2017年10月30日

ウドとコマユミの実

雨の日曜日から一転して、明るい晴天の月曜日です。ただ、風はとても
強かったです。日中ずっと強い北風が吹いていました。西日本と東京に
木枯らし1号が吹いたと報道されていました。木枯らしかぁ、もうそこ
まで季節は進んじゃったんですね。

記事の方は10/8のおさんぽ写真の続きです。「日陰の林」の様子から。

171030_yamajino_h.jpg

まずは大量のヤマジノホトトギスの花後の葉っぱ。間に合いませんでしたね。
ただ、たくさん咲いて、たくさん実を結んだようです。ここのお花には会え
なかったけれど、どこかでちょっとくらい咲き残っているかもしれないので、
希望を捨てずに先に進みます。








「日陰の林」の中ほどにどんと茂っていたウドですが、この日見ると、実が
出来始めていました。

171030_udo1.jpg

まだ花も咲いているけれど、緑のまん丸いのは若い実です。

別の茎には赤く色づき始めた実も。

171030_udo2.jpg

これまだ序の口で、このあと真っ黒く見えるくらいに色濃くなって完成です。
受粉を手助けしたのかな?ありんこの姿も見えますね。
このあと行けてないんだよなぁ。真っ黒になるまで、刈られずにいられたかな?



それから、更に進んでサワフタギの下。初夏に真っ白い花をたくさん咲かせて
いた木です。

171030_sawafutagi1.jpg

別名の瑠璃実の牛殺し…に出てくる瑠璃色の実を探して枝をあちこち眺めます。
今年は実の付きが良くないみたい。6月の小雨か、8月の長雨が響いたかな?
やっと見つけたの2粒。暗いし、綺麗な青い実だって事、伝わるかしら?

公園の裏門を入ったところにもサワフタギが立って居るから、後で見てみます。



サワフタギの奥はムラサキシキブ。

171030_m_sikibu1.jpg

10月に色付いていた年もあったけれど、今年はこのくらいの素っ気なさ。

かろうじて、一粒二粒 紫?色になってるかな?

171030_m_sikibu2.jpg

今度行く頃には、こぼれちゃってないと良いけど。



ムラサキシキブの隣はコマユミ。枝に翼の無いニシキギだそうです。

171030_k_mayumi1.jpg

こちらは申し分ないほど、実が付いていました。

171030_k_mayumi2.jpg

ニシキギ科らしく、律儀に2枚ずつ向き合ってついている(対生)葉っぱの付け
根に赤い実が実っています。熟すと外側の皮が割れて黒くなり、中から真っ赤
な種が露出するという、これもコントラストで鳥さんにアピールするタイプです。

171030_k_mayumi3.jpg

まだ、完成形の実は見つかりませんでした。これで準備中。急がないとお客
さんが来ちゃうよ。頑張れ。
コマユミも紅葉自慢のニシキギ科。今度は鮮やかな紅葉を見に行かなくちゃね。




「日陰の林」から歩き始めて、途中の雑木林、斜面の上の方に懐かしい株を
見つけました。↓ このときの過去記事のコウヤボウキの花の株です。

2013/ 9/13付 「コウヤボウキの花」

あの日は、前に見つけた群落が草刈りにあって丸坊主だったので、こちらの
離れて咲いて居た株を写真に撮ったんです。

171030_koya_b1.jpg

一時、見当たらなくなったので気にしていたんですが、久しぶりに会えました。

171030_koya_b2.jpg

しかも花が咲いています。ありがとう。元気そうで良かったよ。



コウヤボウキの前が、スギとヤマウルシが並んで立っている場所。

171030_sugi_urusi.jpg

奥の濃い緑は陰じゃなくて、杉の木の葉の色です。

地面に落ちていたスギの枝に注目。

171030_sugi.jpg

問題のスギのおばなはこの位ついています。来年の花粉症はどんなかな?



手前のはヤマウルシで、良く見ると紅葉しかかっています。

171030_y_urusi.jpg

灰色のロウに覆われたタネも準備中。ロウは数少ない天然のワックス。
集めて取り出しろうそく等に利用にしたそうです。

山のウルシですので、樹液からウルシも採ったそうですし、そばを通るだけで
かぶれる方もいるそうです。この葉っぱにピン!ときたらご注意を。
ただ、紅葉の頃はもう、そんなにかぶれなくなっているそうです。



更に進んで、雑木林の高木の根元には低木のコアジサイが葉を広げています。

171030_k_ajisai.jpg

初夏にしべばかりが目立つ花を咲かせましたが、今は実を充実させている所。
更に進むと、葉っぱがまっ黄色に色付いて散ります。



公園の裏門から入って、谷に枝を広げるサワフタギをチェックしてみました。

171030_sawafutagi2.jpg

やっぱり実は少なめ。遠くてちゃんとは撮れませんが、なんとかそれと解るのが
ちらほら。

171030_sawafutagi3.jpg

ほら、解ります? 精一杯拡大してこの程度。まだすっかり色付いてはいま
せんね。どうやら今年は、青い実が枝にびっしり〜って言うのを撮れる年では
ないようです。また来年に期待いたしましょう。


ついでに、もうちょっと奥まで行って、最近ちゃんと実や花を撮れていない、
日向のカマツカを見てきました。

171030_kamatuka1.jpg

うーん、まだ緑。

でも、何だか周りの様子がおかしいです。葉っぱのまん中が枯れていたり、
黒く変色した実が付いていたり。

171030_kamatuka2.jpg

数年前の強剪定以来、あんまり元気がないんですよね。もう一回見に行かな
くちゃなぁ。頑張れカマツカ。




posted by はもよう at 21:37| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: