2018年06月20日

ナナカマドの花

昨日はTVに釘付けになってしまい、記事を作ることが出来ませんでした。
サッカー、面白かったですねぇ。でもって、明けて今日は一日中雨。
昨日の暑さはどこへやらで、肌寒い一日になりました。気がつくと、
あちこち汚れたりカビが生えたりしているので、水回りを中心にいつもより
念入りに掃除をしてみました。

記事の方は近所の街路樹や植え込みで見かける木の花を、先に見ていただ
こうかな。

180620_nanakamado1.jpg

1枚目はナナカマドです。





比較的最近植栽されたナナカマド。まだまだ人の背丈程度の若木です。

180620_nanakamado2.jpg

私がこの街に住み始めた頃には、街路樹や公園樹に数本植えられて居た
ナナカマドが、年を追うごとに枯死していったのを見ているだけに、この
若木がいつまで花を見せてくれるのか、ちょっと心配しつつ見守っています。

4/14、今年も可愛らしい白い花を咲かせました

180620_nanakamado3.jpg

丸いつぼみ、5弁の花びらの可愛らしいお花。どちらかというと高原や
北の方のお山など、涼しい土地に生える木だと思います。

秋の赤い実と紅葉が自慢な木ですが、この木はまだ、実も紅葉も十分では
ありませんので、見所はこのお花と言うことになります。

6月頃咲くニワナナカマドが似ているのがこの葉っぱ。

180620_nanakamado4.jpg

似てるかな〜?



4/19、夕方、いつも見ている雑木林に野生の藤の花が咲き始めたのに気づい
てちょっと暗かったけれどパチリ。

180620_fuji.jpg

あっという間に、季節は桜から藤へ。移っていきました。

ついでに、そばへ行って見上げます。藤がからんでいるのは、葉っぱが出始め
たばかりのハリエンジュ。

180620_harienju.jpg

でも、メインでからんでいるのはナツヅタの方です。枝先の葉っぱより、から
んだつるの葉っぱのせいで、枝の方が太く見える不思議なシルエットですね。


ハリエンジュの足下にひと株だけ植わっているナワシログミ。
去年の秋に咲いた花が実になって、赤く熟す日も近づいてきました。

180620_nawasiro_g1.jpg

見られずじまいの年も多いのですが、今どのくらい?って葉っぱをかき分けて
さがしてみました。有った有った。今このくらい。赤くなったところをカメラに
納められるかな?


夕方の空気にふと、良い香りが混ざりました。

180620_k_ogatama1.jpg

咲き始めていたのはカラタネオガタマノキ。

180620_k_ogatama2.jpg

中国原産のモクレン科の常緑低木です。

バナナのような強くて甘い芳香を持っています。

180620_k_ogatama3.jpg

咲いたことを、花では無くて香りで気づくお花です。
小さいんですけれど、お花の形は、ホウノキ等に似ていますよね。
先に咲いたのは白花の方。

180620_k_ogatama4.jpg

このあと'ポート・ワイン'と呼ばれる赤花も咲く予定です。
日が落ちて、辺りが暗くなる頃にふんわり漂う甘い香り。とても良いものです。


4/14に咲き始めを眺めたナナカマドは、4/19にはすっかり満開になりました。

180620_nanakamado5.jpg

可愛かった丸いつぼみも全部開きましたよ。




4/22にお花を撮ったのは、同じ白い花でもこちらはコデマリ。

180620_kodemari.jpg

枝垂れる細い枝にまりのように咲かせた小花をいくつも並べるバラ科シモツケ
属の落葉低木です。




それからさらに3日経って、4/25、カラタネオガタマノキ'ポート・ワイン'が
咲き出しました。

180620_k_ogatama5.jpg

葉っぱの陰で咲くのでちょっと撮りにくいんですが…

180620_k_ogatama6.jpg

主に花びらの内側が赤いんですよね。それでもやっぱり香りを楽しむ木かな?
癒やし系の甘い香りがほんのりします。

10日近く咲いていたナナカマドのお花ももうおしまい。

180620_nanakamado6.jpg

このあと緑色の実までは付くんですが、なかなか秋まで枝にとどまりません。
赤い実、出来たらまた撮りたいんだけどなぁ。密かに応援。


でもってこの日、咲き始めていたのは、ヒメシャリンバイです。

180620_h_sharinbai1.jpg

白い、一般的なものよりは、若干小振りでピンクのお花のヒメシャリンバイ。

180620_h_sharinbai2.jpg

早めに咲いて早めに散っちゃいます。姫様が終わってから、白いお花が咲き出す
感じかな?



そうそう、ナワシログミの実、赤くなって居ましたよ。

180620_nawasiro_g2.jpg

この写真の中にちら見えしているんですけれど、見えるかな?

↑ 上の画面まん中ちょっと右より、葉っぱの陰です。
実を拡大すると ↓ こんな感じ。

180620_nawasiro_g3.jpg

赤くなるところまで見られたの初めてじゃ無いかなぁ。

2018/ 4/14付 「3月の花木」
2017/11/ 9付 「色付き始めの雑木林」

嬉しくなって他の所も探します。

180620_nawasiro_g5.jpg

うわっ、こっちにもあった。

180620_nawasiro_g4.jpg

拡大しちゃお…。食べると美味しいらしいですが、まぁ、鳥さんたちが楽しみに
待って居るでしょうから、お味見はやめておきます。見られただけで嬉しいです。

でもってこれが葉っぱです。枝には鋭いトゲも有ります。

180620_nawasiro_g6.jpg

グミ科グミ属の常緑低木。別名はタワラグミ、トキワグミ、盆栽としてはカングミの
名前で呼ばれることが多いそうです。へぇ、盆栽にもするんですねぇ。
最近、うちに近所で個体数を増やしつつある常緑樹です。



さぁ、次の記事か4/22からおさんぽ写真に移りましょう。まずは道ばたのおなじみ
の草の花から。



posted by はもよう at 23:55| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: