2018年10月29日

タチシオデからツルボ

今日もまた良く晴れて、爽やかで素敵な秋晴れでした。でも、仕事場は、
週明けで一番忙しい日。おさんぽには行かれませんでした。道ばたからは
お花がどんどん減って、サザンカだけが元気に咲いて居ます。そろそろ
最低気温が10℃以下になりそうと、気象予報士さんがTVの中で話して
居ました。

記事の方は9/9のおさんぽの続き。隣町の公園裏の「北向きの斜面」を
半分くらい歩いたあたり。

181029_t_siode1.jpg

斜面の上の方、他の葉っぱの陰に、タチシオデの葉っぱとむっちりした実が。
さらに進むのに伴って移り変わる草の花を中心にご紹介します。





初夏に地味な緑の花を咲かせていたタチシオデ。実になるめばなは、おばな
よりさらに地味でしたが、実になるとこんなにチャーミング。

181029_t_siode2.jpg

表面に粉が吹いたようになるのがタチシオデの実の特徴ですから、これ、間
違いないですね。このあと、秋の深まりと共に黒っぽく色付いて完成です。



本家ヤマハギを彷彿とさせますが、それよりはだいぶ細かいヌスビトハギの花。

181029_nusubito_h.jpg

それでも、こんなにまとまって咲いたら綺麗です。


側のヤブからは、どシンプルな野菊、シラヤマギクが顔を出していました。

181029_sirayama_g.jpg

すくっと背高く立ち上がった姿が魅力なのですが、今年はあまり高くならなく
てちょっと残念でした。また来年ね。


その下の葉っぱの陰ではノブドウの実がひっそり育ってました。

181029_nobudou.jpg

鮮やか色に染まるのはいつ頃かな?寒いほど色が濃くなる気がするので、今後
が楽しみです。



常緑樹のシロダモの枝先では、去年のお花に実った実が育ち始めました。

181029_sirodamo.jpg

枝の下の方に、つぶつぶしているのは今年のつぼみです。
秋の終わり頃、花と実を一緒に目立たせるのが、シロダモの生き抜く作戦。
もうちょっとしたら、赤い実と薄黄色のお花の競演が楽しめます。



「北向きの斜面」の下の道を歩いて行くと雑木林の高い所になにやら目立つ
白いもの。

181029_sen_nin_s1.jpg

あれ?何だろう。 もしかして、あれかな? 期待を持ってカメラの望遠
機能を精一杯使って、

181029_sen_nin_s2.jpg

家に帰ってパソコンも投入してわかった正体は、真っ白に咲いたセンニン
ソウのお花でした。

181029_sen_nin_s3.jpg

雪が積もったようにびっしり咲いて居ますね、白い花。勢いが強すぎて、
お庭に植えるのには向かないかもしれませんが、自然の中にある時は、
頼もしいくらい良く茂ってくれます。お花のあとの綿毛が広がる景色も素敵
です。テッセンやクレマチスのお仲間なんですよ。



9/9の雑木林はこんな感じ。まだまだ、葉っぱは緑です。

181029_kusagi1.jpg

画面下の方、ピンクのお花のように見えるものは…

萼を、ほんのり染めたクサギの花後。

181029_kusagi2.jpg

真っ白くてラッパの形のお花が終わったら、萼の中でひととき実を育て、

満を持して萼を開くと、青い実が姿を現すこのギャップ萌え?

181029_kusagi3.jpg

青い実を引き立てるために、萼は反対色の赤に色づき、コントラストを高め
ます。目の良い鳥さんたちを引きつける工夫。クサギだって、いろいろ考え
ているんですよ。



ヤブから立ち上がった枝にはオニドコロの実が下がっていました。

181029_o_dokoro.jpg

楕円を3つ貼り合わせたような実。十分熟して、乾くと中から翼の付いた
タネが現れ、折からの北風に吹かれて拡散するように出来ています。



強剪定から復活中のヤブツバキ。春咲きに咲いた花が、ようやく、実になり
ました。

181029_y_tubaki.jpg

赤く色づいてはみたけれど、リンゴのようには食べられません。開くと中から
油分をたくさん含んだタネがこぼれます。そういえば、このタネは…誰かが
食べるのかなぁ?人は、いろいろなことに利用しますけどね。



「北向きの斜面」中程にはイタドリの群落があります。

181029_itadori1.jpg

タデ科のお花がたくさん咲き出すと、秋が来たなぁと思います。

別名はスカンポ(酸模)、イタンポ、ドングイ、スッポン、ゴンパチ、エッタン、
だんち。…wikiにこんなに別名が並んで居ました。あっちこっちで、人との
関わりの多い植物だったんですね。山菜として食べる地域もあるんですよ。
あく抜きが必須ですけどね。

181029_itadori2.jpg

白くて細かい花がたくさん咲いて、綺麗ですよね。

爽やかに高原に咲いて居るかと思えば、山手線の車窓から群落が見えたりも
します。

181029_itadori3.jpg

細かいお花は面白い形をしています。実になってもあんまり変わらなくて、
どっちか確かめるのに気を遣います。
赤みが差したお花は特別に明月草と呼ばれるそうです。ここには無かったな。



「北向きの斜面」も後半の方、カタクリの保護地のロープの中にツルボの大群
落があります。

181029_turubo1.jpg

ちょっと遠いけど、見えますか?今年もたくさん咲いています。

手前の方で、お花を確認。

181029_turubo2.jpg

ふふふ…、うちのベランダでも咲いているけれど、可愛いなぁ。

パチパチパチって音がしそうな咲き方。花火とは逆だけど。

181029_turubo3.jpg

優しい藤色も素敵です。

鉢植えで育てるのはお勧めですよ。お世話いらずで、丈夫です。

181029_turubo4.jpg

ツルボの群落。たくさん楽しみました。来年もまたよろしくお願いします。



次回はこの続きで、カタクリの保護地で見かけた秋の花をご紹介します。


posted by はもよう at 22:44| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: