2018年05月24日

近所の花さんぽ

雨上がりの今朝は開き始めた紫陽花の花に水玉が光る爽やかなお天気でした
が、お昼頃に一度、空が暗くなって雨が降りそうでした。我が家上空はたい
したことなく済みましたし、そのほかの時間はおおむね良く晴れて、また
気温が上がりました。明日はさらに上がって夏日になるそうですので、一層
注意したいと思います。近所の花だんではビョウヤナギやキンシバイも咲き
始めました。梅雨入りの日が早まるか遅くなるか気になりますね。

記事の方は4/8に撮って来た写真シリーズに移りますが、とにかくまた、たく
さん有ります。まずは近所の花咲く樹を一巡り。

180524_ityo.jpg

こちらはイチョウの大木、向かいはヤマザクラです。




まずはユズリハ。お正月の神様が乗ってくる葉っぱの樹。若い芽が出ると古い
葉っぱが場所を譲って散るから「ユズリハ」。まぁ、たいていの樹がそうです
けどね。

180524_yuzuriha.jpg

葉柄が赤いのがチャームポイント。この日は地味なお花が咲いて居ました。



駅の方へ通じる道にあるのはナナカマド。

180524_nanakamado.jpg

つぶつぶのつぼみが目立ってきました。我が家の気候には合わないらしくて、次々
枯れたって言うのに、また誰かが植えた若い木です。出来るだけ長く咲いてね。

春まだ浅い、花の少ない頃に、暖かい黄色の花を見せてくれたミツマタは4月には
こんな感じになって居ます。

180524_mitumata.jpg

これからは常緑樹並みの立派は葉っぱを繁らせて、夏中、栄養を蓄える予定です。



この背の高い樹はハリエンジュ。別名はアカシア。白い藤の様な花の咲く樹です。

180524_harienju1.jpg

枝の途中の もしゃもしゃしたのはナツヅタです。

精一杯の望遠で、ハリエンジュの若葉が芽吹くのをとらえました。

180524_harienju2.jpg

ハリエンジュの若い木は、鋭いトゲで新芽を守ります。それでもマメ科の葉っぱ
は、草食動物たちにとってとびきり美味しいごちそうでなんでしょうね。



この辺の街路樹はハナミズキ。

180524_h_mizuki1.jpg

ピンクのは呼び名が違うのかな?

色んな品種があるらしいけれど、これが何かは解りません。

180524_h_mizuki2.jpg

花びらに見えるのは総苞片。端っこが結ばれたままでふくらむ花も有りました。

ハナミズキの基本種は白い花。

180524_h_mizuki3.jpg

春から初夏に向かう青空に良く映えます。

総苞片に包まれたまん中のつぶつぶが、花です。

180524_h_mizuki4.jpg

つぶつぶが開いて、実を結ぶと赤い実になります。
別名はアメリカヤマボウシ。ハナミズキの花がすっかり散ると日本のヤマボウシが
咲き出しますが、それはひと月ほどあとのことです。



1枚目のイチョウの木の下には藤棚があって、白い花が咲いて居ます。

180524_fuji1.jpg

房がちょっと短めで、花がちょっと大きめの白い藤です。

それから、紫色の藤の花も咲きます。

180524_fuji2.jpg

こちらの方がちょっと房が長めで、花は小さめです。

おしりの黒い大きなクマバチがぶんぶん飛び交っていました。

180524_fuji3.jpg

クマンバチじゃなくて、クマバチならおとなしいからあんまり怖がらなくて良い
ですよ。



藤の向こうには、モクレンの花が咲いて居ました。

180524_mokuren1.jpg

いつもはちょっと濃いめの紫の花を撮りますが、この日は強い日差しを透かして
ちょっと軽めの色合いで撮ってみました。

ふわっと優しいモクレンの花。これはこれで良い感じでしょ。

180524_mokuren2.jpg

ハクモクレンの方が目立ってしまい、こちらが本家なのに、別名紫モクレンだ
なんて呼ばれちゃうと心外ですわ(^m^)。
ちなみに、丈夫で育てやすくて、花びら裏が真っ白いのは中国から来た唐モクレン
ですよ。




花だんの方へ行くと、うちの近所の牡丹の花。

180524_botan1.jpg

これは可愛らしいピンクの花でした。

180524_botan2.jpg

ふわふわの大輪ですが、やはり、今年の3月4月はとにかく雨が少なくて、気温が
高かった。花は育ちきらないうちに咲きだして、今年の牡丹は、どの花見ても
小振りでしたよ。

180524_botan3.jpg

まだつぼみがいっぱいあるから。

180524_botan4.jpg

大きいお花も見たいけれどどうだろう。



最近、うちの近所に植えられたライラック。

180524_lilac.jpg

まだ若木で、花の穂も1つか2つくらいしか付かないけれど、今年も元気に咲き
始めました。えーっと、5弁の花を見つけるとラッキーなんでしたっけ?



この記事ラストは、華やかなお花の共演を。
ハナカイドウと乙女椿です。どっち向いてもピンクピンクで可愛いな。

180524_kaid_otom.jpg

寒いうちからぽつりぽつり咲いていた乙女椿。春たけなわになって、枝が
折れそうなほど咲くハナカイドウ。どちらも素晴らしいよ。綺麗だよ。



次回はご近所花さんぽ、草の花編を見て頂こうかな。さらに華やかですよ。



posted by はもよう at 23:58| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: