2017年09月27日

水辺の草の花

今日の雨を境に気温が下がると聞いていたから、朝から雨のつもりでいた
んですけれど、どうもよくよく聞いたら今日の夜遅くに雨が降るそうで、
日中はそこそこ良く晴れていました、今日のうちの方。午後からは若干
風と雲が出て、お天気が変わる雰囲気が盛り上がってきました。さて、
予報通りに雨降って気温が下がるかな?寝冷え注意で見守りましょう。

記事の方は9/3のおさんぽの続き。外国産の木を見上げ、雑木林ゾーンを
抜けて、池のほとりまでやってきました。

170927_tentuki.jpg

池のほとりで見かけたのは地味な穂になる草、テンツキです。





公園の中程の人工の池ですが、水辺があれば水辺の植物も生えますので、
他とはちょっと違うものが見られる場所になって居ます。

170927_i_gayaturi.jpg

ことらは可愛いカヤツリグサの仲間。イガガヤツリ。小穂が栗のイガみ
たいだからって。海辺に多いそうですけど、公園の水辺にもありました。



水辺に生えているカラフルな小さい草はコケオトギリです。

170927_koke_oto1.jpg

オトギリソウ科のちっちゃい奴。

葉っぱも、出たばかりはちゃんと緑色でしたが、ちょっとしたきっかけで
紅葉します。

170927_koke_oto2.jpg

赤いのは実です。オトギリソウ科の仲間には赤い実が付くの、他にもあり
ましたよね

170927_koke_oto3.jpg

お花の直径は5mmほど。オトギリソウ科のお花に有りがちな斑点は無し。

実は緑色からだんだん真っ赤へ。

170927_koke_oto4.jpg

途中の黄色やオレンジも加わって、彩りは更に華やか。

170927_koke_oto5.jpg

今回は乾いていましたが、これに雨の水玉が合わさると更に魅力的な
被写体になります。今回は撮れなかったから、良かったら過去記事を
どうぞ。

2015/ 9/25付 「雨の日のコケオトギリ」





公園の池のほとりにはヤマハギの茂みがあります。

170927_hagi1.jpg

夏から咲いて居たとは言え、秋になって本格的に花が咲き始めました。

170927_hagi2.jpg

やっぱり秋に見てこそのハギの花ですよね。

170927_hagi3.jpg

綺麗だなぁ。



池のほとりにはもっと小さいハギの仲間も花を咲かせます。

170927_h_medohagi1.jpg

地面に広がるまっすぐな茎に白い花を咲かせるのは、
マメ科ハギ属の多年草、ハイメドハギ。

2006/ 9/18付 「ヤハズソウなど」

細長い細かい葉っぱを3枚セットで茎にびっしり並べ、

170927_h_medohagi2.jpg

白地に青紫のポイントの付いた蝶型花を咲かせます。

這わないメドハギの花は白地に赤紫のポイント。もうちょっとしたら
咲くと思うので撮ってきますね。



こちらの小さいピンクの花はヤハズソウ。

170927_yahazu_s1.jpg

ヤハズソウも細長い葉っぱが3枚ワンセット。

どのくらい小さいかというとこのくらい。

170927_yahazu_s2.jpg

一緒に写っている葉っぱはコブナクサ。3つの小穂の付いた草の
穂はテンツキ。

ヤハズソウの名前の由来はこのように「やはず:矢筈」の形にちぎれ
る葉っぱから。

170927_yahazu_s3.jpg

小さいけれどちゃんとマメ科らしい蝶型花です。

乾いたところが好きなマルバヤハズソウもそのうち咲くと思います。



池からちょっと離れた草地に可愛いエノコログサ。

170927_enokoro_g1.jpg

穂が短くてちょっと赤みが差していて、可愛らしかったので撮って
みました。

コツブキンエノコロなのかな?

170927_enokoro_g2.jpg

それともエノコログサのあんまり大きくなれなかったのかな?
園芸店でも、可愛いエノコログサの仲間を売っているし、ちょっと
解らないけれど、可愛かったです。



この記事最後はこれからたくさん咲く予定のハナタデ。

170927_hanatade.jpg

一つ目が花開いたって感じです。これからタデの仲間も続々咲いて
来ますよね。楽しみだな。



9/3の写真、次回はおさんぽ中に出会った虫の特集です。グロテスクな
ものは無いと思いますが、苦手な方にはごめんなさい。



posted by はもよう at 22:50| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: