2018年11月21日

名前のわからない蔓草

今日も良いお天気で、久し振りにお布団を干しました。それ以外はまた、
家の片付けや細々したことをして1日終わってしまいました。こんな
感じで1年終わっちゃうのかなぁ。まだ、おさんぽにはでられそうもあり
ません。紅葉が赤くなるまでにはなんとかしたい。頑張れ、私。

記事の方は、10/21のおさんぽの最終回。この日 出会った名前のわからない
草を含む、色んな草と木を見て頂きましょう。

181121_noibara.jpg

まずはノイバラの実。すっかり赤くなって居ました。




「北向きの斜面」で次に見かけたのがこの野菊。

181121_k_yomena1.jpg

しっかりしたお花、花数の少なさ。たぶんカントウヨメナだよねって

お花を傷つけないようにそっと裏返し。

181121_k_yomena2.jpg

可愛らしいお椀型の総苞。カントウヨメナですね。

こっちのちょっと痛んじゃっているのもそうかな。

181121_k_yomena3.jpg

はい、同じですね。

181121_k_yomena4.jpg

ちょっと舌状花が痛んでいるのは残念だけれど、「北向きの斜面」でも
咲いて居てくれて良かった。増えてね。



さらに進んで、「カタクリの保護地」のちょっと手前。

181121_kusagi1.jpg

クサギの葉っぱがちょっと色付きだしていました。

実の方は、何度も申し上げているとおり、強いコントラストで鳥さんに
熱烈アピール中。

181121_kusagi2.jpg

甲斐あってか、もしや落ちた実からも芽を出すのか、

大株の下は、次世代でいっぱいです。

181121_kusagi3.jpg

ほら、この緑の壁のほとんどがクサギの幼樹で出来ています。すごい繁殖力
ですが、こちら、フロンティアさんなので、あたりの植相が落ち着くといつの
間にかいなくなっちゃうので大丈夫です。



ここから、「カタクリの保護地」の方へは行かずに、斜面を登って公園へ
向かったんですが、そこで、名前のわからない草を見つけました。

181121_unknown1.jpg

これです。どことなくヒヨドリジョウゴとかに似てますよね。でも、大きく
違うのはこの草が地面じゃなくて、

空中に生えていたってこと。後ろは電柱に類する何かの柱です。

181121_unknown2.jpg

そして、長いつるのとちゅうだったってこと。

これ、つる性植物なんですよ。

181121_unknown3.jpg

この、なんとなく細かくいっぱい花が付いているのを見て、ああ、ネナシ
カズラのお仲間ね、なんて、大して考えもなく写真を撮って検索してみた
ら、さすが寄生植物の根無しさん、葉っぱなんか無かったんです。葉緑素も
ないのかも。とにかく、ぜんぜん似てないの。

181121_unknown4.jpg

相変わらず、花もヒヨドリジョウゴみたいだし。

ついでに言っちゃえば、葉っぱだって似ていなくもない。

181121_unknown5.jpg

でも、一応、’キク科 つる性’で検索しましたけど、何にも引っかかりません。

つる性植物は大好きで、いろんなのを見ましたけれど、こんなやつ初めて見ま
した。

181121_unknown6.jpg

何でしょうねぇ。わかんないんです。私、何か見間違えたのかなと思うくらい
今まで見てきた草花たちとかけ離れています。どなたか詳しい方のお目にとまっ
て、なんて言うのか教えて頂けたら嬉しいなぁ。よろしくお願いします。


さて、おさんぽ終盤、公園に戻りました。

181121_park1.jpg

いつもの道を歩いていても、こっちにも、根元から折れた木の切り株状になった
ものが有ります。ここに立っていたのは何だっけ?アカマツだったかな?



倒れる木も有れば、枝いっぱいに実を下げている木も有ります。

181121_akaside.jpg

これはアカシデ。春先の花も、芽吹きも、紅葉も赤いアカシデです。



こちらはこの夏も、たくさんの樹液を出して虫を養っていたコナラです。

181121_park2.jpg

もうだいぶ弱っていましたが、倒れなくて良かった。来年もまた、樹液酒場が
開かれますように(>人<)



その先の空き地に台風で折れた幹や枝がうずたかく積んでありました。

181121_park3.jpg

管理される方も大変だ。台風が来たから20日近く経っていましたが、片付けには
時間がかかりそうです。



こちらにも、サクラの葉っぱが散っていました。

181121_sakura.jpg

お花見の名所の公園ですが、ここ数年、急速に樹が弱ってきています。いつまで
名所で居られるか。ちょっと気になるところです。



もうちょっとで出口って言うところに、立っているトウカエデ。

181121_tokaede1.jpg

ちょっとつぼんだプロペラ型の実をつけます。実はもう散ったけれど、この日は

紅葉が始まっていました。

181121_tokaede2.jpg

まだところどころですが、綺麗な色です。

トウカエデの葉っぱも浅く三裂する葉っぱです。

181121_tokaede3.jpg

カエデ科仲間のお約束は、対生する葉っぱとプロペラ型の実であって、
イロハカエデのようなモミジバではないんですよね。これがちょっと面白いところ
じゃないでしょうか。



帰り道、いつも眺める途中の雑木林です。

181121_enokoro_g.jpg

エノコログサが秋の光を浴びてキラキラ輝いていました。
赤っぽいからムラサキエノコロかな?



その向こうの木の根元にも野菊。

181121_nokon_g1.jpg

今度は花数が多くて、一つ一つのお花が簡単だからたぶんノコンギク。

181121_nokon_g2.jpg

近づいて確かめることは出来ないんですけれど、間違いないでしょう。
一時、ちょっと数を減らしていたカントウヨメナとノコンギクですが、最近、若干
回復気味です。たくさん咲いて欲しいなぁ。増えてねぇ。


10/21のおさんぽはこれでおしまいです。次回は、仕事場の側の河原で撮って来た
秋に咲くアザミのお花と綿毛を見て頂きましょう。




posted by はもよう at 23:31| Comment(6) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
うちも今日あい布団を片付けて、
冬布団の登場です。
ちょうどお天気が良いので、
ふっくらと膨らんだお布団で
今夜は眠れそうです^^

名無しさんは本当にヒヨドリバナに
見えますよね。
何かわかるといいですね。

こちらも林の中はまだ倒木が
そのままになっていて
通行に支障をきたしています。
自転車を担いで渡る個所もあるんですよ。
力仕事です^^
Posted by at 2018年11月23日 10:41
こんばんは。お返事遅れました。

ああ、ふっくらおとんでお休み、良いですねぇ。

そうなんですよ、名無しさん、ヒヨドリバナ似なんですけれど、
違うんですよね。
また来年、出会えると良いのですが。

解らないまま、数年後に正体に行き着くなんてことも有りますから
気長に考えます(^^*)。

うわっ、台風で倒れた木を自転車担いで乗り越えて進むのですか?
おお、ワイルド。
腰、痛くしないでくださいね。

Posted by はもよう at 2018年11月25日 00:51
はもようさん、すみません。
わたしが名無しさんでした。
Posted by ブリ at 2018年11月25日 17:11
お母様の写真もきれいですね。ブログを楽しませていただいてます。
公立児童館で子どもたちとどんぐりマーケットや葉っぱの制作等もしています。
どちらの公園か気になっています。ぜひ教えていただきたいのですが。。。
よろしくお願い致します。
Posted by こあきらん at 2018年11月27日 10:06
ブリさん、こんばんは。

そうだと思っていました。
特に支障ないですよ。

Posted by はもよう at 2018年11月30日 00:58
こあきらんさん、こんばんは。

母の写真も見て頂いてありがとうございました。

別のコメントにもお答えしたとおり、具体的な地名は出さないのが
このブログの方針ですのでご容赦ください。


昭和記念公園や新宿御苑などのビッグネームの公園も
里山の自然の展示に力を入れるようになる今日この頃、
この程度の公園は関東にあちこちにありますよ。
ご近所で見つかると良いですね。


お役に立てず申し訳ありませんでした。m( _ _ )m

Posted by はもよう at 2018年11月30日 01:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: