2018年08月17日

紫式部の花と楮の実

今日は急に気温と湿度が下がって、秋になったようなお天気の1日でした。
このまま秋になってくれれば、助かるのですが、そうも行かないようです。

記事の方は6/10のおさんぽの続き。

180817_m_sikibu1.jpg

隣町の街の公園裏の「北向きの斜面」で見つけたムラサキシキブのお花です。







公園を一度出て、裏の「北向きの斜面」に向かって坂を下ります。途中の
雑木林から顔を出していたムラサキシキブのお花です。

180817_m_sikibu2.jpg

有名な女流作家のお名前をいただいたこの花は、花も実も紫色。「北向きの
斜面」のところどころに咲いて居ます。今日の主役はこの花と決め、もう
ちょっと条件の良い場所で接写を撮ろうとさらに先に進みます。


坂の途中はカナムグラの群落。

180817_kanamugura.jpg

針金に例えられちゃう強いつるが絡み合ってあたりを埋めています。



坂の途中にたくさん茂っているのは、

180817_kaed_keya.jpg

↑ 画面左のケヤキと上から右のイロハカエデ。
今年も元気いっぱいです。


あとは、斜面から張りだした枝に並ぶヒメコウゾの実。

180817_h_kouzo1.jpg

木苺みたいな赤い実が並んでいますでしょ。

でも、うっかりそのまま食べるのはお勧めしません。

180817_h_kouzo2.jpg

がっつり存在感のあるめしべの柱頭が、舌に残って不快だから。
上手に漉してジャムにすると良いそうです。これももっと条件の良い実を
見つけて接写しようと思います。


坂を下りきるちょっと手前に立っているリョウブを見上げてあらら…。

180817_ryobu1.jpg

もう咲いちゃってますねぇ。

このブログの恒例、初夏の「木に咲く白い花」シリーズを締めくくる花と決め
ているリョウブの花。

180817_ryobu2.jpg

こりゃもう、夏が来たってことだわねぇ。


でもって、こちらが坂を下りきって、「北向きの斜面」の入り口「日陰の林」の
大きな茂みになって居るムラサキシキブのお花です。

180817_m_sikibu3.jpg

咲き始め…じゃ無くて、

そこそこ、咲き進んじゃってます。

180817_m_sikibu4.jpg

あらま、間に合って良かったこと。



ムラサキシキブの大株の手前、日当たりの ちょっとましな端っこにノビルが
たくさん咲いていました。

180817_nobiru1.jpg

雨の日だったから、どうなんだろう、うまく撮れなかった…

180817_nobiru2.jpg

けれど、水もしたたる良いなんとかって感じで、うまく撮れた…のかな?



近くの草むらににゅっと突き出していた、ヤブカンゾウのつぼみ

180817_y_kanzo.jpg

ワスレグサの仲間です。

それから、何株も束になって植えられて居るヤマユリ。

180817_yamayuri.jpg

今年もヤマユリが咲いたら、撮りに来なくちゃねぇ。楽しみだな。



「日陰の林」のならび、 この間、ウグイスカグラの半分透き通った赤い
実を眺めに来たあたり。

180817_s_ajisai1.jpg

とっても青い西洋アジサイが植えられて居ます。

180817_s_ajisai2.jpg

本来は野草が占めるべき場所なんだけれど、人家が近いと色んな手が
入っちゃうものなんですよね。
人って…どうしてこんなに花を植えたい生き物なんでしょ。



一面のカキドオシの場所にもヤブガラシが進出してきていました。

180817_kakidosi.jpg

カキドオシよりも濃いめの葉っぱで、暑くなればなるほど元気には
びこります。

そうそう、ここで見つけたヒルガオは、コヒルガオよりちょっと、
ヒルガオ寄り。

180817_hirugao.jpg

最近の高温傾向で、とうとうタネを結ぶようになっちゃったヒルガオと
コヒルガオ。交雑しているんじゃないかということで、どっちにどのくらい
似ているかに注目しちゃいます。
こちら、長細めで立った葉の付き方と、お花に白い部分が少ないところが
ヒルガオっぽさ。おっとりしたお姉さんっぽいお花です。



さらに進んで、公園の裏門に通じる谷の木々の様子です。

180817_m_sikibu5.jpg

色んな葉っぱが茂る中に、ムラサキシキブも有りました。見えます?
↑画面、右寄りなんですけど。


さらに、公園の裏門から入ってドングリの林に向かって斜面をちょっと
登ったところにある、いつも観察しているムラサキシキブです。

180817_m_sikibu6.jpg

花付きはさほど良くないけれど、斜面の途中にあるので多少高くても
手にとって花を眺められる場所。

ほら、今回一番の接写が撮れました。

180817_m_sikibu7.jpg

雨の日だったから、色がちょっと薄く出て、ピンクにも見えますね。
律儀に2枚ずつ向き合って付く葉っぱの付け根に、どっさり咲いた紫の
花は、秋に紫色の小さなつぶつぶした実になります。
ゆかしい名前のムラサキシキブ。実が綺麗に色づいたらまた見に来るね。


おまけ画像は公園の谷に並ぶ西洋アジサイの花。

180817_s_ajisai3.jpg

たくさん植えたんですけれど、なかなか、公園の管理人さんが期待するよう
には育たなくって、苦戦中です。

180817_s_ajisai4.jpg

ちょっと、日の当たりが足りないのかなぁ。日が当たりすぎても困るけれど、
なかなかちょうど良い具合には行かないようです。頑張れ、谷のアジサイたち。



おさんぽまだまだ続きます。
このあとは「北向きの斜面」に戻って、ホタルブクロの群落を訪ねます。



posted by はもよう at 23:54| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: