2017年10月09日

山路ノ杜鵑の花

今日は久しぶりに友達に会いに、初めての街までお出かけ。家の
仕事を片付けたら、電車を1時間ほど乗り継いで、お天気は暑い
くらいで楽しいお出かけになったんですが、最後に、携帯を落っ
ことして画面のガラスを割ってしまいました。保険には入ってい
たし、携帯会社に連絡して数千円と引き替えに新品に交換の手続
きをとりましたが、数日は、不便しそうです。
そうそう、右サイドバーのグリムスの木がまた1本、大人の木に
なりました。これで世界のどこかに苗木が1本植えられるはず。

記事の方は9/10のおさんぽ写真の続き。「北向きの斜面」の草花を
ご報告します。

171009_higan_b.jpg

まずは彼岸花の咲き具合をチェック。うん、まだつぼみですね。







ここのところ来る度撮っているコバギボウシ。また撮っちゃった。

171009_k_gibosi.jpg

これは良く開いて、良いお花です。花期の終わり頃の今年一番の
お花でしたね。

2017/09/11付 「小葉擬宝珠と男郎花」



同じ紫色でも、こちらはこれからのヤブラン。

171009_yaburan.jpg

穂に結構たくさん咲いています。まぁ、10月に入ったら終わっちゃう
けど。



こちらはダンドボロギク。アキノノゲシと同じように背が高くなる草。

171009_dando_b.jpg

お花の後は真っ白な綿毛になります。脱脂綿が大量に捨てられている様に
見えますが、綿毛です。



まだ咲いて居たヒメキンミズヒキ。

171009_h_k_mizuhiki1.jpg

か細い花の穂。

おしべ5〜6本の可憐なお花です。

171009_h_k_mizuhiki2.jpg

じつはこの辺にもうちょっとお花の大きめなキンミズヒキも咲くはずな
んだけれど、刈られちゃったようです。残念。



その先でたくさん咲いていたのは、ヌスビトハギの花。

171009_nusubito_h1.jpg

これもか細い花の穂ですね。

171009_nusubito_h2.jpg

そして、茎の先には小さな蝶型花が並んでいます。

171009_nusubito_h3.jpg

綺麗に撮れて嬉しいな。9/10だと、まだ、盗人の足の形みたいな実は
出来ていませんでした。



更に小さいお花のハナタデ。

171009_hanatade.jpg

まだつぼみが断然多いけれど、ものすごく小さい花が咲いたら接写して
来たいと思います。



気の早いキヅタの葉っぱがちょこっと色付いて、

171009_kiduta.jpg

秋がちょっとずつ深まっています。




前回もご紹介したオトコエシの花。

171009_otokoesi1.jpg

まだまだ咲いていました。

小さい花の一つ一つが精一杯咲いています。

171009_otokoesi2.jpg

それがこんなに。

171009_otokoesi3.jpg

嬉しいなぁ。



と、そのすぐそばに、ヤマジノホトトギスを発見。

171009_yamajino_h1.jpg

この場所、去年はものすごい数のヤマジノホトトギスが咲いた
場所なんですが、今年は、草刈りがされなかった分、他の葉っぱに
埋もれて、ヤマジノホトトギスのつぼみが見当たらないのが気がか
りです。

こんな可愛い花が、どっさり咲いたんだけどなぁ。

2016/10/10付 「山路ノ杜鵑満開」

171009_yamajino_h2.jpg

でもって、過ぎちゃったからいえるんですが、このあと、忙しかっ
たり、腰を痛めたりで、とうとう「北向きの斜面」のヤマジノホト
トギスは撮り損ないました。ちょっと残念です。
あ、でも、他では撮りましたからね。そのうち、ご紹介します。



この記事ラストはアキノタムラソウ。

171009_aki_tamura_s1.jpg

秋になって、更に色合いも濃く美しくなってきました。

シソ科のお花はガクまで素敵ですよね。

171009_aki_tamura_s2.jpg

もうちょっと咲いて居てね。



「北向きの斜面」のお花、もうちょっと見て頂きましょうね。
次はカタクリの保護地の野草と虫さんをいくつか見て頂く予定です。

暑かったり寒かったり、今年の寒暖差は例年以上です。着るもので
上手に調節できると良いですね。




posted by はもよう at 23:35| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: