2017年11月02日

オトコエシとホトトギス

今日は午前中を中心に良く晴れて、穏やかな一日でしたが、それを
眺める余裕もないほど忙しかったです。それでも明日から3連休。
さぁて、何をしようかな。

記事の方は10/8のおさんぽの続き。もう終わっちゃったかと思った
ヤマジノホトトギスが咲き残っていたので、

171102_otokoesi1.jpg

去年、たくさん見かけたオトコエシのヤブをのぞいてみることに。




オトコエシってこんな花です。黄色いのオミナエシの白い色違い。

171102_otokoesi2.jpg

白米は男用の飯で、女用は雑穀の混じった黄色い飯って言うのが
名前の由来の一説にあるんですが、

そろそろ終わりかけで、

171102_otokoesi3.jpg

白い花に若い実が混じるようになりました。

オトコエシの実は丸いタネに翼がついた、不思議な形。

171102_otokoesi4.jpg

セリ科の花も、こういうタネを付けますが、面白いですよね。
土星みたい。



途中のヤブで、こんな姿を見ちゃって、

171102_yamajino_h1.jpg

ヤマジノホトトギスはたくさん咲いたけれど、もう、終わっ
ちゃったんだと思っていました。

オトコエシの咲くヤブでもまずはこんな実が目立つばかり。

171102_yamajino_h2.jpg

白い矢印のところが実です。

丹念に探していくと、やっぱり少しだけ咲き残っていました。

171102_yamajino_h3.jpg

茎の先から2番目3番目の花です。

ヤブの深いところにまだ数輪残っていた、嬉しい限り。

171102_yamajino_h4.jpg

急いでアップで写真を撮りました。ほっとしました。

一株ずつ花が違うんですよね、ヤマジノちゃんは。

171102_yamajino_h5.jpg

前の記事のとずいぶん違うけれど、ここでもまた会えて良かった。
大きな群落なら遅い子も居るわけで、お花が撮れて嬉しかったです。
でも、来年はちゃんとタイミングを合わせて、満開の時に撮りに
来たいです。

2016/10/10付 「山路ノ杜鵑満開」


こちらの茂みにもカマキリが居ました。

171102_k_kamakiri.jpg

か細い背中はコカマキリかな?獲物は見つかりましたか?



ここから更に歩いて、もう一度公園の中へ。

171102_karasu_u1.jpg

隣町の公園には、ちょっと変わった形のカラスウリが実ります。

171102_karasu_u2.jpg

変に細長いの。日陰育ちで栄養が足りてないのかしら?

次の記事ではこのあたりと、帰り道の木の様子をご紹介します。


posted by はもよう at 23:41| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: