2018年09月10日

ペンタスの花だん

今日は午前中は良く晴れて、そこそこ暑くなりましたが、午後からは黒い雲が広
がって、夜までに断続的に強い雨が降る変わりやすいお天気になりました。
9月も中旬に入り、まだ時々蒸し暑い事もあるけれど、それでもどこか秋めいて
きました。道ばたには野良ニラが花を咲かせて居ますし、そろそろ彼岸花のつぼ
みも顔を出してきました。どんなに暑くても、夏が終わる時って来るんですね。
地盤のゆるんでいる場所では危険なのことも有るでしょうから、十分にお気をつ
け下さい。明日からはしばらくはっきりしないお天気が続くようです。体調管理
に気をつけましょう。

さて、記事の方は7/11のおさんぽの続き。

180908_janohige1.jpg

いつもおさんぽしている公園の雑木林ゾーン。うっそうとした木陰の小さな草にも
お花が咲いて居ました。花だんに植えられる事もあるジャノヒゲです。









草丈5〜10cm 、緑の色濃い厚手の細い葉っぱを密に茂らせ、花だんの縁や透き間に
良く植えられて居ますよね、ジャノヒゲ。またはリュウノヒゲ。あ、そうそう、映画
「となりのトトロ」に出てきたトトロのお土産を縛っていたのはこの葉っぱでしたね。

180908_janohige2.jpg

晩秋の藍色の実が特徴的ですが、あの実はこんなに地味な花から実るんですよ。

ジャノヒゲのお隣はちっちゃいムグラの葉っぱ。

180908_yotuba_m.jpg

こんなに綺麗に4つに並んで居るからヨツバムグラかな? でも、ここ、ヒメヨツバ
ムグラのテリトリーだからヒメヨツバムグラの方かな? ちっちゃくてそっくりで、
本当にムグラ迷路はややこしいです。でも、可愛い ♪



それから、地面を這っていたこっちのつる草はアオツヅラフジ。

180908_a_tudura_f1.jpg

葉っぱの形に変化が多くて、これはとっても細長型。標準的は三角っぽいハート型。
でもこれはほとんどTの字ですね。

この時期はお花で確かめられるので、迷わずに済みます。

180908_a_tudura_f2.jpg

これはおしべがのぞいているからおばなかな?オスの株とメスの株に分かれるタイプ
で、メスの株には秋に青い色の実が付きます。



草むらで目立っていた綿毛。たぶんブタナです。

180908_butana.jpg

薄茶色いのが多いけれど、これは綺麗な白い色でした。結構、繊細な造りで
綺麗です。



雑木林ゾーンを抜けて、華やかな花だんの方へ。今年、公園の管理人さんは花だんに
ペンタスを選んだみたいです。

180908_pentas1.jpg

アカネ科ペンタス(クササンタンカ)属、熱帯アフリカ原産の常緑性低木。
和名はクササンタンカ(草三丹花)。熱帯原産なら、暑さに強いはずですね。
現地では常緑低木だけれど、日本では冬を越せないので一年草扱いだそうです。
それはそれで可愛そうな気もします。熱帯にはサンタンカというこれよりもっと
豪華な花が有って、それに似ているからクササンタンカなんですって。

180908_pentas2.jpg

ペンタスはこの5つに分かれる花びらから。ギリシャ語の5を表す単語から来ている
そうです。

お花の色は鮮やかな赤やピンクも有りますが、

180908_pentas3.jpg

今年の夏のような暑い時には、爽やかな白い花に目がいっちゃいそうでしたねぇ。



ジャノヒゲみたいな細い草の葉がいっぱいの場所に小さな紫の花が点々と咲いて居ます。

180908_h_yaburan1.jpg

秋に咲くヤブランの小型版、ヒメヤブランの群落です。

ヤブランとは違って日向好き。

180908_h_yaburan2.jpg

花の穂は短くて、お花はこんな感じ。ちょっとデザインが違います。
お花の後はもちろん丸い実になりますが、ヤブランの黒くて丸いつやつやな実の
様にはなりません。



人工の小川のほとりには盆花こと、ミソハギが咲き始めました。
そういえばお盆の入りも近い頃です。

180908_misohagi1.jpg

今年の暑すぎる春も、短すぎる梅雨もお気に召さなかったのか、この間まで咲いて
居たノハナショウブと同様に、ミソハギも、あんまり元気がありません。

お花も小振りで、数も少なめ。

180908_misohagi2.jpg

これでは仏様をお迎えできないよ。なんちゃって。

きらきら光る水辺で、これから花数を増やして、

180908_misohagi3.jpg

可愛い赤紫色であたりを華やかに彩って欲しいなあ。



7/11、いつもおさんぽしている公園で撮ってきた写真はこれでおしまいです。
でも、この日はこのあと、隣町まで足を伸ばしています。あれやこれやご紹介の後、
満開を迎えたヤマユリの花まで、数回にわたって見ていただく予定です。
良かったらおつきあいくださいませ。



posted by はもよう at 23:12| Comment(0) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: