2018年03月19日

ニワトコとマユミ

予報通り、雲の多い一日になりました。日差しは無くても、もう寒くは無い。
そんな感じでした。季節はどんどん進んで、とうとう、ブログに取り上げる
前にハクモクレンが散り始めました。慌てちゃうなぁ。でも週の中程は気温が
下がって雨がふるって言うし…、まだ紆余曲折がありそうですよね。

記事の方は、3/4にいつもおさんぽしている公園で撮ってきた写真から。
花木の並ぶエリアを過ぎておさんぽは、また別の雑木林ゾーンへ入っていき
ます。

180319_zokibayasi.jpg

このサイズにしちゃうと見えないけれど、落ち葉の間から、誰かがふざけて
何本もの枝を突き立てていったみたいに、枝が並んでいます。
枯れ枝?いえいえ違います。




雑木林の林床でも春の訪れを感じて、緑の葉っぱが動き出しています。

180319_sui_kusa.jpg

こちらは冬の間でも、我慢できるだけは我慢して緑の葉っぱを保っていた
半落葉、半常緑の…左下がスイカズラ(忍冬)で、上の方がクサイチゴの
葉っぱです。



このヘビイチゴの葉っぱも…日陰だからたぶんヤブヘビイチゴじゃない
かな。…落ち葉の陰で、冬の寒さをこらえていたのかな。

180319_h_itibgo.jpg

春の一番乗りを目指して、力を蓄えていたのかもしれません。



地面に立ち並ぶ短い枝、いくつかはクサイチゴのこともありますが、その他に
ニワトコのこともあります。

180319_niwatoko1.jpg

ニワトコは大きな木にもなれますが、幼樹のうちはほとんど草と変わらない
ような姿で、一緒にヤブに生えています。

他の草たちより一足早くに葉を広げ、花の準備も怠りません。

180319_niwatoko2.jpg

このブロッコリーみたいなカリフラワーみたいなのが、花のつぼみです。
ここから白い花を泡立つようにたっぷり咲かせます。

ニワトコは、葉痕に浮かぶお顔が可愛らしいのも魅力の1つ。

180319_niwatoko3.jpg

ほらね、暖かい日差しを受けて、笑っているようでしょう。
可愛いな。



雑木林の、他の木の芽はどうかな?

これは、残った実のあとから解りますね。リョウブです。
初夏の頃、白い花の穂に虫さんをたくさん集めていました。秋には堅い
実を房いっぱいに並べていました。

180319_ryoubu.jpg

冬芽は、鱗片がはがれて矢印のような表情になるのが面白いのですが、
この日はまだ、そこまで行っていませんでした。芽吹く時の新芽の表情も
よいのですが、さて、次回行った時にはどんな顔しているかな。


それから、キブシはオスの株の枝先に花のつぼみが並んでしました。

180319_kibusi1.jpg

つぶつぶしているけれど実じゃ無いですよ、おばなのつぼみです。

枝ばっかりの雑木林のまん中じゃ、垂れ下がるつぼみにピントが合いにく
いです。

180319_kibusi2.jpg

後ろの桜の幹をお借りして、うん、やっと鮮明に撮れた。

枝先をアップにして、花芽と葉っぱの芽を撮りました。

180319_kibusi3.jpg

枝先の赤いのが葉っぱの芽ですよ。お花はこれから順次開きます。
雄花ですので、中身はほとんどおしべです。

かんざしの飾りみたいな花がたくさん咲いて、綺麗ですよ。

180319_kibusi4.jpg

最近、この公園ではキブシの株が徐々に減っているので、ちょっと気がかり
ですが、早春の雑木林を彩ってくれる素敵な木ですから、末永くここで栄えて
欲しいものです。



雑木林ゾーンに立っている常緑樹、つんつん葉っぱのカヤノキにつぶつぶした
ものが目立ってきました。

180319_kaya1.jpg

あら、何だろう。

カヤノキって、成長が遅い分、材が堅くて、高級は碁盤や将棋盤になる木です。

180319_kaya2.jpg

見上げると、こんな葉っぱの枝振りの木です。

日頃変化が無いから、こんなことでも目立ちます。

180319_kaya3.jpg

たぶんこれも花芽のはず。ずいぶん前におばなの写真を撮ってあって、めばなを
撮りたいなと思っていたはず…

で今回、web検索してみたら、あらなんと、めばなってこれに似ています。

180319_kaya4.jpg

これこれ、この緑の素っ気ない固まり。これが画像検索して見つけためばな
そっくり。おばなは、おしべたっぷりですぐに解ったけれど、めばながこれじゃあ、
解らないわけだわ。これで、実は見たことあるけれどめばなを見たことがないって
思っていたの、解消だわ。嬉しいなあ。
今年はまた、久しぶりにおしべふさふさのおばなもちゃんと写真に撮ろう。


この記事ラストはマユミの芽。この公園、このたびマユミをみんな強剪定しちゃった
ので、毎年楽しみにしていたとびきり可愛い冬芽の写真は撮れなかったのですが、

180319_mayumi1.jpg

まぁ、このくらいなら、良いかな。

芽吹き早めのマユミの新芽はもう顔をだしています。

180319_mayumi2.jpg

強剪定が功を奏して、ここのところ、樹勢弱り気味だった公園のマユミが、また
元気良く花を開いてくれるように祈っています。



春まだ浅い公園にはニュースになるようなものがほとんどありません。次は早くも
最終回。花だんへ行って、ヘレボラスの花ともう1カ所の梅の所を回って終わります。

でもね、この日のおさんぽは午後も続くんです。午後は隣町の公園へ行ったんですよ。
その時の写真はまた後でご紹介します。


posted by はもよう at 22:40| Comment(0) | 冬芽と葉痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: