2018年02月15日

池の鴨と氷

今日、日中ちょっと外回りの仕事があったのですが、風もなく日差しがあって
穏やかで、暖かかったですよ。春が近いなぁなんて、油断しちゃいけないんで
しょうけれど、ちょっと嬉しかったです。ついでに何か写真に…なんて欲を
出してみましたが、取り立てて残したいものも見つけられませんでした。
深刻な被写体不足です。どうしましょう。(^^;)

記事の方は1/14のおさんぽ写真の最終回。池の方へ行ってカモと氷を見てきま
した。

180215_koori1.jpg

公園の池には、何度もはってはとけるを繰り返した氷が面白い表情を見せてい
ました。




まぁ、毎年のことですけどね。

180215_koori2.jpg

池に氷がはって、端っこに空気が入って中で池の水がゆらゆらして、日が昇って
ちょっととけたり、日が暮れたらたぶんまた凍ったりを繰り返すんだろうなぁ。

誰かがいたずらして、割って放り投げた氷のかけら。

180215_koori3.jpg

厚さは2cmを軽く越えていましたね。割るのも大変なくらいの分厚い氷です。
全面結氷しているわけではないから、日の当たらないところか、冷気のたまる
ところの氷でしょうかね。

土に上には大量の霜柱。

180215_koori4.jpg

日が昇って、とけて崩れた霜柱。3段重ねくらいの分厚い霜柱の層です。



そんな池でも、北の国からやってきた渡り鳥のカモさんたちにとっては、避寒の
リゾート地ですよ。
ここで、恋のお相手を見つけたり、語らったり、英気を養ったり。

180215_kamo.jpg

一年中ここに居るカモに加えて、北の国からやってきたカモが2種類。
たま〜に、見慣れない鳥が混じっていたりもします。



ペンキ缶にくちばしの先だけ突っ込んだみたいなのが、年中居るカルガモ。

180215_karu_g.jpg

オスのメスの羽根の模様が、繁殖期になってもあまり大きく変わらないのが
特徴と言えば特徴です。
背中の羽が黒っぽいとオスで、白っぽい方がメスらしいからこれはオスかなぁ?


次はマガモ。茶色い体に緑色の首、オレンジ色の足、黄色いくちばし。

180215_magamo1.jpg

ちょうどデコイみたいなカモですね。おしりの所の黒い羽が、くるんと
カールしているのは、絶賛お嫁さん募集中の証し。
素敵な奥さん見つかると良いね。


マガモ奥さんは、茶色の羽色。でも見分けが難しいのは、どこのカモの
奥さんもだいたい羽色は地味な茶色ってこと。

180215_magamo2.jpg

マガモ奥さんはオレンジルージュのくちばしです。



でもってこちら、ちょっとおしゃれなフォーマルウエアに身を包んだのが、
お嫁さん募集中の装いのオナガガモのお婿さん。

180215_onaga_g.jpg

茶色のお顔に、黒いくちばしの横のグレーのポイントが見分けポイント。
フォーマルにお着替え前でも、見分けられますよ。



カルガモっぽくて、マガモのメスっぽい。たぶん、池で旅してきたマガモの
オスと、この池に住んでいたカルガモのメスが恋に落ちて生まれた
雑種のカモ。

180215_maru_g1.jpg

マガモとカルガモの中間種で、マルガモ?(仮名)

もうちょっとマガモっぽいのも居ます。

180215_maru_g2.jpg

首が緑色だからオスかな?

いろんなカモが飛んでくるんですが、今年はちょっと数が少ないようです。
何度か来ていた素潜り上手のキンクロハジロも、今年は姿が見えません。
たまに混じる変わった鳥を見つけられるのが楽しみだったのにな。
暖かくなって、また、北国に帰っていく日も近いかな。またおいでね。



最後の一枚は大きな桐の木。

180215_kiri.jpg

つぼみと実の殻を付けて、賑やかな枝先です。



1/14のおさんぽ写真はこれでおしまいです。このあとは雪の日に撮った
ちょっとの写真と大雪の記録を残しておこうかと思います。




ブログ内関連ページ:

2007/ 2/ 8付 「池の鴨たち」
2007/ 2/ 9付 「池に来ている他の鴨」
2009/ 1/13付 「公園の池のカモ」
2010/ 1/ 8付 「ヒドリガモ」


posted by はもよう at 23:43| Comment(0) | 身近な生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: