2018年04月30日

クマシデとコスミレ

うわぁ、今日で4月も終わりですか。今年も1/3過ぎちゃったわけですね。
早かったなぁ。今日は、隣町へ行って写真を撮ってきましたが、サワフタギ
を取れないまま終わっちゃったのが解って、ちょっとショックでした。
そして、ノイバラとコアジサイが咲き出したのにもびっくり。やっぱり、
今年は花の咲くのがハイペースです。忙しいなぁ。

HPの「季節のごあいさつ」も新しくしておきました。10年くらい前に撮った
シャクヤクの花です。今年はどんな感じに咲いてくれるかな?

記事の方は3/25のおさんぽの続き。

180430_kunugi.jpg

二つ目の雑木林ゾーンを抜けて、大きなクヌギを見上げました。





クヌギの先には大きなクマシデの木が立っています。

180430_kumaside1.jpg

一瞬キブシに見えますが、花の穂がずっと小さいんです。写真じゃ伝わり
にくいですけどね。

はい、これがクマシデの花。

180430_kumaside2.jpg

おばなの穂です。シデ三兄弟の中でも一番大きな果穂になります。
シデよりは、ビールの香り付けに使われる'ホップ'に似た果穂です。



クマシデの写真の奥にちら見えしていた赤いものはヤブツバキです。

180430_y_tubaki1.jpg

ここのヤブツバキは背の高い木で、見上げるとこんな上の方まで花で
いっぱいです。

180430_y_tubaki2.jpg

椿の花って、写真に撮るのが難しいんですよね。


ついでにそばに咲いていた他の花もご紹介。

180430_tubaki1.jpg

白い花はすぐに痛むので、たくさん咲く春先にならないと綺麗な花には
なかなか会えません。

こちらはうつむいて咲くピンクの花。

180430_tubaki2.jpg

白に見えるほど薄いピンクです。
花びらは痛みやすい、おしべは変色しやすい、でもって花と葉っぱの色が
違いすぎて露出が決まらない。とにかく写真に撮るのが難しい花です。
でも、たくさん咲いてくれたら、カメラを向けちゃいますよねぇ。
もうちょっと上手にならないと(^^;)



さらに進むと、これも初期の頃から眺めているコブシの前に出ます。

180430_kobusi1.jpg

10年以上のおつきあいです。ずいぶん大きくなったよなぁ。

枝の先には…つぼみ。毛深い皮の中から、葉っぱが一枚、花と一緒に出て
来ます。

180430_kobusi2.jpg

この株の花はあんまりスマートじゃ無いな。

花がたくさん咲いている場所はこんな。

180430_kobusi3.jpg

裏側にちょっと赤みが差しているところがまた、素敵。
いつまでもそこで咲いててね。



さて、家の近所、駅に向かう道ばたで早咲きのコスミレを眺めていましたが、
この公園にもコスミレは咲くんです。どこかな?どこかな?

180430_kosumire1.jpg

やっと見つけた株は葉っぱだけ。長細いハート型にまん中の葉脈がまっすぐ
はっきり入っているところがコスミレの葉っぱっぽいです。

そうしたら、そばの木の根元にすみれみっけ。

180430_kosumire2.jpg

ああ、可愛い、これ、コスミレですね。

180430_kosumire3.jpg

あっちで見たのと同じコスミレ。

花の中を覗いてみると、めしべの先がカマキリの頭の形。

180430_kosumire4.jpg

うん、間違いなし。公園のコスミレに今年も会えました。良かった良かった。



でもってその先には、また別のコブシが立ってます。

180430_kobusi4.jpg

こちらの木も背が高いんですよね。

でもってお花はこんな風。

180430_kobusi5.jpg

まん中のオレンジ色っぽいのはおしべです。めしべは埋まっちゃってよく見え
ません。それでも、毎年たくさんの実をつけるんだから、受粉しているんだろ
うなぁ。



コブシの木の根元は、ツクシの出るポイント。

180430_tukusi.jpg

一生懸命探しました。あ、ああ、あったあった。ひょろ長いのが数本。
スギナもつんつんしています。



このあともうちょっと花の咲いている木の方へ回ります。3/25午前中はあと、
記事一回分くらいかな。


posted by はもよう at 23:41| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: