2018年05月25日

チューリップと水仙


今日はまた一段と良く晴れて暑くなりました。天気予報を見ていると
そろそろ西日本の方から、梅雨入りの予想日の話題になっていました。
そうか…もうそんな時期なんだぁ、なんて改めて実感しました。もう、
紫陽花の花が日に日に鮮やかさを増しているのを見ているのにね。

記事の方は4/8に近所の花だんを回って撮ってきた写真から。
まず、目立ったのはあっちこっちで満開のチューリップ。

180525_tulip01.jpg

なみなみと日差しを注ぎ込んだチューリップのグラス。爛漫の春に乾杯。







あいた土地に、ボランティアさんたちが思い思いに花を育てる近所の
花だん。目新しい球根は育ててみたくなるのでしょうか。今年はまた、
変わり咲きの種類が今まで以上に増えたような気がします。

180525_tulip02.jpg

八重咲きの重厚な感じのチューリップ。油絵が似合いそうです。


可愛らしいピンクも黄色も、チューリップには見えない形だけれど
チューリップです。

180525_tulip03.jpg

葉っぱは普通なんですよね。



咲き方の変化じゃなくて、花色のバリエーションを増やし続けているのは
こちらのビオラです。

180525_viola1.jpg

中間色のそのまた中間…って、際限なく増殖していきます。

180525_viola2.jpg

いったい何色って言ったら良いのでしょうか。

180525_viola3.jpg

ボキャブラリーが追いつきません(^^;)。


その先の花だんに咲いていたのは色んなデザインの水仙の花。
こちら、良くある配色を反対にした、ネガフィルムみたいな配色。

180525_suisen1.jpg

黄色い花びらに白いカップのスイセンです。


それから、華やかな八重咲き。

180525_suisen2.jpg

カップまで花びらになっちゃったんですね。


そして、中間色のスイセン。

180525_suisen3.jpg

柔らかいオレンジ色が素敵です。

最後は真っ白。

180525_suisen4.jpg

カップも大きくてふりふりで、装飾性抜群です。
花嫁さんのドレスみたいですね。


この花だんのお隣には春先に、フキノトウが咲いていました。

180525_fukinoto.jpg

お花が終わったフキノトウは綿毛になるんですよ。
これでまたどこかにフキノトウが出るかもしれません。



また別の場所の花だんです。オレンジに黄色の八重咲きだとキンセンカ?
なんて思いそうですが、

180525_tulip04.jpg

これも、一緒に並んでいるピンクの花もみんなチューリップ。
八重でも一重でも綺麗なら何でも良いらしいです(^^*)。

いやもう、近づいてみてもこの違和感(^^;)。チューリップの概念を覆す
勢いですよね。

180525_tulip05.jpg

その昔ヨーロッパでは、珍しいチューリップの球根には家一軒以上の値が
付いたって言うじゃないですか。どんなチューリップだったんでしょうねぇ。



仕事場のそばにも咲いていたけれど、近所にも植えられて居たドイツスズラン。

180525_d_suzuran.jpg

白いベルのようなお花は清楚で可憐。


この日、最後に回った花だんには、花びらの数じゃない変わり咲きが植えられて
居ました。

180525_tulip06.jpg

花びらの縁が白いのも、変わってはいますが、これは以前もありました。

この日、目を惹いたのはこの絞り柄のチュ-リップ。

180525_tulip07.jpg

紫と白の絞り咲きなんて、今まで見たことあったかな?

うーん、横から見ても…

180525_tulip08.jpg

上から見ても不思議です。
長く生きていると色んな事に出会うなぁ。←大げさ



さて、次は八重桜が咲く近所の公園へ向かいます。
のんびり更新ですので、気長におつきあいくださいませ。





posted by はもよう at 23:57| Comment(0) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: