2018年04月22日

銀葉アカシアの花

昨日も今日も、夏がやって来たかのような気温の高い晴天となりました。
土曜日は、また、両親のところへ行って、片付けや植木の世話など。
そうそう、今期初のチャドクガのタマゴを発見しちゃいました。また、
毛虫と戦わなくっちゃ(T^T)。
でもって今日はベランダいっぱいに洗濯もの干した後、お気に入りの観察
ポイントやら何やら、あちこち歩き回ってへとへと。日にも焼けちゃったし、
ああ大変。そうそう、ミズキの花が咲き始めちゃいました。「木に咲く白い
花」、いよいよシーズンインです。ああ、忙しい。(^^*)頑張ろう。

記事の方は3/18のおさんぽ最終回。隣町の公園の木に咲くお花をご紹介。

180422_g_akasia1.jpg

こちら、隣接した民家から、派手に園内に張り出している銀葉アカシア。






何度かつぼみを拝みましたが、咲いたところに遭遇した時は雲が出て、
こんな色合いになっちゃいました。残念です。

2015/ 4/18付 「銀葉アカシアの花」

↑ 過去記事の方がずっと綺麗に撮れています。
180422_g_akasia2.jpg

小さなポンポン状の花をどっさり咲かせる銀葉アカシア。

マメ科アカシア属。 蝶型花じゃなくても、丸っこい葉っぱじゃなくても
マメ科です。これでもちゃんとサヤに入った豆らしい実が実ります。
どちらかと言えば、ネムノキとかオジギソウとかに近い種類なんでしょうね。

180422_g_akasia3.jpg

別名はハナアカシア。ミモザアカシア。

園芸店やお花屋さんでは「ミモザ」の名前で紹介されますが、ミモザというのは
そもそもは「オジギソウ属」のことだそうです。

180422_g_akasia4.jpg

そっくりさんのフサアカシアは葉っぱも花も大きいそうです。

育てやすくて、花もどっさり咲くことから、個人のお庭に植えられて居るなら
たいてい銀葉アカシアだそうです。

180422_g_akasia5.jpg

羽みたいに繊細な葉っぱ。銀葉って言うほど銀色じゃないですけど。

180422_g_akasia6.jpg

とりあえず、見られて良かった。また見に来よう。



3/18だと、プラタナスこと、モミジバスズカケもまだ冬芽。

180422_m_suzukake.jpg

ここから花も葉っぱも飛び出してくるのは、いつのことになるのかな?




芝生広場の隅に大きなハクモクレンの木があります。

180422_h_mokuren1.jpg

辛うじて残っていた青空を入れて、写真を撮ったけれど、もうちょっと
すがすがしく晴れていて欲しかったなぁ。

それでも、一時は樹勢が落ちて花が咲かなかった年もあったので、
ここまで復活してくれて嬉しいです。

180422_h_mokuren2.jpg

花の数が多すぎて、一輪一輪が小振りなんですけどね。

180422_h_mokuren3.jpg

青空に向かって、春が来たよーって言っているような存在感の有る
ハクモクレン。今年も会えました。ありがとう。



隣町の公園も、桜の名所で、お花見のお客さんで賑わいますが、桜も咲くけど、
ここのアセビも、ものすごくたくさん咲くんですよ。

180422_asebi1.jpg

上ばっかり見てないで、たまにはちょっと低いところでたくさん咲いている
このお花も見てあげて欲しいなぁ。

180422_asebi2.jpg

細かいところまで素敵に出来ているアセビ(馬酔木)の花。私は好きなんだけど
なぁ。



さて、後は帰るだけ…と思って歩いていると、公園のメインストリートの
まんなかで、まだつぼみしかない桜を熱心に見上げるご婦人二人。

どうやら、コゲラが飛んできて止まったらしいんです。

180422_kogera1.jpg

コゲラは枯れた枝の先の方…って、良く止まる場所があることに気づいていた
私は、ちゃちゃっとカメラにおさめて通り過ぎました。

↓ ほらね、しましまの背中が写ってるでしょ。

180422_kogera2.jpg

この日、コゲラがあちこちで木をつついていました。コゲラの軽快なドラミング
も、だいぶ聞き慣れました。ただ、私のコンデジでは鳥さんの姿を綺麗にとらえる
ことは難しいので、この辺が限界です。



このあと3/21には小雪が舞うお天気で、桜の花も足踏み状態になったんですよね。
次の記事は次の週末に撮って来た、さらに春爛漫の様子をご紹介します。




posted by はもよう at 23:47| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: