2018年06月02日

モチノキの花

今日も実家へ行って来ました。時間に余裕があったので、庭の草むしりをしました
ら、まぁ、45リットルゴミ袋いっぱいに取れました。6月に入ってますます草の伸び
が早まってますよねぇ。先が思いやられます。

記事の方は4/8のおさんぽの続き。

180602_kiduta.jpg

近所の公園の雑木林の続くあたりをおさんぽ中。これは幼植物の時だけ形が変わる
キヅタの葉っぱです。





フェンス沿いに、今年も葉っぱを茂らせはじめたのは、ボタンヅルの1種3回3出
複葉のコボタンヅル。

180602_k_botan_d.jpg

ボタンヅルは真っ白に見えるほど花が咲きますが、コボタンヅルは咲けばめっけもの
って言うくらい、めったに花もつけません。



さらにもう少し進んで、こちらはテウチグルミ。固い殻が手で開けられ、すぐに食べ
ることが出来るクルミが実ります。

180602_teuti_g.jpg

オニグルミが味は良いけれど向きにくいのと比べると、ずっと栽培種向きです。
オニグルミのように実が房状には付きませんが、芽吹きっぷりはそっくりですね。



オニグルミの根元の草むらにはキンミズヒキが咲きます。

180602_k_mizuhiki.jpg
これはその芽吹き。ちょっと大根の葉っぱに似た奇数羽状複葉。たくさん茂って
秋には金色の花の穂を見せてね。



その先の草むらに、ちょっとだけ咲いて居たのは花だんからの逃げ出し組、
北米原産の元は園芸種、ビオラ・ソロリア’パピリオナケア’です。

180602_papilionacea1.jpg

別名はアメリカスミレサイシン。しっかりとした地下茎を持った宿根草です。
日本に何種か自生するすみれサイシンの仲間によく似ているそうです。

葉っぱは均整の取れたハート型。

180602_papilionacea2.jpg

花は濃い紫色。側弁には多めの毛。花びらは丸っこくて花の中はよく見えま
せん。

180602_papilionacea3.jpg

横顔を見ると、距が太くて短いのが解ります。



試しに、4/8でもまだ咲いていたタチツボスミレと比較してみましょう。

180602_tatitubo_s1.jpg

はい、横顔は距が細長くてすんなり。花色はちょっと水色寄りの淡い紫。

180602_tatitubo_s2.jpg

花の側弁には毛がなく、おしべめしべがよく見えます。すみれなんて
どれも同じに見えちゃうかもしれませんが、こうして比べるとそれぞれの
個性が浮かび上がりますね。

ビオラ・ソロリアのお仲間はこの他にも白地に紫の‘プリケアナ’など
全部で4種ほどが紹介されているようです。

2007/ 4/29付 「パピリオナケア」

あんまり、花だんの外ではびこらないと良いなぁと思います。



3月の下旬に咲いていたコスミレはもう、実をつけていました。

2018/ 4/30付 「クマシデとコスミレ」

180602_kosumire.jpg

4/30の記事に載せた株と同じものじゃないですけどね。
たくさん増えてね。



すみれを探して地面ばっかり見て歩いていたら…

180602_motinoki1.jpg

なにやら小さな花が散っています。あれ?何の木だっけ?見上げると…

あら花盛り ♪

180602_motinoki3.jpg

モチノキのオスの株、そしてこのどっさり咲いているのはモチノキの
おばなですね。

メスの木ならこのあとクリスマスの時期まで真っ赤で丸い実が付くけれど、
オスの木って花が終わればそれまでなので、1年一度の晴れ姿を見せて
もらえて良かったです。



この先で、もう1種類のすみれを見かけました。次の記事はその話題です。


posted by はもよう at 23:38| Comment(2) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
モチノキ、普通ですよね。
というのは、うちのモチノキが今年は
おかしかったからです。
冬の間に葉っぱが全部落ちてしまって、
つい最近まで枝だけでした。
枯れたのかなぁと思っていました。
葉っぱがいつもたくさんついて、
春先にざっと落ちて丸裸になるのですが、
すぐに青々と茂ってきて、
ほんとに葉が緑に繁ってないときはなかったのですが、
昨年の冬はよほど寒さが厳しかったのか、
極寒期にちらちらと散り始め
最後の一葉状態でした。

お友達に聞いたら、
みな同じ状態だそうで安心しましたが、
やっといま葉がでて、お花が咲いています。
虫たちがたくさんやってきて、
羽音がうるさいです^^
でも葉の量はいつもの3分の2ぐらいかも。
お花も少ないめ。

昨年の冬はいつもとは違ったみたいで、
植物は多かれ少なかれ
影響を受けていますよね。
ヒラツカスミレは寒さに強いのか、
まぁスミレですから・・
庭の5か所に種が飛んで広がっています。
葉もとても立派で、元気満々みたいです^^
Posted by ブリ at 2018年06月03日 11:19
ブリさん、こんばんは。

ええっ、ブリさんちの方のモチノキ、今年そんなに葉っぱ、
落ちちゃったんですか?
あら〜、心配でしたね。

いや、今年の春は花の咲くのが早くて、ちょっと意識が追いつけません。
そうか…、植物が影響を受けちゃうほど、この冬は寒かったって
言うことですかねぇ。

モチノキも他の木も、早く復調して欲しいですね。(^^*)
Posted by はもよう at 2018年06月04日 02:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: