2018年05月01日

キブシのめばな

いやいや、今日も暑かったですねぇ。でも、それより仕事が忙しかったなぁ。
GWの谷間の2日しかない平日に一週間分の仕事プラスαを片付けなくちゃなら
ないんですもの。一心不乱に書類の束と格闘いたしました。でも、まぁ、明日
でなんとか間に合いそうです。頑張ったぞ、自分。明日からお天気が崩れるん
ですって。連休後半はどんなかな?

記事の方は3/25のおさんぽの続き、あと記事一回分かな〜?なんて昨日書い
ちゃったけど、あと二回分有りました。しかもそのあと午後の部もあるとか…

180501_kibusi1.jpg

とりあえず、1枚目はキブシ。これ、メスの株です。





前の記事のコブシの隣がこのキブシ。
でもって、メスの木なので、これはめばなです。

180501_kibusi2.jpg

めばなにしては花付きが良い方ですけどね。

柔らかい黄色の花をのぞき込んでみると…おばなの時と違っておしべは目立たず

180501_kibusi3.jpg

代わりに緑の子房とめしべが見えます。おしべは、退化したものがちらほら付いて
いるばかり。このあと、緑色のまま熟す実が付きます。タンニンを多く含んでいる
ので「フシ」と呼ばれる黒い染料の代わりになります。



雑木林の中では、別の桜も咲いていました。

180501_yama_s1.jpg

う〜ん、これ、オオシマザクラ?それとも白っぽい山桜?

180501_yama_s2.jpg

オオシマザクラほど大輪じゃ無いから、白っぽい山桜かなと思ったんだけれど、
違っていたらごめんなさい。桜の見分けは難しいです。



これでだいたい公園は一周。でもって、あっ、あれ見忘れたって思って、もどって
また別の枝垂れ桜の下へ。

180501_sidare_z1.jpg

これもそこそこ立派な木です。

花はやっぱり濃いめのピンクで一重咲き。4/23の記事ののせたものと同じ品種のよう
です。

180501_sidare_z2.jpg

でもこちらには、お隣に八重咲きの枝垂れ桜が植えられて居て、花の時期が違うのを
実感できる場所なんです。

お隣の八重咲きの枝垂れ桜、今はまだつぼみなんですよ。

180501_sidare_z3.jpg

一重の枝垂れや染井吉野が終わって、八重桜が咲く頃、八重の枝垂れ桜も咲き始め
ます。今年はねぇ、八重の方はうまく撮れなかったんですよねぇ。
良かったら、過去記事でお花見しませんか?

2014/ 5/ 7付 「桜とトネリコ」
2015/ 5/ 6付 「八重の枝垂れ桜」



雑木林をいったん出て、開けたところへ出てきました。

180501_park.jpg

4/29の記事で向こうから眺めたのと同じ場所を別角度から。コブシ、アンズ、柳です。

そう、ソメイヨシノが咲き始めたばかりの公園で、こんなに咲いているのはアンズの方。

180501_anzu1.jpg

はかなげな花びらのアンズの花。こちらにもいっぱい咲いています。

アンズの肩越し、芽吹きたてのシダレヤナギの目にしみるような緑色。

180501_anzu2.jpg

いつもは、実のなる桃の花と一緒に撮って「桃源郷もかくや〜」なんて言うのですが、
今年はタイミングを逸しました。

残っているのはこの、つぼみだけ。

180501_momo_yana.jpg

残念でした。また来年頑張ります。

2016/ 5/ 7付 「山桜、桃、リラの花」



それから、ずっと歩いてきて、これはユスラウメ。

180501_yusura_u1.jpg

↑こちらが白花で…

↓こちらが赤花です。何だか年々、違いがはっきりしなくなっちゃっているけれど(^^A)。

180501_yusura_u2.jpg

夏前に、柄のないサクランボのような実を枝に直接実らせます。花も綺麗だけれど、
実もとても綺麗です。



近くの低木はニシキギ。

180501_nisikigi.jpg

コルク質の翼が付いた枝が特徴的。GWの頃 地味な花を咲かせ、秋には赤い実になり
ます。紅葉自慢の木で、晩秋には真っ赤に色付き葉を散らします。



それからこちらはライラックのつぼみ。

180501_lilac.jpg

ピンクに紫、白花。この公園にも何種類かのライラックが植えられて居ますが、
これは何色の花が咲くのかな?


おまけに花だんの画像を。緑色一色になる前に、あれこれ見ておきたい私です。
まずは花だんのハナニラ。

180501_hananira.jpg

草地に白いお星様。結構野生化しかかっている したたかものです。


それから、ヘレボルスの花だん。別名はレンテン・ローズでイースターの頃まで
咲く花という意味でしたよね。今年のイースターは4/1。

180501_helleborus.jpg

撮影日は3/25ですので、まだ元気に咲いていました。



次の記事では地味な木の花をいくつかご紹介します。



posted by はもよう at 23:55| Comment(2) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
お庭のレンテンローズ、
毎年たくさん咲くのに、今年は1輪でした。
ところがまだ咲いているのです。
まぁ花期はいつも長いなぁと思いますが、
もう枯れているんだろうか。
でもなんとなく普通にお花なんです・・^^
まぁ1輪だったので、
他の子の分も頑張っているのかな・・なんてね。
勝手な解釈^^

サクラのようなお花。
今年も次から次に見ましたが、
よくわかりませんでした。
ヤマザクラは花期が様々ですよね。
まぁ今ほとんどが小さな実が付いていますから、
ヤマザクラなんでしょうが。
お花の時は桜でいいんだろうかと
いつも悩みます・・
Posted by ブリ at 2018年05月03日 13:03
ブリさん、こんばんは。ご無沙汰してます。
ブリさんもお忙しそうですね。

あ、レンテン・ローズ、まだ咲いてますか?
あの花びらに見えるところは萼ですから、結構長く付いてますよね。
めくってみると中、空っぽだったりしませんか?
実とかタネって見たことないけど、まん中に出来るんでしょうね。
どんなのかな?(^v^*)

桜は、仲間が多くて品種までは解らないことが多いですよね。
私も、あまりはっきりは触れないようにしています(^^A)。
ヤマザクラが,咲く時期から色合いから株ごとに違うのは
見ていて楽しいですね。
Posted by はもよう at 2018年05月03日 23:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: