2018年11月19日

白樺とオトコヨウゾメ

今日は午前中を中心に良く晴れて、冷え込みもちょっとゆるみました。でも
午後遅くから雲が広がって、夕方、雨がぱらつきました。秋の終わりの通り雨、
時雨に遭遇したのは何年ぶりかな?

記事の方は10/21のおさんぽの続き。隣町への道の途中で見かけた樹と、北向き
の斜面の入り口近くで見かけた赤い実のことなど。

181119_aogiri.jpg

まずは定点観察しているアオギリの枝。乾ききった実の殻を付けて、タネが風
にのって飛び立っていきます。遠くまで行くのかな?




定点観察しているアオギリの道路を渡った反対側にも、いつも眺めている木が
あります。

181119_kirikabu.jpg

覗いてみて、違和感。がらんと空いた空間のまん中に切り株のような物があり
ます。

のこぎりで切ったと言うよりは、風で折れちゃった感じです。
この場所で、通る度に見上げていたのは…桜と、イチョウと、

181119_sakura_ityo.jpg

あと…

あ、シラカバだ。見ればあちこちに、白い樹皮の枝のかけらが落ちています。

181119_sirakaba.jpg

私が勝手に撮れる唯一の白樺。お庭に植えているうちは2〜3軒有るけれど、
人様のお庭の樹は写せないからここが頼りだったのに。うわぁ、残念。
お手軽に軽井沢気分が味わえたのになぁ。

2018/ 7/25付 「定家葛とガマズミ」
2016/12/ 4付 「白樺の実」

1本1本の寿命はさほど長くないそうですが、それにしても、急だったなぁ。



台風の被害にちょっとがっかりしつつも、隣町の公園のフェンスまで到着。

181119_konara.jpg

いつものコナラどんぐりの生長具合を確かめて…。ああ、すっかり茶色くなった
ね。そろそろこぼれ落ちる頃かな?


数本置いて隣のアカガネモチは、ようやく実が赤っぽくなってきたところ。

181119_akagane_m.jpg

真っ赤になるにはあとほんのちょっと時間がかかりそうです。




さらに進んで、公園裏の北向きの斜面へ向かうために坂道を下り初めて、ふと
道ばたに3種類のピンクのお花を発見。

181119_mizu_hana.jpg

1つは赤いミズヒキ、ピンクのイヌタデ、淡いピンクのハナタデかな?

特にハナタデが可愛かったな。

181119_hanatade1.jpg

この間、河原で花を開いたイヌタデを見て、ちょっと自信を無くしたけれど、

181119_hanatade2.jpg

やっぱり、花の密度まばらでしっかり開くのがハナタデで良いかな。
ものすごく小さいけれど可愛いお花です。



それから、こちらはムラサキシキブの実です。

181119_m_sikibu1.jpg

こちらも小さいけれど綺麗な実です。

181119_m_sikibu2.jpg

まだ、最後まで色付いていませんね。本来の色より赤っぽいもの。



でもってこっちは黒く見えるほどに色濃くなっちゃったクサギの実。

181119_kusagi.jpg

はっきりとした色のコントラストが、鳥さんの注意を引くんですって。
ドライフルーツになっちゃう前に食べにおいで〜って言っているのかな?



この日の坂道、色付く葉っぱはまだ少なくて、こんなに緑。

181119_zokibayasi.jpg

紅葉の名所でもあるんですけどね。



坂を下りきったところにオトコヨウゾメが固まって生えている場所があり
まして

181119_o_yozome1.jpg

そのあたりが、とにかく、赤い実が多くて。

181119_o_yozome2.jpg

あっちこっちに赤い実が下がっています。

こんな豊作見たことあったかな?

181119_o_yozome3.jpg

ほら、これ、鈴なり。

一度にこんなに実ったことあったかな?

181119_o_yozome4.jpg

とりあえず、オトコヨウゾメは猛暑も少雨の傾向もそんなに嫌いじゃないの
かも?

181119_o_yozome5.jpg

いつもの「日陰の林」の入口だってこんな感じ。



次の記事もこの続き。「日陰の林」のオトコヨウゾメと一緒に生えている
お花をご紹介します。


posted by はもよう at 22:47| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: