2018年05月13日

途中のヤマザクラ

また、お天気が日替わりで毎日違って、付いていくのが大変です。金曜日は
申し分の無い、5月らしい爽やかな晴天でした。湿度が低くて、風が
強くて、日差しが強烈でした。野茨とエゴノキが盛りを過ぎて、スイカズラが
たくさん咲いていました。で、土曜日は晴れたけれど、日曜日の今日はいつ
雨が降るか解らない曇りで、午後からは雨になりました。

記事の方は今回から4月の写真に移ります。4/1に隣町で撮ってきた写真から。

180513_keyaki1.jpg

桜も咲いたけれど、ケヤキの枝先も賑わってきました。





ケヤキの枝先に、先に姿を現すのは花の芽のことが多いです。

180513_keyaki2.jpg

花の芽と言っても、葉っぱも一緒に付いているし、木の上の方のことだから
良くは見えないけれど、大木の木の一部しか芽吹いてなかったら、たいてい
それが花だから。

180513_keyaki3.jpg

花が一段落したら、木全体に若葉が出て、やがて用事の済んだ花殻が散って
木の下がざらざらになります。



こちらは家の近所のヤマザクラ。

180513_sakura01.jpg

赤めの葉っぱがチャームポイント。

180513_sakura02.jpg

ソメイヨシノから遅れるもの、同じくらいに咲くもの、咲く時期だって、
株ごとにいろいろですが、この株はソメイヨシノと同じ頃に咲いています。



足下にはツクシ。歩道の縁石に添って並んでる。

180513_tukusi.jpg

可愛いな。春が深まるにつれて、ツクシが顔だしてくれる場所も増えましたね。



ソメイヨシノに見えるけれど、こちらもたぶん山桜。

180513_sakura03.jpg

左のは赤い葉っぱが、右のはもうちょっと薄い色の葉っぱがちょこっと出て
ます。

黒い幹、朝の日差し、

180513_sakura04.jpg

葉っぱも一緒に出る山桜は、ひと株ごとに違う表情が魅力です。




隣町は向かう道に出て、ランドマークみたいなミズキの大株の前。

180513_mizuki1.jpg

まだ枝の方が目立つけれど、葉っぱが出てないわけではありません。



隣のミズキは、ムクノキやエノキと一緒に立ってます。

180513_mizuki2.jpg

ムクノキの芽吹きは少し遅いけれど、

エノキは地味な花盛り。

180513_enoki.jpg

去年まで、桜の花が相棒だったけれど、最近、伐られてしまって
今はエノキだけ。ちょっとさみしそう。




カメラの精一杯の望遠で、ミズキとケヤキの枝先も撮ってみました。

180513_keya_mizu.jpg

ちっちゃい葉っぱたちも、お花見しているのかな?



ミズキの若葉は、芽吹いてからあっという間に大きくなっちゃう。

180513_mizuki3.jpg

でもって、葉っぱが広がったらすぐに枝いっぱいの白い花の準備に
移ります。忙しいなぁ。




隣町へ通じる道の途中の雑木林、ヤマザクラの花が咲き始めました。
1本1本、株ごとに表情の違うヤマザクラ。一つ一つ眺めながら歩いて行き
ます。

180513_sakura05.jpg

一斉に咲いて一斉に散るソメイヨシノも良いけれど、個性豊かな山桜も
良いものでしょ。

180513_sakura06.jpg

赤い葉っぱではなつき少なめとか、ピンクの花で葉っぱ控えめとか。
それを彩るミズキの若葉。カラフルな春の雑木林ですね。

こちらは緑色っぽい葉っぱの株と、茶色っぽい葉っぱの株。

180513_sakura07.jpg

花の色は左の方がピンクが濃いかな?とかね。

ああ、この株は、オオシマザクラみたいに、花のまん中の色が変わるんだ。

180513_sakura08.jpg

咲き始めが黄色で、時間が経つと赤くなるのかな?



いろんな木があって、思い思いの色合いで春を迎えます。

180513_sakura09.jpg

春のほんのひとときしか見られない、パステルカラーのカラフルな雑木林。
お天気の良い日に見に来れられて良かった。




posted by はもよう at 23:54| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: