2018年05月19日

宝鐸草の芽

あぁ、また日付をまたいじゃいました。5/18の日記のつもりです。

今日も日中はとても蒸し暑かったです。午後からは雲も広がって、いつ
降ってもおかしくない状況でしたが、幸い、雨に濡れることなく帰って
来られました。明日朝までに一雨有って、そのあとは暑さもひとまず
落ち着くそうですが、どうなるでしょうね。街ではザクロやタイサ
ンボクが咲き始めました。

記事の方は4/1のおさんぽの続き。隣町の公園裏の「北向きの斜面」。
一番端の「日陰の林」の林床の草を見て頂きましょう。

180518_h_ryukinka1.jpg

これは誰かが捨てちゃった花だんのお花、ヒメリュウキンカ。




5/4付の記事にも載せましたが、この日の方が綺麗に咲いていたかもしれ
ません。

180518_h_ryukinka2.jpg

ピカピカ光る花びら(萼)の花です。



ちょっと戻って、坂の最後、エゴノキとコナラとリョウブの木の並ぶところ。

180518_ego_kona_ryo.jpg

いろんな木があるねって見上げるのが楽しみです。この日はまだ、コナラが
目立ちませんね。



位置的にはさらにそのちょっと手前に最近増え始めたチゴユリの群落が芽を
出す場所があります。今年も葉っぱが出てきたかな?チェックしてみたら、
チゴユリよりも大きな芽がいくつも見つかりました。

180518_houtyaku_s1.jpg

あれれ?これ、去年幻のように現れたホウチャクソウの芽かしら?

2017/ 6/18付 「ホウチャクソウの花」
2015/ 5/11付 「紫ケマンとチゴユリ」

180518_houtyaku_s2.jpg

ほら、こっちにも。何だかたくさんありますよ。この場所、チゴユリとホウ
チャクソウソウが咲き乱れる場所になっちゃうの?あらやだ、楽しみ ♪



でもって、「日陰の林」へ。まずは落ち葉のすきまのタチツボスミレ・

180518_tatitubo_s.jpg

まだまだたくさん咲いています。


それから、カタクリの花。

180518_katakuri1.jpg

こちらも、咲き始めて2週目。まだなんとか咲いています。

2018/ 5/ 4付 「日陰の林のカタクリ」

180518_katakuri2.jpg

ありがたや〜。

何だか、だんだんこっち(日陰の林)にも株が増えてきましたね。

180518_katakuri3.jpg

有りがたいことです。

でもって、その前の週に咲いたのはこんな風に、実になりかけていま
した。

180518_katakuri4.jpg

アリさんの好きな物質をお土産につけたタネがぎっしり実ります。

春の妖精はあっという間に咲いて実って、あっという間に姿を消します。

180518_katakuri5.jpg

今年も会えて良かったな。ありがとう。


振り返っ「日陰の林」の全景です。

180518_zokibayasi1.jpg

こんな感じの林で、落ち葉のすきまから葉っぱを出した草を眺めていま
した。

その先の草地には、背のびして並ぶこんな葉っぱ。

180518_kakidosi1.jpg

ちょっと紫がかってます。

これはカキドオシ。

180518_kakidosi2.jpg

これも「北向きの斜面」を覆うグラウンドカバーみたいな葉っぱです。
今はシソ科らしいお花が咲く季節。このあとはとにかくいっぱい葉を茂ら
せます。



この日はとにかく新芽が綺麗で、あっちの林、こっちの木立と目移りし
つつ、色んな場所を撮りました。

180518_zokibayasi2.jpg

綺麗ですよね。新芽ってこんなにいろんな色があるんですね。

大きな木に小さな木。みんな違ってみんな良い…の世界ですよ。

180518_zokibayasi3.jpg

カーテンにプリントして一年中、窓辺につるしておきたいわ。
なんちゃって。



「日陰の林」を通り過ぎて、さらに「北向きの斜面」を進みます。
斜面に並ぶのは草の芽ばかりじゃ有りません。

180518_konara.jpg

コナラの幼樹の芽吹きも可愛らしいです。ご一緒しているのはヒメカンスゲの
花の穂かな?

それから、こちらの3枚ワンセットの葉っぱはミツバツチグリ。

180518_m_tutiguri.jpg

次来る頃には、黄色い花を咲かせて居るかもしれませんね。


シダの芽も出て居ます。

180518_sida.jpg

何シダかなぁ、いつも迷って結論が出ないけど、このシダの新芽は茶色です。


ずうっと歩いて行って、フキノトウを眺めたあたり。

180518_katakuri6.jpg

フキの葉っぱと一緒に咲いていたカタクリもそろそろ終わりかけみたい。

この日、カタクリを見に余所から来たらしいご夫妻に話しかけられまして…、
この道をずっと行ったところに保護地があって群生していますよ…なんて
お教えしたんですけれど、保護地の花はもう終わっちゃっていないかしら?
途中のお花を見た方が良いって言えば良かったかな?なんて、後悔しつつ
歩いたことを思い出しました。


posted by はもよう at 01:05| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: