2018年11月30日

初見のセージの花

今日で11月もおしまい。HPを更新しようと頑張りましたが、うまくいきません。
ソフトが悪いのか、何が悪くてどうしたらよいのかまだ見当が付かなくて、困って
居ます。ちょっと時間がかかるかもしれませんが、少々お待ち下さい。まぁ、
ほとんどこのブログしか動いていませんので、支障は無いと思いますが(^^;)。

記事の方は10/31に近所の花だんで見かけたお花について。

181130_roseleaf_s1.jpg

これ、たぶん、セージの花なんですが、ちょっと見たことのない咲き方。なんて
言うお花でしょう。調べてみました。






まずは大きなケヤキにごあいさつ。前の記事で街路樹を写してきた帰り道です。

181130_keyaki1.jpg

駅前なんですけどね。大きなケヤキが立っているのが、お気に入りです。



ケヤキの足下の植栽はミツマタ。春まだ浅い頃、暖かな黄色の花を手まりのよう
に咲かせる低木ですが、

181130_mitumata.jpg

秋のうちから、来年のつぼみを準備しています。常緑樹でもおかしくないような
立派な葉っぱも、もうちょっとしたら全部落ちて、お花の咲く頃には、葉っぱは
1つもありません。コウゾとともに、和紙の原料となる繊維のしっかりした木です。


ケヤキの下の潜り込むとこんな景色。綺麗でしょ。公園じゃ無いです、駅前です。

181130_keyaki2.jpg

遠くの木はハリエンジュ、赤くなって居るのはハリエンジュに絡みついている
キヅタの葉っぱです。紅葉を撮るにはちょっと早かったかな。



ケヤキの木陰にはこんな地味な低木。

181130_nawasiro_g1.jpg

ちょうど沈丁花みたいに見えますが、枝にはトゲが有るし、別の木です。

およそ花には見えない、斑点模様の地味なこれはナワシログミのつぼみです。
ええ、つぼみですよ。萼じゃ無くて、これから花咲くつぼみです。

181130_nawasiro_g2.jpg

苗代を作る頃、つまり春の終わりに赤いグミの実をつけるので、ナワシログミ。
お花は、こんな晩秋に葉の陰でひっそり開きます。



さてさて、おさんぽ続けてきて、花だんのほう。綺麗な紫のこれは、別の場所でも
見かけたアメジスト・セージ。

181130_amethyst_s1.jpg

またの名は、サルビア・レウカンサ、メキシカン・セージなど。
ビロードのような暖かそうな萼から、細長い花が咲きます。

181130_amethyst_s2.jpg

ベルベット・セージとも呼ばれるそうです。



夏から咲いて居たチェリー・セージ ‘ホット・リップス’。まだ頑張っていました
ねぇ。

181130_hotlips1.jpg

気温によって、花の色が変わると聞いて眺めているのですが、熱帯夜が続くようだと
赤くなって、涼しくなると白い部分が多くなるんだったかな。

181130_hotlips2.jpg

逆の方が見た目涼しそうだけどなぁ。まぁ、可愛いから、いいっか。



セージって、結構秋深まったも咲いているものなのね…なんて思いつつ歩いてきて
これですよ。冒頭の、初見の花。

181130_roseleaf_s2.jpg

今まで見てきたセージの葉っぱと葉っぱは変わらないけれどなんですか、この丸いの。


ほら、茎の先、ショッキングピンクのげんこつ。

181130_roseleaf_s3.jpg

こんな変わったお花に出会っていたら絶対忘れませんよね。間違いなく初見です。

げんこつがほころぶとこんな風に花が咲きます。

181130_roseleaf_s4.jpg

お花の一つ一つは、アメジスト・セージににて、たぶんこれもセージの仲間でしょう。
それにしても、どうなっているの?

アップにしてみると、げんこつの1枚がゆるむと中につぼみが3つほど収納されている
のが見て取れます。

181130_roseleaf_s5.jpg

するって言うとこれは、萼って言うか、苞のようなもので、ほどけつつ、花開きつつ、
たぶん、花の穂に残っていないところから見ると、咲くとすぐに落ちちゃうんでしょう
ね。

なんか、とってもユニークです。

181130_roseleaf_s6.jpg

こんなお花があったんですね。
さっそく、家に戻って、パソコンで検索です。

でね、有ったんですよ。ヒットしました。


お花の名前は、ローズリーフセージ。

あれ?バラの葉っぱのセージって言う意味ですよね。スペルまでは解らないけれど、
たぶん。
似てます?この葉っぱ。葉っぱはまるっきりセージの葉っぱだと思いますけどね。
それより、げんこつセージでしょう、名付けるなら。←それはどうかと。

別名は「サルビア・インボルクラータ」シソ科アキギリ属で、メキシコ原産。
説明に、
「桃色の苞に包まれた蕾の中から鮮やかな桃色の花が顔を出す大変ユニークな形の花」
って書いてあるから間違いないでしょう。やっぱりあれ、苞だったんだ。

181130_roseleaf_s7.jpg

いやぁ、面白いセージがあるものですね。いや、実にユニークです。
出来たら、どうしてこんな咲き方を選んだのか、伺ってみたいものです。



今回のおまけ画像は、桜の幹に張っていた幼いキヅタ。

181130_kiduta1.jpg

こっちは緑で、あっちはちょっと赤くなりかけ。コインくらいの大きさのまだまだ
小さな葉っぱです。

もうちょっと色付いて赤くなってからまた、撮りに来たいけど、どうかしら。

181130_kiduta2.jpg

でも、これはこれで良い感じ。秋はまだまだ深まります。そんな10月最後の日の
おさんぽでした。



posted by はもよう at 23:59| Comment(0) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: