2017年12月03日

名残のホトトギス

今日は穏やかによく晴れて、昨日よりぐっと気温が上がりました。あ、昨日は
母のインフルエンザの予防接種のつきそいで、実家へ行って来たので、くたび
れて、更新はお休みしました。でもって、今日は朝から町内会の大掃除に参加。
落ち葉をたくさん片付けました。それから、洗濯機を2回回して、公園へおさ
んぽに。メタセコイアやカエデを撮って来ましたよ。午後は写真の整理。
そうそう、今夜のお月様は、今年最後のスーパームーン、とびきり大きく見える
夜だそうです。見られるかな?

記事の方は11/12のおさんぽの続き。

171203_karasu_u.jpg

「北向きの斜面」を、おなじみの野草を探しながら進みます。








11月半ばの北向きの斜面はこんな感じ。

171203_shamen.jpg

紅葉している木も有るけれど、まだまだ始まったばかりな感じ。楽しみだな。


草むらから飛び出ていたのはヌスビトハギの、抜き足差し足する 盗人の足の
形に似た実。

171203_nusubito_h.jpg

これも結構やっかいなひっつき虫になります。

渋く色付いたコボタンヅルの葉っぱ。

171203_k_botan_d.jpg

下のもうちょっと赤いのは、トゲまみれな所からたぶん、タラノキの幼樹。
こんな色に紅葉するんだね。


ここにも、たくさんあったヤブランの真っ黒な実を並べた花の穂。

171203_yaburan.jpg

ほんと綺麗ねぇ。

これは珍しく黄色に色付いたノブドウの葉っぱ。

171203_nobudo.jpg

たいていは色付く前に枯れちゃうから、貴重です。



それから、斜面の上の方のオトコヨウゾメ。

171203_o_yozome.jpg

ほんのりワインレッドに染まる葉っぱと真っ赤な実。周りにアオキの葉っぱが
つやつやしていて良い引き立て役になって居ます。



さて、そんな斜面の一番奥に、気になる白いものを見つけて注目しました。

171203_yamajino_h1.jpg

草も減っていることだし、ここはひとつ よじ登りましょう。

そばまで行ったら、あら、これ、ヤマジノホトトギスじゃ有りませんか。
ちょっと、ちゃんと咲き切れていないけれど、今年は花の盛りに来られなかった
のだから、有るだけ有りがたい。めっけものです。

でもでも、そのすぐあとに、ちゃんと咲いている別の株を発見しました。

171203_yamajino_h2.jpg

あら綺麗だこと。前に来た時にやっぱり一輪だけ撮らせてもらったけれど、
もう他の花がすっかり終わっちゃったところで、有りがたいものです。

171203_yamajino_h3.jpg

何度撮っても同じ花だけれど、

やっぱり感謝のどアップで参ります。

171203_yamajino_h4.jpg

今年の花盛りに見に来るチャンスを逃した私ですが、花期も終わったのに名残の
お花に出会えました。もお、どなたに感謝して良いのか解りません。とりあえず、
拝んでおこう(>人<)。



斜面の中程に丸っこい葉っぱが黄色に居色付いています。つる性植物のようです。

171203_t_siode1.jpg

こころあたりはサルトリイバラとタチシオデ。

でもほら、ここに真っ黒い実が入っています。

171203_t_siode2.jpg

実が黒いのはタチシオデの方ですね。また来年もいっぱい増えてね。



もうちょっと歩いて、ヤマジノホトトギスとオトコエシをたくさん眺めた場所へ。

171203_uwamizu_z.jpg

そばにはウワミズザクラの枝が下がってきて、色付いた葉っぱがそばで見られる
ようになっていました。

ヤマジノホトトギスの花はあまり見られなかったけれど、オトコエシは何度も
取り上げましたよね

171203_otokoesi.jpg

今はぺっちゃんこのタネになっています。来年もたくさん咲いて欲しいなぁ。



最後は、綿毛になって居た株もあって、サイトからのクリスマスカードにもした
けれど、

171203_hiyodori_b.jpg

まだ咲く気満々のヒヨドリバナのつぼみも発見。いや、もうそろそろ無理だって。




次回もまたこの続きです。雑木林の下の方で、いろんな表情を見せる小さめの
木の葉っぱたちと斜面のてっぺんのヒイラギの花。それからちょっとおまけの話も。
あれこれ見て頂く予定です。






posted by はもよう at 23:48| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: