2018年12月16日

菊の花めぐり

あぁ、また2日もさぼってしまいました。金曜日は急なお悔やみごとが入って
ちょっと出かけたんですよ。寒かったなぁ。でもって、土曜日はまた、両親の
ところへ。いや、やっぱり寒かった。でも、両日とも歩く用事が多くてちょっと
お疲れ。明けて今日、日曜日はベランダで、我が家初氷を観測。冷えましたねぇ。
朝は晴れていても、だんだんお天気崩れてくるって言うし、隣町のイロハカエデ
の色づき具合が気になるしで、思い切って早いうちからおさんぽにでることに
しました。隣町を回って、ついでに近所の公園も。こちらでは早咲きの梅の開花
を確認しました。例年の12月のあれやこれを順調に消化している感じです。

記事の方は、まだありました、11月の写真。近所の公園を回ったのが200枚と
職場のそばのイロハカエデを撮ったのが20枚ほど。まずは近所の方からご紹介。

181216_ityo1.jpg

いつもの家の近くのイチョウから始めましょう。落ち葉が増えて黄色いじゅうたん
になっていました。






3日ぐらいの違いですが、前回よりも黄色くなった気がします。

181216_ityo2.jpg

この木も今年の台風で上の方の枝が1本折れちゃいました。台風が乱暴になるのは
温暖化のせいですからね。二酸化炭素を出さない暮らし、無駄の無い暮らし方を
工夫しないといけないわけです。



足下にこぼれでたのはユキヤナギの小枝。条件が合えばこんなに綺麗に紅葉する
って知ってました?

181216_y_yanagi.jpg

私、こっちに住むようになって初めて知ったんですが、知ってみてからは実家の
そばでも見かけることがあるんですよね。気がつくか付かないかの差だったのかなぁ。



近所の公園へ向かう前に、もっと近所の花だんを回りました。ちょうど色とりどりの
菊のお花が綺麗でしたので。

181216_kiku1.jpg

詳しいことはよくわからないのですが、たぶん、マムと呼ばれる西洋菊だと思うん
ですよね。アメリカで鉢に植えて楽しむように品種改良されたポットマムとか。

お花がちょっと違います。

181216_kiku2.jpg

可愛らしくて色鮮やか。

こちらのも、今までの和風の菊とはちょっと違うデザイン。

181216_kiku3.jpg

菊の学名が「クリサンセマム」で、略して「マム」。
園芸店でも「スプレーマム」とか「ポットマム」とか言う名前で売られて居るのをよく
見ます。品種もいろいろあるんですよね。他の花だんも回ってみよう。



寒椿も続々咲いてきています。

181216_k_tubaki1.jpg

椿って名前だけれどサザンカの一種なんですってね。ただでも、椿とサザンカは紛らわし
くてややこしいのに、全く、初心者泣かせですなぁ。

サザンカらしさはこのおしべの形。椿のお花だと、おしべの根元はぐるっと全部くっつ
いていますが、サザンカはばらばらです、この様にね。

181216_k_tubaki2.jpg

日差しの力を借りて、なんとなく暖かそうに撮れました。サザンカは元々は晩秋の花。
寒中に咲くように椿の力を借りた サザンカらしいですよ。


そうそう、うちの近所の河津桜、葉っぱがだいぶオレンジ色っぽくなってきました。

181216_kawadu_z.jpg

早咲きで、1〜3月に咲く濃いピンクの桜なんですよ。葉っぱはあんまり赤くならない
んだな。



別の花だんの菊です。

181216_kiku4.jpg

花だんの菊も、寒さにあうと葉っぱが赤かくなるんだなぁとか

181216_kiku5.jpg

色んなデザインのお花の苗が売られて居るんだなぁとか思いながら眺めました。

このポンポンみたいのなのが可愛かったです。

181216_kiku6.jpg

なかでもこの小さくて黄色の花が印象的でした。

181216_kiku7.jpg

写真じゃ伝わりにくいかもしれませんが、卵ボーロみたいで可愛かったです。




このあと近所の公園を一回りして写真をたくさん撮るんですが、その帰り道、
前回ご紹介したローズリーフ・セージをもう一度撮って来ました。

181216_roseleaf_s1.jpg

相変わらず鮮やかなお花。

181216_roseleaf_s2.jpg

ピンクのげんこつみたいなところが、1枚開くと中につぼみが3つ入って居て
花が咲く頃にははがれ落ちていくこと。

じっくり撮って、お花が毛の帽子をかぶっているところまで克明に捉えました。

181216_roseleaf_s3.jpg

ふわふわで暖かそう。目立って白いのは1本しか無いからめしべかしら?
面白い。

毛深いのは先だけで、

181216_roseleaf_s4.jpg

他の部分は普通のセージのお花と変わりなし。

でもってこれが全体像。

181216_roseleaf_s5.jpg

やっぱり、どうしてローズリーフセージって名前になったのか解りません。

ほら、お隣のサルビア・ガラニチカと比べても、葉っぱの大きい小さいは有るけれど

181216_roseleaf_s6.jpg

形は一緒でしょ。ちなみにローズマリーの葉っぱにも似てませんよ。この点は未だに
不思議です。



でもって、帰ろうとしたら、行きに見上げたイチョウの木に

181216_ityo3.jpg

ほら白矢印のあたりに 何かを発見! 精一杯の望遠で捉えたのは…

ギンナン!
そういえば、ちらほら落ちていたわ。あんなところになって居たのね。

181216_ityo4.jpg

せっせと拾う人が居たこともあったけれど、今は通る人みんな邪魔にしています。
場所によってはオスの木しか植えないようにしているとか聞いたことがあります。
食べると美味しいけれど、手間はかかるし、落ちると臭いし…。
でも、実りの秋らしくてよいですよねぇ。



次回からは11/28にぐるっと回って200枚近い写真を撮ってきた近所の公園のおさんぽ
の様子をご紹介します。


posted by はもよう at 22:48| Comment(2) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
椿とサザンカの違いって、
しべの根元を見ればわかるんですか。
見てみます。

去年ぐらいからでしょうか、
お友達がキクをたくさんくださるんです。
仏壇があるからいるでしょと言って。
ほんとに助かっています。
来年株分けするときに、分けてあげるって。
今から楽しみにしています^^
Posted by ブリ at 2018年12月19日 23:08
ブリさん、こんばんは。

そうそう、しべの付け根が第一の見分けポイントなんですけど…
園芸家さんって、みんな交配しちゃうから、
特徴が混ざっちゃって、初心者には悩みにタネです。


あら、お仏壇用に菊のお花を下さるなんて、お優しい。
菊って、根元の方の葉っぱが枯れて見栄えが悪くなるから
惜しまず切り花にしちゃった方がよいのかもしれませんね。

今度はお庭で育てられるのかな?
良い香りもしますよね。
お花に綿を巻いて香りを移すなんて言う、雅なお楽しみも出来ますよ(^▽^)。

Posted by はもよう at 2018年12月20日 00:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: