2018年05月19日

「北向きの斜面」の春の野草

今日も蒸し暑かったですね。また、実家へ行って両親の手伝いをして来たの
ですが、ちょっと歩くと汗だくになっちゃう湿度で、苦労しました。でも
日が暮れたら今度は冷たくて強い風が吹き始めました。風邪引かないように
気をつけないといけませんね。明日は爽やかなお天気になるそうなので、
何をしようか、計画を練るのも楽しみですね。

記事の方は4/1のおさんぽの続き。お気に入りの観察スポット
「北向きの斜面」で見かけた草の花を中心にご紹介します。

180519_yamabuki.jpg

とか言って、最初の1枚は木の花、山吹の花です。






それから、クサギの幼樹。これも、地面に棒が刺さっているようにしか見え
ないとっても若い木なので幼樹。

180519_kusagi1.jpg

去年の葉っぱが落ちたあとのすぐ上から芽吹きます。

芽吹きたては茶色っぽい葉っぱです。

180519_kusagi2.jpg

鮮やかなオレンジ色の虫が止まっていたので、クロウリハムシかと思って
とったら、頭が黒くて、もうちょっと強面の別の虫でした。あら残念。



公園の裏門に通じる谷のところで、いつもどおりに小さなお社にお参りし、
裏門から公園に入りました。
公園内も桜が花盛りで、お花見客がたくさんいらっしゃいます。

180519_kadan.jpg

花だんにもお花がいっぱい。


裏門に近いドングリの林も、コナラとクヌギが並んで花の盛りを迎えて
居ました。

180519_konakunu.jpg

地味だけど精一杯咲いてますよ。


それから、雪で折れないか心配したことのある椿も、どっさり花を咲かせて
いました。

180519_tubaki1.jpg

今年は雪折れを心配するほどには降らなくて良かった。

180519_tubaki2.jpg

赤いお花が綺麗でした。



さて、もう一度「北向きの斜面」へ出て、次に見たのはオオアラセイトウ。

180519_o_araseito.jpg

ムラサキハナナとか、ショカッサイとかいろいろ呼び名はあるけれど菜の花の、
紫色した色違いに見えますね。



入り口の坂の途中でチゴユリを探すはずが、代わりにホウチャクソウを見つけて
しまいましたが、古い方の群落では、ちゃんとチゴユリの葉っぱを確認。

180519_tigoyuri1.jpg

今年もいっぱい出て居ます。チゴユリは地下茎で増えるので、時々草刈り隊が
通っても群落はなくなりません。

180519_tigoyuri2.jpg

また、次の週あたりに可愛いお花に会えそうです。足繁く通わねば。



それから、山椒の幼樹も見つけました。

180519_sansho.jpg

細かい葉っぱの小さな木。若葉が初々しくて、可愛いなぁ。



地味目に繁栄している帰化植物のすみれ、ビオラ・ソロリア‘プリケアナ’。
別名はアメリカ スミレ サイシン。

180519_priceana.jpg

北米原産で、たぶん花だんからの逃げ出し組。ことによると、迷惑になるほど
はびこるって知らない誰かが植えちゃったかも。カタクリをはじめとする野草
を保護している斜面に植えちゃって良いものでしょうかねぇ。



というわけで、カタクリの保護地に到着です。

180519_katakuri.jpg

やっぱり、大きな群落はもう、先週がピークで、この週は終わった花の方が
多かったです。途中で出会ったご夫妻に、群生地のは終わりかけているから、
途中で見る花が貴重ですよって言ってあげれば良かったかなぁ。しばし反省。



でもね、この日、嬉しい発見がありました。一時、数を減らしていた
お気に入りの野草 ジロボウエンゴサクにたくさん会えたこと。

180519_jirobo_e1.jpg

ちょっと聞き慣れない名前だし、お花の形もユニークですね。
ジロボウは、里の子どもたちがすみれを太郎坊、この花を次郎坊と呼んで、
距を引っかけて遊んだ名残。

180519_jirobo_e2.jpg

エンゴサク(延胡索)はこの根っこを乾燥させて作った生薬の名前。

180519_jirobo_e3.jpg

ムラサキケマンやヤマエンゴサク、キケマンなどと同じケシ科のお花です。

2014/ 5/23付 「信州旅行3」 ヤマエンゴサクの花
2006/ 4/ 6付 「答え合わせ(野草の芽生えその後)」



そうそう、カタクリの保護地を通り過ぎた先にニリンソウの群落があったっけ。

180519_nirins_s.jpg

とりあえず、草のすきまから特徴的な葉っぱを確認。お花に会えますように。



いろいろ眺め終わって、斜面を登ります。

180519_tattitubo_s.jpg

また見つけちゃった、可愛いタチツボスミレ。



菜の花と一緒の配色でも、これは違いますよ。これもケシ科で薬草です。

180519_kusano_o.jpg

「くさ」と呼ばれた皮膚病に聞いたのでクサノオウ。王様なのかな?



斜面を登り切って開けたところに、細々咲いているクサボケです。

180519_kusaboke1.jpg

もっとすごい群落になって居る場所もあるけれど、ここのは細々。
しかも、虫食い穴が開いてる〜。

丸々したモモから、モモブトカミキリモドキの♂と見ましたが
いかがでしょうか。

180519_momobuto_k_m.jpg

♀のモモは太くないんですって。あらま。

花びらの付き方のゆるい、朱色のボケの花。

180519_kusaboke2.jpg

クサボケが、今年も細々咲いているのを確認して、隣町のお気に入りの観察
スポット残りの木や草のご紹介も致しましょう。
たぶん次回が4/1の分の最終回になる予定です。



posted by はもよう at 23:59| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: