2018年04月16日

日向水木、土佐水木

今日は雲が広がりやすいお天気で、晴れ間もありましたが、だいたい曇って
居ました。お天気下り坂らしいですが、ここのところ雨が少ないので、ちょうど
良いお湿りになるかもしれません。スギに続いてて飛散していたヒノキの花粉も
ピークを越えたようで、そろそろ花粉症の季節も終わりかなって思います。

記事の方は 3月半ばに見かけた、花木のお花をいくつかご紹介。

180416_crocus1.jpg

これは家の近所の花だんのクロッカス。可愛く一列に並んでいました。





それからもうちょっとご近所花だんを回りますと、か細い枝の先にヒュウガ
ミズキの花が咲いて居ました。

180416_hyuga_m1.jpg

ヒザの高さくらいの背の低い植え込みです。

花も花の穂の長さも小さめで可憐な感じのヒュウガミズキ。

180416_hyuga_m2.jpg

開いてすぐのおしべの葯が赤くないのも特徴の1つです。



ご近所花だんのクロッカス。こちらは白花がたくさん咲いていました。

180416_crocus2.jpg

綺麗ですね。

そばにはヒマラヤユキノシタ。

180416_himaraya_y.jpg

ヒマラヤと比べたら、この辺の冬なんて寒いうちに入らないかな?
周りにお花が少ない季節に咲いてくれる有りがたいお花です。


河津桜のそばなんですよ。

180416_kawadu_z.jpg

この日が満開かな?
ソイメイヨシノよりずっと長く、ひと月ほど咲き続けてくれてありがとう。
とても綺麗だったよ。



代わって3/16の朝。通勤途中で見かけた花。
こちらは、クサボケみたいなボケの花。

180416_kusaboke1.jpg

通勤途中の道ばたに咲いて居ます。

180416_kusaboke2.jpg

柔らかい朱色の花、ゆるい花びらの付き方はほぼクサボケ。でも人の家の
庭先です。園芸品種と思うのが自然。本当はどうなのかな?



ボケの花の上はヒサカキ。

180416_hisakaki1.jpg

枝にびっしりつぼみが準備されて居ます。

このあとお彼岸ですが、びっしりと並んだお花は開くとお線香に似た香りを
放ちます。

180416_hisakaki2.jpg

香りは良くてもこの量ですからね、時として頭が痛くなるほどには香ります。
ヒサカキ咲くと、いよいよお墓参りですねぇ。暑さ、寒さも彼岸まで♪
もう、寒い日は来ないかな〜なんて思っていたら、お彼岸のお中日には雪が
ちらつきましたよねぇ。


さらにその近所にトサミズキが植えられて居ます。

180416_tosa_m1.jpg

公園のとは違い、お花を楽しむように育てられているのか、花いっぱい。

あ、ちら見えしているおしべの葯が真っ赤なの、解ります?

180416_tosa_m2.jpg

トサミズキのおしべの葯は真っ赤で、ヒュウガミズキのおしべの葯はオレンジ色。
大きさじゃ無い見分けポイントは咲いたばかりのお花の中にありました。


暖かそうなつぼみのカバーが、半分かかったままのこちらはコブシです。

180416_kobusi1.jpg

ほんと暖かそう。

花の向きは思い思いで、あっちこっち。花の付けねには葉っぱが一枚。

180416_kobusi2.jpg

花びらは6枚で目立たない萼が付いています。



開き始めはピンク色が濃く見えた豊後梅。

180416_bungo_u1.jpg

満開になって見ると、

白っぽい花に見えてきます。

180416_bungo_u2.jpg

白っぽい花びらに赤い萼のコントラスト。

180416_bungo_u3.jpg

もう一方の親、アンズの花に似てきました。
地面には散った花びらも目立つようになり、豊後梅の季節もこれで
終了。今年も堪能いたしました。来年もまたよろしくお願いします。



次回からは3/18に隣町で撮ってきた写真シリーズに移ります。
ようやっとソメイヨシノが咲いた3/17を通り過ぎました。のんびり
ペースですが良かったらおつきあいください。

posted by はもよう at 23:33| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: