2017年12月01日

上溝桜と山漆

今日、朝のうち雨が残っても、日中は晴れるっていう予報だったのに、結局
一日どんより、思い出したように霧みたいな雨が降ると言うお天気でした。
洗濯物、外干ししちゃったじゃないのぉ。いよいよ12月。カレンダーも最後
のページです。やり残したことだらけなんだけれど、なんとか頑張ろうp(^へ^)

記事の方は11/12に隣町で撮ってきた写真シリーズ。

171201_sakura.jpg

これは公園の桜です。公園の外の坂道を下って、「日陰の林」を歩いて、谷に
ある裏門から中に入ったところの景色です。






隣町に着いて、でも園内には入らないで、裏の「北向きの斜面」に向かって
坂を下っていきます。

171201_uwamizu_z1.jpg

振り返った景色がこんな風。一番目立っているのがウワミズザクラです。
日陰なので色づきはゆっくりです。

こちらは道路の反対側で、ちょっとは日が当たる場所のイロハカエデ。

171201_iroha_k.jpg

少しだけ紅葉しています。
この坂はイロハカエデの見事な紅葉が見られるところですが、この日はまだ、
ほとんどの葉っぱは緑色のままでした。




「日陰の林」を通り過ぎて、ヤマウルシの紅葉。

171201_y_urusi1.jpg

ちょっとずつ赤くなっていくのを、見る度に撮っちゃいます。

こっちの木もヤマウルシだなぁ。

171201_y_urusi2.jpg

まだ、他の木の葉が緑だから、ヤマウルシばっかり目立つんですよ。

ヤマウルシの足下にあったのは実をたくさんつけたマンリョウの株。

171201_manryo.jpg

これからもっともっと赤くなります。
でもって手前の白いのはヒヨドリバナの花後です。
大きく撮った写真を、今年のクリスマスカードに仕立ててサイトに飾り
ました。


その先に、並んで立って居るか細い木が、カマツカとウグイスカグラ。

171201_kama_ugu_k.jpg

解るかな。左の赤っぽいのがカマツカで、右の緑の葉っぱがちょこっとだけ
残っているのがウグイスカグラです。カマツカは初夏に白い花を咲かせ、
ウグイスカグラは早春から春の盛りまで、ピンクの星形の花を長いこと
咲かせる低木です。



このあと、谷から裏門を通って公園の中へ。
一枚目の写真を撮った桜の木を眺めるのは、ドングリの林。

171201_tade.jpg

頭上のドングリも葉っぱもだいぶ落ちて、さみしくなった林床に草もみじ。
イヌタデではないようだけれど、何タデかしら?綺麗に赤くなっていますね。



公園の中ではめぼしいものを見つけられずに、また「北向きの斜面」へ。
斜面にまだ残った草の葉のすきまから、真っ赤な葉っぱ。

171201_y_urusi3.jpg

ヤマウルシの幼樹ですね。草の葉並みの小さい株です。

同じように赤い葉っぱでもこちらはキヅタの葉っぱです。

171201_tuta_suikazu.jpg

ご一緒するのは緑色のスイカズラの葉っぱのようです。



オトコヨウゾメの生えているお気に入りの場所。

171201_o_yozome.jpg

オトコヨウゾメの葉っぱがだんだん色付き出しました。このワインレッドみたい
な深い赤色の、色づきかけの葉っぱが好きです。



遠くの赤いものは、南天の実。

171201_nanten.jpg

色づき始めたんだねぇ。難を転じて福となすに通じると、家の鬼門に植え
られる南天。鳥が食べてタネを蒔くんでしょうか、あっちこっちで目にします。



ここにもありましたヤブランの実。

171201_yaburan.jpg

気に入った場所で、勝手に生えている草は、本当に元気だな。
ここのヤブラン、つやつやの黒い実がたくさん付いて居ます。



この記事ラストの写真は、「北向きの斜面」のウワミズザクラ。

171201_uwamizu_z2.jpg

「北向きの斜面」では、早めに色付く方の葉っぱですが、まだ本領発揮とは言え
ません。

これからもっとオレンジ色に色付きます。

171201_uwamizu_z3.jpg

実良し、花良し、紅葉も良し の三拍子そろった素敵な木です。大きくなるので
お庭には向きませんけどね。


「北向きの斜面」のおさんぽ、まだまだ続きます。今度は「北向きの斜面」の
野草など。



posted by はもよう at 23:58| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: