2018年08月27日

ハイブリッド種のユリ

いやはや、今日も暑かったです。それでも午後から雲が広がって、夜には雷雨になり
ました。天候の急激な変化で被害を受けた地域もあったかもしれませんが、気温が
少し下がったのはありがたいです。夏休みもあと4日。チビさんたちは、宿題終わった
かな?

記事の方は6/24の近所の花だんの様子。前の記事の6月初めの花だんとの違いにも
ご注目。

180827_m_botan.jpg

まずは真夏の花、マツバボタンが咲き始めました。








直径10cmはある、大輪のオオヤエクチナシ、またの名をガーデニアも咲いて居ま
した。

180827_o_y_kutinasi.jpg

撮りに来るの遅いよって言われそう。ごめん。



あの、紫陽花がどっさり植えられた花だん。咲き進んで、色が変わるものも現れました。

180827_s_ajisai1.jpg

だいたい色が濃くなって、青からピンクへ変わるのと、ピンクから青へ変わるのと
どっちが多いのかな?

180827_s_ajisai2.jpg

アナベルの花もますます大きな固まりになってきました。

180827_s_ajisai3.jpg

装飾花の周りに白い縁取りがあったお花も、ちょっと赤みが増しましたね



別の花だんには背の高いユリが咲き始めました。

180827_yuri1.jpg

画像検索していると‘ハイブリッド種’として紹介されている花に似ています。
ただ、ハイブリッドと言っても何と何を掛け合わせたかで、さらにいろいろな品種
が有るわけで、これは…スカシユリと鹿の子ユリとかの系統かな?

180827_yuri2.jpg

いかんせん園芸種は奥が深すぎてにわかには判断いたしかねます。
でも、ほんのり絞りの入ったピンクのお花が綺麗ですね。




毎回違う山野草に注目しちゃいいつもの花だん。この日、目を惹いたのは真っ赤な
ナワシロイチゴの実です。

180827_nawasiro_i.jpg

これ、黄金葉のナワシロイチゴ。五色ドクダミのお隣に葉っぱを広げていたあれですよ。


それから、ビロードのような暗い赤のお花を咲かせていたヘメロカリスのお隣に

180827_hemerocallis1.jpg

もうちょっと明るい、オレンジの花が咲きました。

180827_hemerocallis2.jpg

でもやっぱり、ちょっとはビロードっぽさも残っているかな?
去年までは、まっ黄色のお花も咲いたんですが、今年は会えずじまいでした。残念。




ストケシア(ルリギク)やエキナセア(バレンギク)が咲いて居たあたり、今度はジニア
ことヒャクニチソウが咲き始めました。

180827_zinnia1.jpg

ちょっと懐かしい気持ちになっちゃうくらい昔から有るお花ですよね。

キッチュな色合いにまん中の筒状花の可愛い花冠。

180827_zinnia2.jpg

100日咲いちゃうってことは3ヶ月間。これから夏中咲いちゃうわけです。
よろしくね。




さてさて、ここでまた、見たことあるようなないようなお花に遭遇。
ちょっとニュアンス含んだ色合いがシックでおしゃれ。

180827_freesia1.jpg

細い葉っぱに、すらっと伸びた花茎につぼみが一列に並んでいるところなんて、
まるでフリージア。でもフリージアって、春の花なんですよね。これ撮ったのは
6月下旬。フリージアが咲くにはひと月遅いです。

180827_freesia3.jpg

違うかな?
でも、アルストロメリアかな?グラジオラスかな?なんて、いろんな花を
検索してみましたが、やっぱり、フリージアの咲き方に一番似ているんです。

180827_freesia2.jpg

↑ これなんか、八重咲きのフリージアが一番似ていました。
ただねぇ。どうしても、これだ!って言う検索結果は得られずじまいでした。
引き続き、調べてみます。



別の花だんには別のユリ。こちらは背も低く、白いこともあってテッポウユリに
似た印象を受けます。

180827_yuri3.jpg

テッポウユリを元にした品種かな?

↓ こっちの黄色いのだって、結構あっちこっちで見るデザインです。

180827_yuri4.jpg

背低いし、上向いているし…スカシユリと何かがミックスした感じかな?
色んなお花が咲いて、隣町でヤマユリが咲き出す7月が迫ってきて、そろそろ
見に行かなくちゃなぁって思っていた頃です。



こちらも夏が来たよ〜って咲く花、アガパンサス。

180827_agapanthus1.jpg

アガパンサスって、「愛の花」って言う意味なんですよ。ちょっとクールな印象
ですけどね。

涼しげな青紫。愛って言うより 知性の花って感じかな。

180827_agapanthus2.jpg

哲学的なこと考えてそうな うつむき加減の青い花。梅雨寒の日もあったのに、
不意に梅雨の中休みが長引いて、いつの間にか、
涼しい色しか目に入れたくないような、とんでもなく暑い日が続いていた頃のこと。

このあと、あっと驚く、関東のみ、6月中に梅雨明け〜それに続く酷暑の夏が
始まるんですよね。



次の記事では、同じ6/24に、近所の公園で見かけたお花と水辺の様子を
ご紹介します。


posted by はもよう at 23:28| Comment(0) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: