2018年03月06日

福寿草の花

昨日は眠気に負けました。今日も半分負けそうです。仕事は忙しいし、夕食に
ビール飲んじゃったし(^^#)。夕べは一日中曇りで、夜中はものすごい風の音が
していました。幸い、家族みんな自宅にいましたが、それがとてもありがたく
感じるほどの荒天でした。開けて、今朝はちょっと雲が残ったものの、日中は
良く晴れて、仕事場の側の豊後梅がほころんだりしました。暖かいって良いもの
ですね。

記事の方は2/12に近所の公園で撮ってきた写真から。

180306_helleborus1.jpg

長い間雪に下になって居た花だんの花を見に行ってきました。
写真はクリスマス・ローズこと、ヘルボラスの花だんです。




2/12のヘルボラスの葉っぱです。このときはまだ、つぼみは見当たりませんでした。

180306_helleborus2.jpg

いくら寒さには慣れているとはいえ、ずっと雪の下敷きになっていた葉っぱは、
ぺちゃんこになって地面に倒れていました。
このあとちゃんと花が咲きますからね。いずれまたあとでご紹介します。



それから、毎年眺めているナンテンの下の福寿草が咲いていました。

180306_fukuju_s1.jpg

こちらも長く雪に下に埋もれていたはずです。
ちょっと小さめでしたが、可愛い黄色の花が開いていました。

180306_fukuju_s2.jpg

福寿草の花は蜜は出さないんですって。

つやつやの花びらで日の光を集めて、居心地の良い休憩場所を提供することで
花粉を運ぶ虫さんたちを呼ぶそうです。ユニークな戦略ですよね。

180306_fukuju_s3.jpg

複雑な形の葉っぱも魅力的。
今年は小さめだけれど、用意したつぼみ全部、無事に咲きますように。


それから、こちらは駐車場近くにまとまって植えられている梅の花。

180306_koubai1.jpg

毎年、早咲きの紅梅の隣に、普通咲きの白梅と反対の隣に色の濃い紅梅が咲くん
です。↑ これは色の濃い紅梅が開いたところ。

きりりと一重咲きで、おしべふさふさの色の濃い紅梅。

180306_koubai2.jpg

花の付いている枝が緑色しているのも特徴的なのですが、ここまで特徴を
捉えても、品種までは特定できないんですよね。

並んで咲いて居る早咲き種はとても背が高くて、花はずっと上の方に咲きます。

180306_koubai3.jpg

余所の早咲きの紅梅と同じように、淡いピンクでふわふわの八重咲き。
写真にしちゃうと両者の違いがあまりはっきり出ないけれど、淡いのと濃いのと
両方楽しめる場所なんですよ。


それから、途中のハナミズキの根元にはクロッカスが植えられていて、この時期
ちょこっと顔を出して、可愛いお花を見せてくれます。

180306_crocus.jpg

年によっては、管理人さんがロープを張って保護してくれるのですが、今年は
無くて、近づけるのは良いけれど、踏まれそうでちょっと気がかりです。
皆さん、お足元にご注意くださいませね。いずれ他の色の花も咲くと思うので
引き続き注目しておこうと思います。



こちらは低木のニシキギ。コルク質の翼の付いた枝と冬芽が面白い表情を見せて
くれます。

180306_nisikigi.jpg

地味な花、鮮やかな紅葉の他にも、見所のある木なんですよ。



もうちょっと進んで、こちらは池のほとりのカツラの木。この木も、アメリカ
ハナノキと同様に、葉っぱの前に赤い花を咲かせます。

180306_katura.jpg

枝先のつぶつぶしたのは、メスの木に残る実のあとですが、お花の準備が進む
赤い冬芽も徐々にふくらんできた頃です。



この日、まさに花盛りだったハンノキ。地味すぎて花と気づいてもらえないかも
しれませんが、この長いひものようなものはおばなの花の穂です。

180306_hannoki.jpg

丸く見えるのは去年の実のカラ。松ぼっくりならぬ、ハンノキぼっくりですね。
あんな風に、枝に先に今年も赤いめばなが咲いているのですが、ちょっと見えない
かな?(^m^)



こちらは流れのほとりに立つケヤマハンノキ。

180306_k_y_hannoki1.jpg

やっぱり枝先にたくさんのハンノキぼっくりを付けていますが、こちらはまだ、
お花は咲いていません。

180306_k_y_hannoki2.jpg

それでも枝先に花芽が、準備されて居ます。
毎年、葉を食い荒らすハンノキハムシと静かな戦いを繰り広げている、苦労人の
ケヤマハンノキ。今年もまた、頑張れ〜。応援しているからね。


2/12のおさんぽもあともう一回分くらいでおしまいです。
次回も、春を待つ冬芽と早咲きの花をもういくつか、ご紹介します。

posted by はもよう at 23:49| Comment(2) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
うちのクリスマスローズがいまこのぐらいかな。
花芽がやっと見えてきました。
いつもはもう少し元気な葉が
あったと思うのですが、
今年は息も絶え絶えな感じでした。
少し元気になってきたので
安心しています。
農家の方が、今年は野菜が
寒さで全部だめだったとおっしゃっていました。
ほんとに厳しい寒さだったんですね。

メタセコイアの実と雄花、
確認してきました。
てっぺんのあたりの黒いのはなんだろうと
気になっていましたが、
やっとすっきりしました。
と言っても遠くから眺めて
画像で確認しただけなんですが・・。
Posted by ブリ at 2018年03月11日 11:00
ブリさん、こんばんは。

サボり気味ですみません(^^a)。
いや、本当に、今年は寒かったですよね。お野菜も、
高くて不足気味でしたよ。

寒くて美味しくなるものもあるんでしょうけれど、
農家さん、大変だったでしょうね。

クリスマス・ローズ、元気を取り戻してくれると良いですね。
この葉っぱの株は、その後ちゃんと咲きましたよ。

あ、メタセコイアの実とおばな、ご確認頂けましたか。
そのうちに風に吹かれて落ちてきますから、手に取ってみてやってください。
花らしくは無いけれど、精一杯おしべを伸ばして居るのが解りますから。

Posted by はもよう at 2018年03月12日 01:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: