと腰に痛みが
走り、半日は働いたけれど早引けして、お医者さんに寄ってきました。明日も
用事があって出かけたいから、早く休んで治したいです。

記事の方は9/3のおさんぽの続き。公園を抜けた先の雑木林から戻って、再度、
いつもお散歩している公園内の道を歩きます。

170925_himalaya_s1.jpg

ちょっと先にヒマラヤスギ。雪や台風で枝を折られることも多いけれど、ひと夏
過ごして、またちょっと大きくなったかな?




遠くから撮ったから、家に戻ってから気づいたんですが、今年は松ぼっくりが
大豊作みたいです。

170925_himalaya_s2.jpg

このサイズで、解るかな?枝のすきまに大量の松ぼっくりが付いています。
これは、お花の形をした松ぼっくりのてっぺん(シダーローズ)もたくさん落ち
そうです。



更に進んで今度は大きなモッコクの前へ。うちのすぐそばの株の方が、実や花は
綺麗なんだけれど、とりあえず一枚。

170925_mokkoku.jpg

実が色づき始めました。まだ9月になったばかりでしたから、このくらい。
これからどんどん赤くなります。



そしてこちらは、ちょっと珍しい果物、ポポーです。和名はアケビガキ。
熱帯中心に分布するバンレイシ科の、温帯で生育する数少ない種だそうです。
取り入れてみたものの、あまり売れなかった、栽培もされなかったらしいのです
が、何のご縁か、近所の公園に植えられています。

170925_pawpaw.jpg

アケビかムベかって言う感じの実が3つくっついて実ります。「森のカスタード」
って言う別名もあるそうだから、たぶん美味しいんだと思いますが、一般受けは
しなかったみたいですね。




ポポーノキのエリアの隣にはピンオークの木。

170925_pin_oak1.jpg

ちょっと気の早いどんぐりが落ちていました。

カタカナのキの字に似た葉っぱのオークの仲間。

170925_pin_oak2.jpg

その材で杭を作ったから、ピンは杭のこと。オークは良く'樫'と訳されますが
実際には、ドングリが実る木全般を指すので、コナラっぽかったり、柏っぽか
ったりします。

どんぐりは球を半分にしたような形。

170925_pin_oak3.jpg

でもって同じエリアに立って居るのがたぶん、レッドオーク。

2種の木のどんぐりと葉っぱを比較。

170925_oaks.jpg

小さいがピンオークで、大きいのがレッドオークです。

レッドオークの方は柏の葉っぱに似ています。

170925_red_oak1.jpg

どんぐりは夏の間から、実ってポロポロ落ちています。十分に熟さなかったのでは
なくて、たぶん、秋が早くにやってくる土地に立って居たんじゃ無いかなぁ。

170925_red_oak2.jpg

大きくて立派などんぐりでしょ。

オークの木に関しては、手元の図鑑にも、web上の記事にも、あまり記載が無いので
詳しいことは解らないんですけどね。



さてさて、おさんぽ続きまして、こちらはカヤ(榧)です。イチイ科カヤ属の常緑樹。

170925_kaya1.jpg

平たくて先のとがった葉っぱの常緑樹。成長が遅いけれど長寿命で、緻密で芳香を
放つ材が取れます。高級な碁盤を作ったりするそうです。

この日は枝先に緑の実がたくさんついて居ました。

170925_kaya2.jpg

落ちて踏まれちゃった実からタネが露出していたのでパチリ。
アーモンド型のその実は、しっかりあく抜きすれば食べられるそうです。



雑木林の林床では、

170925_kinoko1.jpg

分厚く積もった落ち葉の下から、何かが動き出しましたよ。
白いきのこが…

170925_kinoko2.jpg
 
重量挙げでも見てるみたいに

170925_kinoko3.jpg

えいやっと反り返り。

170925_kinoko4.jpg

面白いなぁ。これなんてきのこだろう。



コナラとクヌギのどんぐりもこのくらい育ちました。

170925_kona_kunu.jpg

クヌギはチョッキリ相談員もあまり落としていなかったので、今回は
枯れた、ちょっと古めので参加。



池の方へ行くと今度はカツラの木が、ちょこっと色づき始めていました。

170925_katura1.jpg

枝先ほんのり黄色くなっています。

木の下に落ちた、生乾きの落ち葉から、お砂糖を焦がしたような香りが立ちます。

170925_katura2.jpg

香づる木カツラが、いよいよ、香り立つシーズンなんですね。


次回は雑木林の林床で、楚々と咲いている草の花など。



posted by はもよう at 23:43| Comment(2) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、おはようございます。
腰のお具合はいかがですか。
本当にぴきっときますよね。
あの時の感触が何とも言えません。
悪い意味で。
たったそれだけのことなのに、
それから数日まともに動けないのですから、
ほんとに腰は体を支えているんだなぁと
思い知ります。
お大事になさってくださいね。

先日、山歩きの途中で、
大きな大きなカヤノキのあるお家の、
奥さんと1時間ほどお話しました。
大きな実がなるので
ときどき拾わせてもらっているのですが、
いろんなことを教えていただきました。
またお話したいなぁと思います。
実は大相撲の土俵の下に埋めるんだそうで、
まとめて送るんだそうですよ。
すごいですね。
知りませんでした・・
Posted by ブリ at 2017年09月28日 07:00
ブリさん、こんばんは。

あぁ、ありがとうございます、
腰、大事にします(^^A)

大きなカヤノキの有るお宅ですか?
素敵ですね。由緒がありそうです。

そうそう、土俵の下に埋めるんですよね。
そのお宅からお送りになるの?
あら、何かつながりがあるのかしら?
カヤの実はアーモンドみたいで美味しそうでしたけど、
見た目以上に何か意味のある植物みたいですね。

Posted by はもよう at 2017年09月28日 23:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: