2018年05月07日

桜桃と牡丹

今日は朝のうちは明るい曇り。このあと雨が降るなんて思えないくらいの
空模様でした。今日は連休明けの週明け、仕事の方はなかなかのハードモー
ドで、雲行きを見る暇も無く過ごしていたら、帰る頃にはそこそこ強い雨で
した。荒れ模様になる地域もあるそうです。どうかお気をつけてお過ごし
下さいませ。

記事の方は3月下旬、通勤の道すがらみつけた庭木の花やつぼみを見て頂き
ましょう。

180507_yusura_u1.jpg

1枚目はユスラウメ(桜桃)。この日は白いお花がびっしり咲いていました。




ユスラウメもお花の中心部分が、黄色から赤へと色変わりするんですね。

180507_yusura_u2.jpg

たっぷり咲いたあとは、可愛らしい、柄のないサクランボみたいな実を
たくさん見せてほしいものです。



それから、ピンクの梅や河津桜っぽい早咲きの桜を見たお庭では、アンズの
花が咲き始めていました。

180507_anzu1.jpg

近所の公園で見たのと同じような はかなげなお花が枝にびっしり並んで
います。

180507_anzu2.jpg

お花のあと、オレンジ色の実が付いたので、この木がアンズと解りました。
今年もまた、実るかな?

たくさんのお花が並んでいるお庭。ロウバイ、梅、桜、アンズと来て、今度は
ツツジが咲きそうです。

180507_m_tutuji.jpg

紫色のつぼみは三つ葉ツツジかなぁ。



これはまた別の場所の花木。

180507_karin.jpg

枝にちらほら見えるピンクのつぼみはカリンのもの。ところどころ皮のむけた
すべすべした幹もカリンのもの。秋に実る大きな実からは想像できないほど、
小さくて可愛いお花がもうすぐ開きます。



それから、ケヤキの枝先も煙るように動き出しました。

180507_keyaki1.jpg

何が起きているのかというと…

枝先のアップで解りますね。

180507_keyaki2.jpg

お花の準備が整ってきたようです。お花のあとで、葉っぱの芽が動き出します。



さらに進んで、土手の桜の様子です。

180507_sakura1.jpg

ずいぶん咲き進んだように見えますが、3/26ではまだ、満開のちょっと手前。

180507_sakura2.jpg

咲いた枝もありますが、大半のつぼみは、まだつぼみのまま。咲き始めは早かっ
たけれど、そのあと気温の低い日が続いたから、桜も様子見しちゃいますよね。

180507_sakura3.jpg

ゆっくり咲いてよ、桜の花。3月中に満開なんて言ったら、みんなお花見の
予定を早めなきゃならなくて大忙しよ。



4月のお楽しみは、仕事場のそばの牡丹。
いつもあっという間に咲いちゃうから、今年はどうかな?って見に行くと、

180507_botan1.jpg

↑ ピンクの株は、まだやっと葉っぱが出そろったところ。つぼみは見つかり
ません。あら?今年はお花、お休みかな?

↓ 真っ赤な大株の方は、ついこの間 芽吹いたと思ったらもう、こんなに
繁っています。

180507_botan2.jpg

この株、あっという間につぼみを出して、大輪にしてはあっという間に
花を咲かせちゃうから、ちゃんとつぼみの大きさをチェックしておかねば。

まず1つ。

180507_botan3.jpg

まだ、葉っぱもつぼみも出来たてって感じですね。

もう一つ発見。

180507_botan4.jpg

さて、今年はいつ咲くでしょう。

牡丹のあとに咲くシャクヤク(芍薬)の方もチェックしておきました。

180507_shakuyaku.jpg

樹木の仲間の牡丹に比べて、草の仲間のシャクヤク(芍薬)の方は、さすがに
か細い。でも、これもあっという間に大きくなって、大輪の花を咲かせるんで
すよね。気をつけておかないと撮りそびれます。頑張ろう。


ついでに、根元の小さな小さなお花にも注目。

180507_kyuri_g.jpg

こちらは、ちょっと花の穂が長くなったキュウリグサ。あの、虫眼鏡じゃ無いと
見えない極小ワスレグサですよ。

それから、こちらはお庭の雑草トキワハゼ。

180507_tokiwahaze.jpg

ムラサキサギゴケのそっくりさんですが、ウサギ耳みたいな花びらが無い方の、
草むらじゃ無くて、お庭の雑草の方のトキワハゼです。
キュウリグサのお花もついでに写っていますね。どちらも小さなお花です。



次はたぶん実家のお花になる予定です。椿の花期の終わりとカイドウ花盛りの
写真があるので。


posted by はもよう at 23:51| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: