2018年11月01日

彼岸花が咲く前

HPは、曲がりなりにもなんとか更新しました。容量はまだ1/10しか使って居な
いし、ここのところソフトの調子もおかしいし。原因不明ですがとりあえず。
ああ、困った。

さて、今日から11月ですね。今日はそれなりに忙しかったなぁ。お天気は良く
晴れては居ても、風が冷たくて、冬が近いんだと感じさせる天候でした。冷え
ない様に気をつけなくっちゃ。

記事の方は彼岸花が咲きそろうまで周辺の、秋の花と木の実についてご紹介。

181101_higan_b1.jpg

彼岸花はまだ、このくらいのつぼみの頃の写真です。






道ばたにあった小さな花。黄色いのはスベリヒユ。

181101_suberi_h.jpg

今年はなかなか出会えませんでした。

白い花はザクロソウ。

181101_zakuro_s.jpg

心惹かれる小さい草なんだけれど、なかなかうまく撮れません。
また来年、頑張りましょう。


1枚目の写真と同じ、土手の彼岸花。

181101_higan_b2.jpg

たくさんあっても、まだみんなつぼみ。

土手の道に並んで居るのは一足早く咲いた白いヒガンバナ。

181101_higan_b3.jpg

この日、通りかかった人に聞いた話では、この花だけはタネで増えるので、球根
でしか増えない赤い花よりも早く増えてしまうので、土手がみんな白い花になって
しまわないか心配なんですって。ええ!?そうなの?



土手の花だんに咲いて居たのはフヨウかな?

181101_fuyou.jpg

真夏から咲き始めて、まだ咲き残っています。



土手から少し離れて、別の植え込み。

181101_umemodoki1.jpg

低木に赤い実がびっしり。

これはウメモドキです。

181101_umemodoki2.jpg

10/28の記事でご紹介したアオハダとともに、モチノキ科でも少数派の落葉樹。



赤い実の隣には紫の実。

181101_k_murasaki.jpg

ムラサキシキブの小型版、コムラサキの実です。



真夏の名残のポーチュラカ。

181101_portulaca1.jpg

9/11のこの日も、色とりどりに咲いて居ました。別名はハナスベリヒユ。
さっきあげた、小さな黄色い花とご親戚です。

181101_portulaca2.jpg

花だんのハナスベリヒユさん、今日、あっちの道ばたで素朴なスベリヒユさんに
会ったよ。



土手の灌木にからんでいたのはセンニンソウ。

181101_sen_nin_s1.jpg

結構あっちこっちではびこっていますね。

真っ白なお花の、野生のクレマチス。

181101_sen_nin_s2.jpg

暴力的にはびこったりするけれど、お花はあくまでも清純派です。爽やか。



また別の場所のヤマボウシ。夏の初めに白い花を咲かせていた、ハナミズキの
日本版。ハナミズキの別名はアメリカヤマボウシですからね。こちらは日本の
ヤマボウシ。その、法師様の頭に見立てた 小花の固まりの部分が、実になって
赤く色づき始めました。

181101_yamabousi1.jpg

アメリカ産のお仲間は、赤い実が一粒一粒独立していたけれど、日本のヤマボウ
シの実はみんなひとまとめで丸い形。

181101_yamabousi2.jpg

お花はそっくりだったのにねぇ。どこでどうしてこういう風に分かれたんでしょう。

ちなみに、ハナミズキの実は食べられるって書いてありませんが、ヤマボウシの実は
食べられるそうです。別名はヤマグワ。桑の実並みに里山の子どもたちのおやつに
なって居たかも…しれません。



またちょっと歩いて、今度は勝手花だんのシュウカイドウ(秋海棠)。

181101_shukaido1.jpg

キッチュなピンクですよね。故郷は中国。とってもみずみずしくて、ポキンと折れちゃ
いそうな茎の花です。

お花のまん中に黄色いポンポンが付いているのがおばな。

181101_shukaido2.jpg

ここには写っていないけれど、お花の下に三角の後で実になる部分がついているのが、
めばなです。めばなはおばなに遅れて咲くから、これからかな?



さて、ここからは次の日。出かける途中でちょいと撮ってきた画像。
この赤い実はナナカマド。

181101_nanakamado1.jpg

本来なら、一度のもっとたくさん付いて目立つはずなんだけれど、なにせ、我が街は
たぶんナナカマドには向かない環境。

植えても植えても、あっという間に枯れちゃうの。←だのになぜまた植えたんだろう。
これもまた風前の灯火の株。それでも今年は一粒赤くなりました。

181101_nanakamado2.jpg

本来なら、北のお山で赤い実と紅葉自慢の高木のはず。今年見かけたこのちょこっとの
紅葉でも貴重です。いつまで立っててくれるかな?頑張れ、我が街のナナカマド。



さて、こちらの実はなんでしょう。

181101_k_ogatama1.jpg

カラタネオガタマノキです。

2018/ 6/20付 「ナナカマドの花」

4月に、ナナカマドの花と一緒に咲いていました。

ホウノキの花のミニチュア ♪ みたいなお花のまん中が、半年後にはこんな形に
ふくらむんですね。お花より、だいぶ大きな実になりましたよ。

受粉がたりなくて、1つしか出来ないこともあるようです。
緑の殻が割れると…中から赤い皮をかぶったタネが出てきます。

181101_k_ogatama2.jpg

モクレン科の木にはありがちな実の付き方ではありますが、カラタネオガタマノキに
実が付くのを初めて見たので驚きました。

こっちのは、十分に熟して赤い実が出てきています。あ、コブシの実と同じように
白い糸でぶら下がりそう。面白いなぁ。

181101_k_ogatama3.jpg

タネで増えるのかな?ちょっと楽しみにしていよう。



次回は彼岸花をたっぷりお届けします。
目にしみるほど鮮やかに咲きそろいましたから。


posted by はもよう at 22:42| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: