2017年09月27日

ゲンノショウコの花

また、日付がずれちゃいましたが、9/26の日記のつもりです。

今日も良く晴れてちょっと暑いくらいの爽やかな晴天となりました。
腰を気にしつつも、用事を済ますことが出来、ほっとしました。
明日は1日静養して、木曜日からまた、月末の仕事を頑張ろう。

記事の方は9/3のおさんぽの続き。木の実をあれこれ見た後は、草の
花にも目を向けましょう。

170926_gen_shoko1.jpg

毎年楽しみにしている秋の花、ゲンノショウコが咲き出しました。





外国産の木が並ぶエリアから、雑木林ゾーンへ。入り口付近で迎えて
くれるのは、いつも眺めているヤブランの大株。

170926_yaburan1.jpg

紫色の花の穂をいくつも立てて、花盛りです。

170926_yaburan2.jpg

とは言っても一度に全部咲かないんですよね。咲いても咲いていなく
ても、同じように綺麗な紫色だから問題ないか。



雑木林に入っていくと下草の種類が変わるので、下を向いて歩いてい
てもすぐに解ります。

170926_tidimi_z1.jpg

これは雑木林ゾーンの下草の代表、チヂミザサ。
厳密に言うと、竹や笹の仲間では無いのですが、葉っぱがそんな感じ
なので、この名が有ります。

似たものが多い中で、今、チヂミザサを見分けるのに便利なのが
このお花。

170926_tidimi_z2.jpg

これが咲いていたら、チヂミザサかもしれません。
ただ、ねばねばしていて靴下やワンちゃんの毛皮に付くと取りにくい
のでお気を付けください。

ちなみに、この辺で紛らわしいこちらの草は、
アシボソと言います。

170926_asiboso.jpg

チヂミザサのような花の穂じゃなくて、メヒシバの花の穂を簡単にした
ようなものがちょっと出て終わりです。



冒頭でご紹介した、ゲンノショウコはこんな環境を好む、フウロソウ科
の多年草。東と西で花の色がまるきり違う、変わった分布の仕方をする
小さな花です。

170926_gen_shoko2.jpg

最近は人や物の交流が盛んすぎて、その原則は揺らぎがちですが、
元々は東日本に白花、西日本に赤花が多く咲くと言われてきました。
中間の中部地方にはピンクの花が咲くとも。
東日本に位置する我が家周辺では白花が主になります。

林床に這うように広がり葉っぱの形は、丸くて5つくらいに浅く裂ける
掌状から深く裂ける3裂まで、変化が多くて素人泣かせです。
まぁ、慣れればどうってこと無いんですけどね。

170926_gen_shoko3.jpg

花びらには赤い筋が入っていて、おしべのヤクは紫、めしべは赤。
これがまず、おしべが先に花粉を出し、花粉を出し終わってからまん中の
めしべが5つに分かれて開くんです。つまりこの記事の両方の花は
おしべが花粉を出しているところ。咲き始めですね。 

170926_gen_shoko4.jpg

赤花であってもそれは一緒。白い部分がだいぶ濃いピンクなので、解り
にくいですけどね。

白花が基本の我が家周辺で、赤花を見るのはたいていどこかの花だんです。
親しく眺めてみて思うのは、赤花の株の方が茎や葉っぱの部分が大きくなり
やすいことと、日向でも元気に育つこと。暑さに強いのかな?

花だんからこぼれて野原に出る時には、最初勢いが良くて、白花を駆逐
してしまいそうに広がるのですが、なぜが、年を追うごとに減って、結局、
白花だけが生き残ることになります。
不思議なんですよ、どうしてそうなるのかな?いつか解るといいなと思い
ます。



白花ゲンノショウコは、春秋に日が良く当たり、真夏は日陰で湿っぽい
場所がお気に入りな様です。

同じような場所で盛んに咲いて居るのは、白いミズヒキ、
↓ ギンミズヒキと…

170926_g_mizuhiki.jpg

↓ ヤマジノホトトギス。

170926_yamajino_h.jpg

この日はやっとつぼみが見えた来た所。
このあと花まで撮れましたから、後日ご紹介します。

野草に注目するようになって思うのですが、案外、真夏の日差しが苦手な
草って多いものですね。おかげで観察の度に私は蚊に刺され放題ですけど。



次に見つけたのはダンドボロギク。比較的新しい…って言っても新手が続々
現れるからそろそろ古株の方かしら?…帰化植物です。

170926_dando_b1.jpg

こちらは断然日向で大きくなりたいタイプなのに、うっかりタネが日陰に
着陸しちゃったものだから、ちょっと小振りです。

170926_dando_b2.jpg

魅力的な大きいつぼみですが、花は筒状花のみの上にほぼ開きません。
これで精一杯。でも、そのあと派手に綿毛を吹きます。
名前に'ボロ'って付いたら、花より綿毛が目立つってことですよね。



その先の日陰で咲いて居たのは、こちらも、日向の方が好きなのに、なん
の因果か日陰で芽吹いちゃって、そのおかげか、毎年花を見せてくれる
アカネの群落です。

170926_akane1.jpg

ヤエムグラやサオトメバナなどが属する、はびこるのが得意な一族の代表
ですよ。これが日向だったらどんなヤブになって居たでしょう。

偽輪生と言われる4枚向き合って付いているように見える葉っぱ。
角が目立って四角くい、ざらざらの茎。このざらざらで他の草に寄りかかり
絡みつき、つる性でも無いのに組んずほぐれつの、人に嫌われそうなヤブを
形成するのがアカネの特徴なんです。

170926_akane2.jpg

ご本人(?)っも解っているのでしょうか。毎年、茎や葉っぱをはびこらすより
タネの制作に余念がありません。一刻も早くここを出て行きたいと言って居る
ようです。

170926_akane3.jpg

それでも、実る頃には草刈り隊が通って
せっかくの努力が無になっている感じの、むなしい戦いをずいぶん長いこと
繰り返している群落です。

つまりこのブログでも、花はたまに写せるけれど、なかなか実まで写せない。

170926_akane4.jpg

そういう事情のアカネです。

アカネって、夕焼けを表現する時に使う茜色のアカネです。根っこから茜色の
染料を作るそうですが、だいぶ手間がかかって難しいんですって。
最近は合成染料の良いのがありますからね、染料としても有り難みも薄れ、
人の暮らしからは遠ざかっちゃったかもしれませんね。

170926_akane5.jpg

今年も人知れず、苦手な雑木林の林床でせっせと花を咲かせます。運良く
実れば黒っぽい液果になるそうです。今年は見られるかな?

2007/ 6/15付 「アカネ」
2007/10/ 1付 「アカネの花」



この記事ラストはノコンギク。

170926_nokon_g.jpg

この公園のノコンギクは、お花が咲く頃には葉っぱが痛んじゃうので、今の
うちにパチリ。今年は綺麗に咲いたところを撮れるかな?

posted by はもよう at 22:41| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: