2018年08月31日

苗代苺の実

とうとう、8月も今日でおしまい。宿題の締め切りとはご縁が切れて久しいですが、
猛暑の夏も過ぎていきます。今日、日中はこれでもかってっくらい暑かったけれど
繰り返し通り雨があって、降る度、気温が下がりました。それでも夕方には本格的
な雷雲がやって来て、ゴロゴロピカピカ大騒ぎでした。こんなに尻尾まで餡子
たっぷりの鯛焼きみたいな猛暑は初めてでしたね。秋は穏やかでありますように。

HPの「季節のごあいさつ」にハナミズキの実の写真を飾りました。こんなに暑くても
枝の先の実はちゃんと赤くなってきましたよ。秋はもうそこまで来ています。体調
整えて、実りの秋を楽しみましょう。

記事の方は6/24のおさんぽの続き。こちらは実りの初夏の木イチゴの実をたっぷり
見ていただこうかな。

180831_s_yanagi.jpg

まずは水辺のシダレヤナギから。ええっと…お隣は何の木だったかしら?








6月下旬の公園、あっちこっちの植え込みで、勝手に生えてるナワシロイチゴ。

180831_yukiyanagi.jpg

これはユキヤナギの植え込みかな。
枝垂れすぎて時々、つる性植物に見えたりします。



引き続き池のほとりの植え込みを回ります。
180831_g_ajisai1.jpg

青い花はガクアジサイ。

優しい色のアジサイです。水色の装飾花はお花が終わると、色褪せて裏返しに
なってしまいます。

180831_g_ajisai2.jpg

画面奥のピンクに見えるのは、色褪せて裏返った水色のガクアジサイです。
お花は花粉を運ぶ虫さんへのアピールのために咲くんです。受粉が済んだらもう、
綺麗を保つ必要が無いわけですよ。
はいはい虫さ〜ん。ご用があるのはこっちですよ。



池の反対側、こちらの植え込みはレンギョウです。

180831_rengyo.jpg

ここのナワシロイチゴが、ここ数年では一押し株です。


ほら、こんなに。

180831_nawasiro_i1.jpg

粒がそろって、良くふくらんでいて、見事でしょう。

ちょっと近づいてみますね。

180831_nawasiro_i2.jpg

宝石みたい ♪ 相変わらずのフォトジェニックぶりです。お見事。

もっと赤い実もありますよ。↓あ、画面下の方の葉っぱがレンギョウ。

180831_nawasiro_i3.jpg

↑ 上の方が苗代苺の葉っぱです。形、質感共に対照的ですね。

↓ これが今年一番の出来みたいなので、

180831_nawasiro_i4.jpg

さらにぐっとアップに。↓

180831_nawasiro_i5.jpg

ああ、美味しそう。いや、私はまだ食べたこと無いんですけどね。
たぶん美味しいですよ。



秋の花のはずのヤマハギも、6月って言えばもう、たくさん咲いてます。

180831_yamahagi.jpg

秋になっても咲いて居るんだから、秋の七草に入って居ても問題は無いはず。



池のほとりを回っていって、あずまやの土台部分でも、ナワシロイチゴの
葉っぱをみっけ!

180831_ike1.jpg

あれ、こんなところにまで進出?

なかなかの繁殖力ですねぇ。

180831_ike2.jpg

まだ、大きくはないけれど、赤い実がたくさん付いて居ます。
石垣にも、池の水にも映えて素敵です。また来年も見に来よう。



池から離れようとしたら、もう一カ所、ナワシロイチゴが勝手に生えてる
植え込みを見つけちゃいました。

今度は、開花スイッチがゆるくて、一年中なんとなく咲いてるボケの植え込み。

180831_boke1.jpg

手前の葉っぱがボケですが、奥の葉っぱはナワシロイチゴです。

おお、ここのも良く育っています。

180831_boke2.jpg

公園内にこんなに広がっているなんてね。これもおそらくは鳥さんたちに人気で、
あっちこっちにタネを蒔いてもらったおかげですね。

公園の外では、群落ごと根こそぎに刈られちゃった場所あり、なんとなく勢い
が弱まり姿を消してしまう
群落有りと、様々ですが、元気にいきいきしている株を探して、あちこち歩き
ましょう。また来年も、とびきり写真写りの良いキイチゴを探して、カメラに
おさめましょう。




ナワシロイチゴを離れて、公園の残り1/4周。雑木林ゾーンを歩いて行くと、
湿っぽくて涼しげな景色が目に入ってきました。

180831_nokisinobu1.jpg

木の幹で育つシダの仲間、ノキシノブです。見るからに涼しそう。

ちょっとしゃがみ込んで

180831_nokisinobu2.jpg

じっくり観察〜 ♪ 綺麗な緑色だなぁ。
理想を言えば、家のベランダにこの壁が欲しいです。水やり大変そうだけど。



さらにちょっと先の地面には、前の記事で触れたオオチドメがびっしり。

180831_o_tidome1.jpg

つや多めの丸っこい葉っぱ。可愛いでしょう。葉っぱより突き出た花や実が
目立つのはオオチドメの特徴。
3枚ひと組でご一緒しているのはたぶん、ヤハズソウ。

もうちょっと拡大してみましょう。

180831_o_tidome2.jpg

可愛いでしょ。ミクロの世界みたいな感じですが。

2006/ 7/20付 「オオチドメの花」
2006/ 6/23付 「小さなカエル」 ヒメチドメ



次の記事は、翌日に見た「木に咲く白い花」を2種見ていただく予定です。



posted by はもよう at 23:25| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: