2018年05月08日

実家のカイドウ

今日はちょっとした用事があって実家の方へ行ってきました。一日中どんより
曇って、この間までの夏日だ真夏日かもの陽気が嘘のように肌寒い一日となり
ました。夕方からは雨も降り出して、ますます気温が下がりそうです。寝冷え
しないように気をつけなくっちゃ。

記事の方は3月の末に実家で咲いたカイドウの花を始めとした花木の写真を
少々ご紹介します。


180508_kaido01.jpg

近所の公園などに咲くハナカイドウより、たぶん古くてシンプルな品種の
カイドウ。お花もシンプルな一重咲き。それでも大きく育った木にびっしり
咲きますので見応えは十分です。





その前にちょっと、2/21に撮って載せそびれていた実家の梅も。

180508_ume1.jpg

鉢植えの白梅なんですけどね。

180508_ume2.jpg

確か一番花は載せたけれど、満開になったところは載せそびれていたはず。
今年も綺麗に咲いてくれました。良かった良かった。



さて、それで、カイドウですよ。祖母が大事にしていたカイドウ。私が子どもの
頃から親しんできた木です。

180508_kaido02.jpg

庭が狭くて、全体像が撮れないのですが、まぁ、2階の窓を開けるとこんな感じに
なってます。

家が建て込んで日が当たらないので、上へ上へ伸びちゃって、今や地上からは
お花見が出来ない状態です。

180508_kaido03.jpg

なんとか上を切って、低い枝に花を咲かせようとしているのですが、なかなか思う
ようにはなりません。

180508_kaido04.jpg

無理をして枯らしてしまったら元も子もないので、毎年冬になるとぼちぼち
様子を見ながら剪定しています。

180508_kaido05.jpg

それでも、以前、あまりに日が当たらなすぎて花も咲かず、葉っぱも痛んで散る
ばかりという所まで樹勢の落ちてしまった時期が長かったので、今のこの元気な
姿を見られることは嬉しいし、有りがたいので複雑なところです。

あんまり花数が多いとどこ見て良いのか解らなくなっちゃうから、ちょっと
花付きまばらな部分で特徴をご紹介。

180508_kaido06.jpg

今、あちこちに植栽されている「ハナカイドウ」は花びらの数も多いし、枝が折れ
るんじゃないかって勢いで花が付きますが、このカイドウの花は、リンゴやヒメ
リンゴの花に似ているくらいのシンプルな花です。

180508_kaido07.jpg

つぼみの時のピンクの色が濃くて、咲くと白っぽくなるところなどは、ヒメ
リンゴにそっくりです。

180508_kaido08.jpg

リンゴやヒメリンゴじゃ無いと思うのは花の後の実る サクランボのように柄の
長い丸い実が、色付くこと無く落ちてしまうこと。赤くならないんですよね。

180508_kaido09.jpg

もうずっと前から我が家の庭にあるので、たぶん古い品種なんだと思います。
祖母はずっと「カイドウ」と呼んでいました。

180508_kaido10.jpg

こんなに花が咲くようになったのは、西側の民家が取り壊されて日が良く当たる
ようになってからです。今は家族しか眺められない裏庭に咲いて居るのですが、
ちょっともったいないなぁなんて思っています。


何度か載せましたが、冬から春まで長く咲いてくれていた我が家の椿も載せて
おきます。

180508_tubaki1.jpg

いたみやすい白花。

180508_tubaki2.jpg

ほんのりピンクなんですよね。

まだちょっと花数が少ないピンク。

180508_tubaki3.jpg

花びら少なめで、花ちょっとだけ小さめ。

180508_tubaki4.jpg

可愛いお花です。

それから、金魚葉の椿。

180508_tubaki5.jpg

今期一番元気でした。

180508_tubaki6.jpg

去年は元気が無かったけれど、今年は復活。ありがたい限りです。

180508_tubaki7.jpg

とにかくたくさん咲きました。
それから、今年は咲かなかったけれど、覆輪のある赤い椿も葉っぱを増やして
元気復活中です。これからはチャドクガの季節ですが、なんとか被害を最小限に
押さえて、次の年のお花を目指してお世話を頑張ろうと思います。

あとこれは、剪定中にうっかり切り落としてしまった大きなつぼみを持ち帰り
花瓶に挿したら、咲いてくれたもの。

180508_tubaki8.jpg

家の中で見ると、白花に見えた花がピンクだってってことがはっきり解る結果に
なりました。上品なピンクです。素敵だわ。


ついでに、木の下で咲いていた草の花も載せておきます。

180508_snowflake.jpg

スノードロップとついつい間違えちゃう、こちらはスノーフレーク。
たくさん繁ってたくさん咲きました。

それから、こちら、都内で猛威を振るっている大型の黄色いオキザリス。
花だんから逃げ出して街路樹の下などでやたらにはびこっています。

180508_o_kibana_k.jpg

オオキバナカタバミ(大黄花酢漿草)です。植えたのか、入り込んだのか知りませんが、
大事にしていないにもかかわらず、咲き誇ってます。どうしたものやら。

それから、千葉のおじさんからもらったらしいタチツボスミレ。どんなに大事に
鉢に植えても勝手なところから芽を出す困った子。

180508_tatitubo_s.jpg

でも可愛いから良しとします。


3月の写真もあともう一回分くらい有るかな?
いよいよ土手の桜が満開になってお花見シーズンが佳境に。花だんのお花も日に日に
増えてくる頃の写真をご紹介する予定です。

posted by はもよう at 23:59| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: