2017年12月15日

エゴノキと皇帝ダリア

また日付が変わっちゃいましたが、たぶん、金曜も土曜日も更新できそうも
ないので、無理矢理記事をねじ込んでおきます。12/14の日記のつもりです。

今日はよく晴れましたが、朝から強く冷え込んで、この冬初めてリビングの
ファンヒーターが7℃を記録しました。日中も冷たい北風が強くて寒い一日
でした。夜はふたご座流星群が見えるんでしたっけ?見えるかな?

記事の方は11/19のおさんぽの続き。「北向きの斜面」の端っこの雑木林で
もうちょっと紅葉を見て、斜面を登ってきたら、てっぺん近くで皇帝ダリアを
見つけました。

171214_koutei_d1.jpg

そびえ立っちゃっている異国の花。誰かのお庭のお花ですね。




ちょっと時間を戻して、前の記事のコナラの幼樹が並ぶ斜面から、ちょっと
歩いて、「北向きの斜面」の端っこの雑木林のムラサキシキブです。

171214_m_sikibu1.jpg

離れたところなので、ちょっと解りづらいかな?白い矢印のところ、黄色い
葉っぱのあたりがムラサキシキブです。

精一杯の望遠で撮って、パソコンで拡大するとこんな。

171214_m_sikibu2.jpg

黄色い葉っぱにムラサキの実。緑の時も素敵だったけれど、この組み合わせも、
なかなかです。


近所のカマツカ、ここでも素敵にオレンジ色です。

171214_kamatuka.jpg

画面上の方の葉っぱは山椒の葉。まだ黄色く色付くところまで行ってませんが。




さてさて、斜面のてっぺんの民家のお庭から、そびえ立っていた皇帝ダリア。
風当たりも強いだろうに、よく無事に育ったね。しかも2株も。

171214_koutei_d2.jpg

いつからでしょうね。でも、比較的最近ですよね。この異国生まれの背の高い
花が、晩秋の風景に溶け込むほどになじんだのは。

171214_koutei_d3.jpg

青みのピンクの花。2階の窓に届くほどに背の高くなるダリア。皇帝の名に
相応しい姿ですね。




斜面を登り切ったら、また、公園の中に戻ります。こちらに近い端っこには、
何度も取り上げている、気の毒なエゴノキがあります。

171214_egonoki1.jpg

えっ、どこ?エゴノキ?っていう、この状態、これが「気の毒」ってこと。

画面中程上の方にちょっと見えているのがくだんのエゴノキ。

171214_egonoki2.jpg

葉っぱを見ても、えらい目に遭ったっていう表情をしているでしょ。

じつはツルウメモドキにからまれて、

171214_t_umemodoki1.jpg

ツルウメモドキの勢いが強すぎて飲み込まれそうになって居るんです。

近くで見ると愛らしくて、花材にされるほどのルックスなんですが、

171214_t_umemodoki2.jpg

宿主を引き倒してしまうほど、はびこる勢いが強いのが玉にきず。
お手柔らかに願いますよ。ツルウメモドキさん。


このヤブの懐深くにあるのが真っ赤なガマズミ。

171214_gamazumi.jpg

日が当たって、葉っぱまで真っ赤です。


それから、ちょっと手前にあって、つやつやしているこの葉っぱ。

171214_mayumi.jpg

たぶんマユミのはずだけれど、違うのかな?


それからこっちの赤いのはタラノキね。

171214_taranoki.jpg

トゲだらけだから気をつけて。

さらにさらに、この黄色いのは、山椒の葉。さっきの場所ではまだ緑だった
けれど、ここは日当たりが良かったのか黄色いですね。

171214_sansho.jpg

もうちょっと公園中を歩いてから帰ります。11/19のおさんぽ写真。
次回が最終回になりそうです。



posted by はもよう at 01:39| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: