2017年12月20日

五色のもみじとノブドウの根

今日もよく晴れて、よく冷え込みました。家の中の用事に追われて、一度も外に
出なかったけど、お布団はよく乾きました(^^*)。お日様ありがとう。あちこち
気になることはあるけれど、やらなきゃならないことが多くてはかどりません。
頑張れ、私。とうとう12月も下旬に突入です。押し迫ってきましたよぉ。

記事の方は11月の写真の残り全部。職場近くのイロハカエデのその後と、いつも
週末に行っている、実家の庭の花。

171220_iroha_k1.jpg

まずは前の記事の翌週の、イロハカエデの色づき具合から。





先に黄色く色付いたケヤキの葉っぱを。

171220_keyaki.jpg

前の記事では赤くなって居たのにね。

ケヤキの下にはヒュウガミズキ。

171220_hyuga_m.jpg

こちらも、条件がそろえば枝先の葉は赤くなり、他の場所の葉っぱは黄色く
色付くのが普通です。また来年、春に咲く黄色い花が楽しみです。


前の記事で取り上げたのと同じあたりのイロハカエデ。
だいぶ赤くなったんですけどね。

171220_iroha_k2.jpg

まだ緑の所も、若干、残っていて…。

まぁ、五色のもみじと言うことで。

171220_iroha_k3.jpg

これはまたこれで綺麗だな…と。

じつは今年、ここでこれ以上赤いのは、撮れなかったんですよ。

171220_iroha_k4.jpg

待って居る間に、茶色く枯れちゃったんですね。

余所では、もうちょっと赤くなるところまで撮れていますが、この場所のカエデは
ここまで。

来年また頑張りますと言うことで、五色のもみじをご堪能ください。
171220_iroha_k5.jpg

木の真下から空を見上げてると、葉っぱが渦を巻い居るように見えて、吸い込まれ
そうです。

171220_iroha_k6.jpg

枝先にだけ注目すれば、赤い葉っぱだらけなんですけどね。来年はもうちょっと
ゆっくり見せてもらいたいです。

カエデの下には低木のウメモドキ。

171220_umemodoki.jpg

赤い実はそのままに、葉っぱが黄色くなってきました。
ウメモドキは、あんまりはっきり紅葉しないでこのままなんとなく散っていきます。
赤い実だけ残った姿も、それはそれで魅力的です。



その週末、実家へ行ったら、母が丹精していた山茶花がたくさん咲き始めていました。

171220_sazanka.jpg

基本のサザンカって言うか、ありふれた赤い花です。花付きが良くて、花期が長い
優等生。

隣では、ピンクの花が咲くツバキの大きなつぼみもふくらんできました。

171220_tubaki.jpg

サザンカは秋の花で、ツバキは春の花なんですが、早咲きなのもあるようです。


この日は、思い切ってノブドウのヤブを片付けることにしました。
色とりどりの実は綺麗なのですが、じつはこの花、スズメバチが好んで来るので、
高齢者が住む家には向かないかな?と思い始めたものですから。
うっかりスズメバチに刺されでもしたら、申し訳ないですからね。

171220_nobudou.jpg

2015年の6月に、我が家から小さな苗を持って来て、植え付けただけなのに、
ものすごくはびこって居ました。伸びたつるをみんな切って、主になる
根っこを抜きました。比較対象は東京都指定の45リットル入りゴミ袋。
植えたのは1本のはずなのに、太い根っこが2カ所にありました。すごい生命力。
根絶までにはまだ年数がかかるでしょうけれど、まぁ、気長に片付ける予定です。



奥の方では、母がお気に入りだった濃い紫色のノコンギク?もしかしたら、
園芸種のコンギクが、盛りを迎えていました。

171220_kongiku1.jpg

それにしても綺麗な紫色です。

母が惚れ込むのももっともな、良い色。

171220_kongiku2.jpg

そんな母も、そして父も、だいぶ高齢になってきたので、もっと手入れが楽な庭を
目指して、マイナーチェンジをしていこうと思っています。
この菊は、ちゃんと残さなくっちゃね。



次回からは12/3に、いつもお散歩している公園で撮って来た、紅葉の写真を見て頂く
予定です。



posted by はもよう at 22:57| Comment(2) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
すみません。
ワンちゃんが来ていたもので・・。
帰ってしまうと、ホッとする反面、
勝手なもので、ちょっとさびしいです。

きれいな紅葉ですね。
私真っ赤な紅葉も好きですけれど、
緑の残っているのが好きです。
赤という色が画像でうまく
再現できない気がするのもありますが、
やはりいろんな色が微妙に混ざり合うのが、
とくに緑が入っているのが
好きなのかもしれません。
こちらも真っ赤な紅葉を見たのは
ほんとに真っ赤だなぁと思ったカエデは
1本だけだった気がします。

ノブドウの根っこって、
初めて見せていただきました。
お山のもさもさしている
ノブドウの根っこはどんな風なんでしょう。
すごいんだろうなぁとしか
わからないですが^^
Posted by ブリ at 2017年12月21日 13:15
ブリさん、こんばんは。お返事遅くなりました。

あ、またパンチくんが来ていたのかな?
人様の子をお預かりするのは、ワンちゃんであっても気を遣うものなのでしょうね。
ほっとしたからこそ、寂しさもあったりして(^^*)。
ネコちゃんのご機嫌はいかがかな?

綺麗なもみじでしょ。ただ、真っ赤なのを撮れなかったのがちょっと残念でした。
余所では撮れたんですけどね。

ノブドウは、たった2年でこの成長ぶりって言うのと、
それ以前の5〜6年間はひょろひょろ1本の苗だったってこと。
不遇の鉢植え時代をじっと耐え、地面に下ろされたとたんに爆発的にはびこったんですよ。
すごいパワーを秘めていたんだなぁなんて思いました。

お山のもさもさしているノブドウは、根っこまで入れたら、
どのくらい大きいんでしょうね(^m^)。
Posted by はもよう at 2017年12月23日 00:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: