2018年07月05日

ドイツの鈴蘭と文目

夕べ、ちょっと雨が降りました。今日は一日中、降ったりやんだりの梅雨に後戻り
したような1日でした。どんよりしていて見た目涼しそうですが、ひとたび動くと
あっという間に汗だくです。湿度がだいぶ高かったようですね。それでも、水不足
を解消できそうな程の雨量ではありませんでした。関東以外では、災害の起こり
そうなほどの大雨が降っているというのに、申し訳ないようですが、降らないのも
降らないで困るんですよ。なんとかちょうど良い感じに降って居ただけないもので
しょうか。どちら様も、特に今夜は十分に警戒なさってくださいね。

記事の方は4/24から29に、行った先々で撮った来た花だんのお花をご紹介。

180705_siran1.jpg

まずは道ばたの植え込みから、ちょこっとのぞいていたシラン(紫蘭)です。






4/24、雨の日に撮ったドイツアヤメことジャーマンアイリスです。シランの上に
葉っぱを広げていました。

180705_g_iris1.jpg

街路樹のあるべきところへ、誰かが勝手に植えちゃったものです。(良いのかな?)

勝手に植えられたものは勝手に撮らせていただきます。

180705_g_iris2.jpg

ちょっと濃いめのお花を良く見ますが、こんなに可愛らしいパステルカラーは珍しい
と思いました。

こちらは白がベースですね。花びらに宿った水玉も相まって、ガラス細工のようです。

180705_g_iris3.jpg

綺麗だなぁ。




4/27、仕事場近くの毎年眺めているドイツスズランです。

180705_d_suzuran1.jpg

民家の庭先で咲いて居るスズランは、だいたいこのドイツスズランと思って間違い
ないと思います。日本のスズランは、ちょっと乱暴な言い方ですが、限られた場所
にしか咲いていない山野草か高山植物みたいなものと思ってください。

180705_d_suzuran2.jpg

ドイツスズランは良いですよ。お花は葉っぱより上に伸びてくるからよく見えるし、
全草毒だとは言っても、丈夫で良く増えるし手軽です。

180705_d_suzuran3.jpg

ただ、取り扱いにはご注意くださいね。花瓶に挿したあとの水も毒だって言う
くらいです。秋には丸くて赤い実も付きますが、プチトマトに似て見えたって
けしてお口には入らないようにご注意ください




GW2日目の4/29。良く晴れた朝、ようやく自分の時間が取れたというのに、疲れ
からか、今ひとつ元気が出なかったのですが、それでも近所をちょっと巡って
見ました。

180705_k_bishaku.jpg

まずは去年も同じ場所で見かけたカラスビシャク。暦で半夏生ず…半夏と呼ばれる
毒草が生え出す頃…といわれるのは7月の初めですが、4月の末ですでに花まで
咲いて居ます。あれ?変だなぁ。


それから、今年はいつもの株が全然花をつけなくて、見そびれたと残念がっていた
アリアケスミレ。

180705_ariake_s.jpg

今まで出たことの無い場所でちょっとだけ咲いてくれました。すみれのタネ蒔き係は
アリさんなので、人間の思いがけないところに種を運んじゃうんだなぁ。
でも、会えて良かった。うまく撮れたのは一輪だけでしたが、3株くらい有りました。
来年も楽しみにしてますね。



そうそう、木に咲く白い花、あれはもう咲いたかしら…と、見に行ったのはこちら
ナニワイバラです。

2014/ 5/30付 「ハリエンジュの花」
2015/ 6/24付 「浪速茨とトベラの花など」
2017/ 6/22付 「ナニワイバラの花」

数年前に見つけて、5月になると見に行くようになった花だんのバラ。

180705_naniwa_i1.jpg

大きめの花びらの一重咲き。

中国原産で浪速商人が持ち込んだとか。つやつや葉っぱがテリハノイバラも連想
させますが、こちらの方がだんぜん大降りです。

180705_naniwa_i2.jpg

検索してみたら、お世話をする上での注意が、トゲが鋭いので必ず革手袋をしましょう、
ですって。

180705_naniwa_i3.jpg

ちらっと写り込んでいますが、ブラシみたいなトゲまみれの枝、あれはまだ花を支える
部分でトゲが細い方です。体を支える枝に生えているのは、ミニサイズの鎌みたいな
とんでもないトゲです。ほんと、気をつけよう。

こちら、我が家の近所の花だんのシラン。

180705_siran2.jpg

これから咲く株を中心にパチリ。ご存じでした?シランの花って逆さまに開き始めるん
ですよ。

ほらね。

180705_siran3.jpg

お花が開いたら、くるっと半回転してランのお花らしい上下で咲きます。
このアクションが見たくて、毎年咲き始めのシランにカメラを向けちゃいます。
咲いたら咲いたで、もう一工夫有って、お花を訪れたハチさんの背中に、ぺたんと
花粉のはんこを押すべく、おしべが準備して待って居るそうです。お花もいろんな
工夫をしているんですね。

こちら、この間まで白いお花を下げていたアマドコロの葉っぱと白花シラン。

180705_siran4.jpg

涼しげなペアでしょ。緑と白の取り合わせが好きなんですよね、私。

白花もやっぱり、

180705_siran5.jpg

逆さまに咲き始めます。面白いでしょ。


近所の花だんの今年のジャーマンアイリスも柔らかい色でした。

180705_g_iris4.jpg

薄い紫のお花。今まで、濃い色とか渋めの花色のばかり見てきたから新鮮ですね。

大きな牡丹の花が咲いて居たあとには、またこんな丸いつぼみが…。

180705_shakuyaku.jpg

これは牡丹じゃ無いです。シャクヤク(芍薬)です。咲いたところを見られるかな?




さぁ、写真の中はGWです。同じ日、年に一度ちょっと遠くの公園へ特別なお花を
撮りに行きましたので、次の記事ではそれを見ていただこうかな。





posted by はもよう at 23:42| Comment(0) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: