2017年10月18日

水辺の秋の草と蝶

今日は朝からとっても綺麗な青空でした。二日分の洗濯物と布団をベラ
ンダいっぱい干しました。みんな乾いて嬉しいな。でも、明日は一日中
10℃前後の冷え込みという予報ですから、寒さ対策をしなきゃとエアコ
ンやファンヒーターを点検しました。10℃って言ったらもう冬ですよね。
先週までクーラーつけていたのにもう、暖房の心配だなんて最近のお天
気のへんてこぶりにも困ったものです。

記事の方は9/18のおさんぽの続き。

171018_park.jpg

エノコログサの可愛い穂が揺れる道を進んで、人工の小川沿いの開けた
あたりをおさんぽです。




まだ、盆花ことミソハギが咲き残っていましたよ。

171018_misohagi.jpg

9/18のことだから、ひと月も咲いていたんですね。


公園の花だんには秋らしい紫の花、シオン(紫苑)が咲いていました。

171018_sion1.jpg

本来は、すくっと背の高いキク科の花なんですが、ちょっと、なんか、周り
の草の勢いに押され気味です。

171018_sion2.jpg

ちょっと窮屈そうで、本来の姿とは違うけれど、綺麗なお花は変わりません。
スマートなガクっぽいところ(総苞)と、花後に綿毛になるのが特徴の、
シオン属の代表です。



そばには、彼岸花が咲いていました。

171018_higan_b.jpg

まだお彼岸前ですものね。

野生種のヤマジノちゃんは咲いたけれど、園芸品種のホトトギスはまだつぼみ。

171018_hototogisu.jpg

このあと、えんじ色の斑点の有るお花をどっさり咲かせる予定です。


池のほとりで、一度は刈られたイタドリが復活していました。

171018_itadori.jpg

よそで見たのと同様の大株です。白い花もたくさん咲いていました。



明るい日向の草地にもハイメドハギがたくさんありました。

171018_haimedo_h1.jpg

しゅんしゅん伸びた枝っぽい茎に3枚ワンセットの葉っぱがびっしり。

171018_haimedo_h2.jpg

青紫のワンポイントが2カ所に入った白い花も盛んに咲いて居ます。



もうちょっと日陰が好きなネコハギも撮って来ました。ただ、今年はなぜが
元気が有りません。葉っぱを広げている株も少ないし、花も咲いて居ません。

171018_nekohagi1.jpg

うどんこ病にやられそうな株をひとつ見つけて、無理しつつ花を撮ってき
ました。

他の年なら、こんなに苦労しなくても赤紫のワンポイントのある清楚な花
が見られたのに。
171018_nekohagi2.jpg

葉っぱも茎も毛深くて、手触りが可愛い子猫を連想させるネコハギです。
今年はあんまり良い年じゃ無かったかもしれないけれど、来年は元気に
茂ってね。



人工の小川のほとり、トサミズキの植え込みに、今年もスズメウリがからみ
ました。

171018_suzume_u1.jpg

ちょっとやそっと邪魔にされても、懲りずにつるを伸ばせるのは、きっと、
地下の根っこが大きいから。
一度鉢植えで育てたことがあるんですよね。地下茎みたいな根っこが地中に
たくさん出来るんですよ。

171018_suzume_u2.jpg

か細いつるに、薄い葉っぱ。コイルみたいな巻きひげ。おばなとめばなは、
白い星の形。めばなの下には、後で瓜になる小さな膨らみが付いています。

瓜は、エンドウ豆くらいの小さなもので、最初は緑色ですが、後に白く
なります。

171018_suzume_u3.jpg

白い瓜を見て、スズメの卵を連想したので、スズメウリだそうです。
可愛いでしょ。今年も会えて嬉しいです。



近所の公園の2つの池を結ぶ人工の小川。ほとりを歩いていると目に付く
細い草。

171018_meriken_k.jpg

これ、たぶんメリケンカルカヤです。このあと白い綿毛を出します。

それから、こちらの笹の葉に似ているのは、コブナクサです。

171018_kobuna_k.jpg

もうちょっとしたら茎の先から細い花の穂を数本出します。
葉っぱを見て、小さい魚のフナ(鮒)を連想したからコブナクサ。
水辺好きな可愛い葉っぱです。



下の池のほとりで蝶々が、水飲み場のお水のおこぼれを吸いに来ていたの
を、発見。

171018_uragin_s.jpg

この子はとうとう、羽根を開いてくれなかったけれど、
たぶん、ウラギンシジミ。羽根の微妙な曲線と触角の先のちょっと色が
薄くなっているところが、画像検索したものと一致したから。
あ、この写真だと、触角の先があまりよくわかりませんね(^^;)。




こちらは、何度も見て写真にも撮ったから解ります。樹液酒場の常連
コムラサキです。

171018_k_murasaki1.jpg

国蝶オオムラサキの小型版。羽根を開いたら、ちゃんと紫色なんだけれど、

なかなか見せてくれません。

171018_k_murasaki2.jpg

だいぶ粘ったんだけどなぁ。

まぁ、羽裏だって十分お綺麗ですよ。

171018_k_murasaki3.jpg

そういえば、この子も触角の先に色の薄いところがありますね。
また、樹液酒場においでね。


池のほとり、ちょっと人から離れたところにこの池に住むカモのご一家が
お食事中でした。

171018_karugamo.jpg

たぶんカルガモ。ことによるとマガモとの交雑種かもしれませんが。
池のほとりでこうして植物を食べています。穏やかでのどかな景色です。



次回で9/18のおさんぽ分の最終回。木の様子の続きを見て頂く予定です。

posted by はもよう at 23:47| Comment(2) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、おはようございます。
ヒメムカシヨモギのところで
コメントを書かせていただいていましたら、
自分の勘違いに気付いて、
没になってしまいました。
そこからまだ立ち直れていません。
結局いつもそのままになってしまうんですね。
はもようさんの解説がないと、
にっちもさっちもいかないので、
これからもよろしくお願いいたします。

はもようさんの住んでおられるところも、
もう10度まで下がるのですか。
寒いですよねぇ
足が深々と冷えてきます。
暖かくなさってくださいね。
うちはもう極寒のレベルひとつ前の
装いになっています。
こちらも急激な変化でした。
体調崩されている方多いですねぇ
わたしも調子悪かったですが、
何とか直ってきました。
でも時々咳が出るので、あと一息かなぁ^^
Posted by ブリ at 2017年10月19日 07:33
ブリさん、こんばんは。

あら、ヒメムカシヨモギの所に、なんてコメントしてくださるところ
だったんですか?

はい、何だかとっても冷え込みましたよ、うちの方。
そちらは極寒一歩手前ですか。いやぁ、寒いって大変ですよね。
まだ、体が慣れていないから辛いです。

私の周りも風邪引きさんばっかりで、うつさないでねぇと思いつつ
暮らしています。
うがい手洗い、早寝早起きp(^v^)qがんばらなくっちゃ。
Posted by はもよう at 2017年10月19日 23:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: