2018年06月01日

雑木林の若葉

いやはや、また、昨日更新できませんでした。月末の仕事と急遽の実家行きとHPの更新は
出来たのですが、ブログの更新までは手が回りませんでした。用事がある時って、重なるん
ですよね。そんなわけで、HPの「季節のごあいさつ」は更新しておきました。これから熟す
のを楽しみにしているヒメコウゾの実。10年くらい前の写真です。6月最初の週末は晴れる
そうです。それを最後に雨の季節に入りそうです。貴重な晴れ間を有効活用したいものです。

記事の方は4/8のおさんぽの続き。近所の公園を半周ほどして、また雑木林ゾーンへ。

180601_zokibayasi1.jpg

この時期しか見られない、みずみずしい若葉を見上げて歩きましょう。




雑木林の、落葉樹の葉っぱがまだ小さくて、光が透けちゃうこの景色。期間限定の素敵な
眺めです。

180601_zokibayasi2.jpg

赤っぽかったり、黄色っぽかったり、木々の新芽にもいろいろ違いがあります。
それぞれの木々が命をつなぐために工夫して来た結果なんでしょうね。



林床にニワトコの幼樹。前にも見かけた株だわ。

180601_niwatoko.jpg

あらま、お花を見ないうちに実が出来ちゃっている。



シデ三兄弟が向き合って立っているあたり。

180601_inuside.jpg

↑ こっちがイヌシデで…

↓ こっちがアカシデ…たぶん。

180601_akaside.jpg

どちらも今だけの表情です。綺麗だなぁ。



常緑樹だって、この時期、若葉を出しますよ。

180601_arakasi1.jpg

冬の間はうっそうと繁っていた葉っぱの上に 新しい葉っぱ。

180601_arakasi2.jpg

図鑑の 見分け方の所にはそう書いてはいないけれど、葉脈が派手に透けて見えるのが
アラカシなんじゃないかと思っています。



別の場所のシラカシは…

180601_sirakasi1.jpg

近づいてみると…

180601_sirakasi2.jpg

ほらね、葉脈があんまり目立たないでしょ。
図鑑に書いてある見分けポイントは、アラカシは、粗めの鋸歯が葉っぱの先半分にあって
シラカシは、細かい鋸歯が葉っぱ全体に有るところ。



雑木林の足下にはキランソウ。辺り一面びっしいだ。

180601_kiran_s1.jpg

落ち葉の下で、暖かくなるのを待って居たのかな?

180601_kiran_s2.jpg

ちっちゃいんだけれど、良く得見ると綺麗な紫色。
お花が大きいお仲間は、アシュガとかジュウニヒトエとかいう名前で花だんで活躍中です。


キランソウの群落の中程で芽を出したのはヒマラヤスギの赤ちゃん。

180601_himaraya_s.jpg

可愛いなぁ。とびきり大きくなるヒマラヤスギでも、一番初めはみんなこの形。
そう思うとちょっと不思議です。



同じようの雑木林の林床に、タチツボスミレも咲いていました。

180601_tatitubo_s1.jpg

4/8は花期の後半。地面にくっついて咲いていたすみれも、だいぶ茎が伸びて背が高くなり
ました。違う種類かな?って図鑑とにらめっこしたこともあったけれど、でも、その前には
普通のタチツボスミレしか見ていないんだから、たぶんタチツボスミレです。ちょっと背が
高すぎだけれど。


雑木林の木の根元では、クサイチゴとご一緒してます。

180601_kusaitigo.jpg

白と紫、素敵な取り合わせ。



こちらはタビラコの葉っぱです。

180601_y_tabirako1.jpg

この辺で見られるのはヤブタビラコ。

お仲間共通の黄色い花は咲きますが、若干、地味目で小さめです。

180601_y_tabirako2.jpg

お花のあとは綿毛にならずに、茶色のタネを直付けします。



毎年気にして追いかけているヤマジノホトトギスの群落も健在です。

180601_yamajino_h1.jpg

↑こちらは土手の一群れ。

↓こちらはヒマラヤスギの下の一群れ。木の周り3カ所にまとまって芽を出しています。

180601_yamajino_h2.jpg

どうか草刈り隊の攻撃をかいくぐって、秋に可愛いお花が咲くまで無事でありますよう
に。誰にお願いしたら良いか解らないけどお祈りしておこう(>人<)。



次回は雑木林と林床のすみれをご紹介します。
4/8のおさんぽ、まだまだ続いちゃいます。あしからず。(^^;)


posted by はもよう at 23:56| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: