2018年07月22日

ハコネウツギの花

はい、今日もまた以下同文。土曜日は実家へ行って両親の手伝いをしました。今回は
買い物に、いつもよりちょっと遠くへ歩いて行ったのですが、とにかくものすごい
日差しでした。日曜日はその疲れもあって、家から出ずに過ごしました。とんでもない
気候ですから、休み休み動かないと体を壊しそうですね。頑張りすぎないを頑張ろう
と思いました。明日は暑さピークだそうです。どちら様もご自愛ください。

記事の方は5/9のおさんぽから。

180722_hakone_u1.jpg

前日に強い雨が降って気温の下がった日でした。ハコネウツギの花が綺麗に咲いて
居るのを見つけました。




ハコネウツギは、この公園に通い始めた頃からのお気に入りのお花。以前はあちこちに
咲いて居たのですが、年を追うごとに減ってしまい、こんなに見事な大株に出会ったのは
ひさしぶりでした。

180722_hakone_u2.jpg

スイカズラ科の落葉低木。

2006/ 5/26付 「ハコネウツギの花」

名前が付くほど箱根にたくさん自生しているわけでは無いそうです。

180722_hakone_u3.jpg

花は色変わりするし、葉っぱはちょっとアジサイに似ているし、なんていう花かなぁって
ずいぶん悩んだのも今は昔ですわ。

枝が細長くしだれ気味に伸びるので、こんな風にアーチ状に咲いたりします。

180722_hakone_u4.jpg

素敵ですよね。

白、ピンク、濃いピンクと色変わりしていくのは、受粉を受け持つ虫さんに、受付中と
受粉完了をお知らせするためだそうです。

180722_hakone_u5.jpg

ちなみに白い花が受付中です。この花の受粉係の虫さんには、赤は見えにくい色らしい
です。お花のあとは乾いた実になります。



フェンス沿いの低木にニシキギみたいな地味な花が咲いて居ました。

180722_mayumi1.jpg

律儀に並ぶ2枚向かい合わせの葉っぱ。

これはマユミです。

180722_mayumi2.jpg

ニシキギ科の落葉低木、マユミ。
あずさゆみ、まゆみ、つきゆみ…の和歌にも詠われたマユミ。良くしなる材で弓を作った
そうです。秋には紅梅色の実になります。



いつもとは反対回りで向かう公園の奥。

180722_nawasiro_i1.jpg

地面の近くに枝を伸ばしていたナワシロイチゴに花が付いていました。

長くてとがった萼、ちょっとのぞく華やかなピンクの花びら。

180722_nawasiro_i2.jpg

可愛いお花が咲くんだろうなぁって思う見た目ですよね。

はい、こっちの花 ↓、咲いてます。

180722_nawasiro_i3.jpg

まん中のピンクの花びらが全部見えているのがそうです。

ナワシロイチゴの花は、ここまでしか開かないんです。不思議ですよねぇ。
これで虫さんにアピールできるのかって思うけれど、毎年たくさんの実が実るんですよ。



大きな樫の木の下にか細い草。

180722_h_yotuba_m1.jpg

たぶん…ヒメヨツバムグラです。いや、ムグラの見分けは難しいんですよ。

偽輪生する4枚の葉っぱがだいたい同じくらいの長さで、

180722_h_yotuba_m2.jpg

か細いから。

こっちはヒメが付かないヨツバムグラかなと思ってとってみたけれど、

180722_h_yotuba_m3.jpg

う〜ん、どうかな?

180722_h_yotuba_m4.jpg

やっぱりヒメヨツバムグラかな?結局またムグラ迷路に迷い込んじゃった。



同じアカネ科のアカネが葉っぱを広げる、木陰の草です。

180722_akane.jpg

こっちの方がだいぶ大きな葉っぱだけれど、葉っぱの付き方は似てますね。



そろそろ夏の草も咲き始めました。こちらはコナスビ。地面を這うように生える
草ですので目立ちませんが、サクラソウ科オカトラノオ属の多年草です。

180722_konasubi.jpg

決してナスの仲間ではありません。花の後に付く実が、ナスに似ている
かららしいのですが、こんな小さな草のさらに小さな実をみてナスを連想する人が
どれだけ居るでしょうね。


アカネが生える草地の近くには最近、今まで見なかった野草が次々芽を出してい
ます。
先日取り上げたフデリンドウがあるのもこの近くです。

180722_fuderindo.jpg

タネ、出来たかな?たくさん増えて欲しいです。


去年のGWに幻のように現れたギンラン。今年はたった一株。しかもお花が終わった
あとでした。

180722_ginran.jpg

さんざん探して、自力では見つけられなかったのに、咲いてたよって証拠写真付きで
人に教えてもらって、もう一度探しに行って見つけました。来年は…もう咲かないかな?



下を向いて歩いていたら、あら、ひさしぶり。

180722_tutiguri.jpg

木の実っぽい見た目のきのこ、ツチグリを見つけました。この辺では冬に見かけることが
多いので、図鑑の記述どおりだけれど、初夏に見るのは珍しいことです。



この日はすぐに帰って来ちゃったんですよね。これは公園の入り口近くの植え込みに
主より目立ってはびこっちゃったナワシロイチゴ。

180722_nawasiro_i4.jpg

猛烈な花数です。

180722_nawasiro_i5.jpg

あっちにもこっちにもピンクのお花が咲いて居ます。

180722_nawasiro_i6.jpg

ナワシロイチゴの花は、花びらが開いてくれないけれど、ナワシロイチゴに実る
キイチゴは、この辺で見るキイチゴの中で一番のフォトジェニック。
こんなに咲いたら、さぞや素敵な写真が撮れるでしょう。期待しちゃうぞう。


桜の木のサクランボはだいぶ赤くなりました。

180722_sakura.jpg

黒く見えるほどに熟すと食べ頃なんでしょうね。人は食べないけれど、鳥さん
たちが狙っています。




次回は同じ日に、近所の花だんで撮ってきた写真を見ていただきましょう。
アヤメ科の花が咲き出した頃ですよ。

posted by はもよう at 23:57| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: