2018年03月07日

河津桜開花

今日は午前中雲が多くて、洗濯物たくさんしたのに乾くかなぁと心配しましたが、
午後からは日差しもあって暖かくなり、無事に乾きました。ベランダのミニ水仙の
花がだいぶたくさん咲いて、ちょっと明るくなりました。明日あさっての冷え込み
を乗り切ったら後は暖かくなるそうです。それはそうでしょうね、もう3月も中旬
になっちゃいますもの。そろそろ暖かくなってもらわなくちゃね。

記事の方は2/12に近所の公園で撮ってきた写真の最終回。

180307_tubaki.jpg

もうちょっと花木の話題をお届けします。





この存在感のある冬芽(枝豆みたいですよね。)は、ライラックのもの。

180307_lilac1.jpg

色の薄めのこちらは白花の株で…

色の濃いめの冬芽は紫色の花の株のものです。

180307_lilac2.jpg

小さな芽から、のちに葉になり、大きな花の穂になるものが出てくるんですよ。



こちらはトサミズキ。小さいのは葉っぱの芽で、大きいのは花の芽です。

180307_tosa_m.jpg

花の芽は大きくなる過程でいろんな色に変化し、彩りの少ないこの季節に
目を楽しませてくれます。


池のほとりの植え込みにはボケの花。

180307_boke.jpg

開花スイッチがゆるくて、1年柔軟のt無く花咲いちゃう花木だけれど、本来の
花期は春のははず。ちょっと寒いけれど一番花が咲き始めていました。


みんなが気をもんで見上げているソメイヨシノの芽は2/12の時点でこの
くらい。
180307_someiyosino.jpg

さて、お花見はいつを予定いたしましょうか?



冬芽と言えばこれ!のオニグルミ。

180307_o_gurumi.jpg

お猿のようなヒツジの様な顔が葉痕に浮かびます。ひたいの角のような
裸芽が大きな羽状複葉の葉っぱになります。
この日はまだ、お日様の光を浴びて眠っているようでした。



公園のお散歩を終えるあたりで、傍らの常緑樹にも注目しておきましょう。

180307_leyland_h1.jpg

こちらレイランドヒノキです。個人の庭に植えるには大きくなり過ぎちゃう
木ですが、公園でのびのび育っているのを見るのは気持ちの良いものです。

180307_leyland_h2.jpg

葉っぱはこんな感じ。やっぱりヒノキの葉っぱに似ていますよね。よく
繁って青々しています。




公園からの帰り道、家のすぐそばの河津桜はもう咲いたかな?それをチェックに
寄り道します。
まだ早いかな?なんて思っていたのですが、あら、もう、咲き出しています。

180307_kawadu_z1.jpg

それでも、うっかり咲いちゃって、早まったかな?って言うような縮こまった
一番花です。

180307_kawadu_z2.jpg
急に冷え込んだ日もあったからねぇ。

それでも他の芽も、だいぶゆるんで来ました。

180307_kawadu_z3.jpg

早咲き種の河津桜。もう本場の伊豆、河津町のあたりでは花盛りだそうですよ。



ついでに河津桜のそばに植わっている、萼が緑色の梅の花も見てきました。

180307_ume1.jpg

咲き始めていましたねぇ。

こちらも、続々とつぼみがゆるんで来ました。

180307_ume2.jpg

たくさん咲くと良いなぁ。小さい春、見つけましたよ。


これで2/12のおさんぽの写真はおしまいです。次は何の写真を見て頂こうかな?


posted by はもよう at 23:53| Comment(0) | 冬芽と葉痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: