2018年08月20日

オカトラノオの花


相変わらず涼しいお天気が続いています、うちの方。今日は朝、曇りがちで
日中ところにより雨が降りそうだという予報を聞いて、部屋干しして出かけまし
たが、結局雨は降らずじまい。良かったのか、悪かったのか。それでも台風が
2つ並んで日本列島を目指しているそうなので、今後の天候の変化が気になる
ところです。

記事の方は6/10のおさんぽの続き。「北向きの斜面」の色んな草の葉を眺めつつ、

180820_o_tarano_o1.jpg

オカトラノオの花を見に行きましょう。






「北向きの斜面」、ホタルブクロの群落の次はタケニグサ。ケシ科の多年草。

180820_takeni_g.jpg

他のどの草にも似ていない、とってもユニークな存在です。よその国から来たん
じゃ無いかと、外国の名前をつけてチャンパ菊と呼ばれたこともあるそうです。
でも、図鑑のどこにも帰化植物だって書いていないんですよ。

2006/ 7/14付 「タケニグサの花」



この間、花盛りの写真を載せたユキノシタ。さすがにそろそろ花期の終わりです。

180820_yukinosita.jpg

直射日光に当たるのを嫌う葉っぱですが、それでもこんなにクズの葉に覆われ
ちゃって、光合成できるのでしょうか?それとも、他の葉っぱが開く前に、
十分な栄養をどこかにため込んでいるとか…?



道ばたの地面に近くの葉っぱに注目していたら、もう一種、前に紹介していた
花の花後が見つかりました。

180820_toubana.jpg

こんな小さいもの取り上げるの、私くらいでしょうね。トウバナです。

2018/ 7/16付 「斜面の草の葉」 4/30撮影

同じ場所じゃ無いんですが、花後が塔のようになるところが撮れました。



今度は斜面を覆った葉っぱから、つんつん突き出した細い花の穂に注目。

180820_haedoku_s1.jpg

そうか、もう、この花の季節か。ハエドクソウです。

細い花の穂には、こんな、結構可愛い花が並んでいます。

180820_haedoku_s2.jpg

花後はひっつき虫になったりします。濃い赤いところが、あとでかぎ爪のように
なるんですよ。根を煮出してハエ退治に使ったのでこの名が有りますが、たしか
そんなに強力じゃ無かった気が…(^m^)。


前回とあんまり変わらないけれど、ヤマジノホトトギスも順調に育っています。

180820_yamajino_h.jpg

成長するにつれて、油点草と呼ばれた葉っぱのまだら模様は目立たなくなって
いきますね。草刈り隊が何度も通る斜面ですが、秋まで頑張ってお花を見せて
下さいね。



ずっと歩いてきて、オカトラノオがまとまって保護されて居る場所へ。

180820_o_tarano_o2.jpg

うん、咲き始めましたね。

風にたなびいているようなお花の穂。虎の尾に似ているとは、思えませんが、
名前のインパクトは絶大です。私が覚えた野草、第一号だった気がします。

180820_o_tarano_o3.jpg

葉っぱの上にこぼれたお花が一輪分。あれがいくつ連なってこの穂になって居る
のでしょうね。

葉っぱの上のお花に近づいてみましょう。

180820_o_tarano_o4.jpg

葉っぱには細かい毛がびっしり生えていて、マットな質感。お花は均整の取れた
5裂する花冠の白い花。

綺麗でしょう。さすが華麗なるサクラソウ科の一員だけ有りますよね。

180820_o_tarano_o5.jpg

葉っぱのみならず、茎や花茎、なんならおしべの花糸まで毛深いオカトラノオ。
花の後はつぶつぶの実になります。



さらに進んで、カタクリの保護地の中に咲いて居る青い紫陽花。

180820_s_ajisai1.jpg

余所でも見かける、ガクアジサイです。

装飾花が大きくて、四角くて、鮮やかな青い色の品種です。

180820_s_ajisai2.jpg

まん中のつぶつぶした両性花が開くと、それはまたそれで可愛らしいんですよ。

ほら、こんな風に。

180820_s_ajisai3.jpg

水色のと、白っぽいのとあるみたいですよね。見慣れた紫陽花でも解らないことが
たくさんあります。面白いですね。


カタクリの保護地の先に、これ、大きくなって欲しいんだけれど、なかなかお花
まで見せてもらえない葉っぱがまた、芽吹いているのを見つけました。

180820_turigane_n.jpg

6枚輪生している様に見える葉っぱのツリガネニンジンです。
いつも、ここまでは見かけるんですが、そのあと刈られちゃうことが多いんですよね。
今年こそ、心置きなくお花を観察できますように。(>人<)お願いします。


さらにその先の茂みにも、ホタルブクロが咲いています。

180820_horaru_b1.jpg

ちょっとシュッとした細身のお花。

もうちょっと赤いのも有ったと思ったんですが、この日はこれしか見当たらず。

180820_horaru_b2.jpg

たくさん咲いてね。また見に来るね。



6/10のおさんぽは、次が最終回。今度は斜面を登りながらヒメコウゾの実を
撮ったり、公園に戻ってリョウブの花を眺めたりします。


posted by はもよう at 22:28| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
トウバナもハエドクソウも
可愛いお花ですよね。
気になって、撮りますがうまく撮れません。
ハエドクソウは特に難しいです。
林の中で蚊におそわれて、
半分逃げながら撮るというのもあるのですが・・
でも林の中で見かけると
ちょっと元気になります^^

ツリガネニンジン、昨日咲いているのを
見かけました。今年初見です。
あぁもう秋になるんだなぁと思いました。

はもようさんのところ、
ヤマホタルブクロもあるのですか、
いいなぁ
探しているのですが、
ホタルブクロしかありません。
ほんとに時たまめくれが小さい子がありますが、
ヤマではないです・・
Posted by ブリ at 2018年08月21日 14:32
ブリさん、こんばんは。

どのお花も毎年撮っているけれど、やっぱり出会えると嬉しい、
ピントが合って撮れたら、さらに嬉しいお花です。
そうそう、大抵、蚊がぶんぶんうなる日陰に咲くんですよね。

あら、そちらにはヤマホタルブクロはありません?
そうか、この場所には普通の顔して群生しているけれど、
元は誰かがタネを蒔いたのかもしれない北向きの斜面。
どこにでも、2種一緒に咲いているとは限らないんですね。

こんなに暑い夏なのに、秋のお花はちゃんと咲いているんですよね。
不思議です。
ツリガネニンジンのお花。撮れるかなぁ。

Posted by はもよう at 2018年08月23日 01:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: