2018年12月17日

ポプラの黄葉

いやまた、夕べ、よく降りましたね。冬にこんなに雨がふるって珍しいです、うちの方
では。朝まで小雨が残りましたよ。でも、雨雲の影響で朝の冷え込みはちょっと控えめ。
でもって、お天気は急速に回復し、日中はほぼ穏やかな晴天でした。それでも今日は
仕事が忙しくて、周りを見る余裕はなかったです。明日はどうかなぁ。

記事の方は11/28に近所の公園で撮ってきた写真から。

181217_park.jpg

近所の花だんを回ってから、いつもの道を公園目指して歩き出します。
だいぶ手前から撮った公園の入り口の景色。色んな樹形の樹が重なり合って面白い模様に
なって居たんですが…。見たようには、表現できなかったかも。また頑張ります。






もう9時半頃だったけれど、草の葉にはまだ朝露が残っていました。

181217_asatuyu1.jpg

草の葉に小さな水玉がきらきら光りながら並んでいてとても綺麗です。

もしかしたら、霜が降りていたかもしれません。

181217_asatuyu2.jpg

今度は真っ白に降りた霜の写真も撮りたいな。



さて、公園についてまず見上げるのはポプラの並木。

181217_poplar1.jpg

ヨーロッパ原産の背高さん。根が浅く、風に弱いタイプの上に、けして寿命は長くはあり
ません。変化の激しい水辺で、砕ければその数だけ個体数を増やしちゃえくらいの気構えで
生きてきた樹です。つきあうにはそのつもりで。強風の日には近づかないことです。

181217_poplar2.jpg

秋には綺麗に黄葉します。



2列に並んだポプラ並木のまん中の植え込み、確かボックスウッドだったはずですが、

181217_nawasiro_i.jpg

今はこんな赤い植物におおわれています。これつるに見えますが、全部、ナワシロイチゴの
枝です。初夏にピンクの花と赤い実をご紹介しましたが、枝垂れるタイプの枝が枝垂れ
すぎてこんな感じに。いやなんかすさまじいですね。



そばのヒマラヤスギは、枝先のおばなの花の穂を並べています。

181217_himaraya_s.jpg

他の松の木の花期はGWの頃ですが、ヒマラヤスギは秋の終わりなんですね。



お向かいの列のポプラは、日の光を浴びてさらに明るい黄色です。

181217_poplar3.jpg

柄が長く、三角形の葉っぱは風に吹かれるとよく震えて音を立てます。ここにはもう、
メスの木は並んで居ませんが、メスの木があった頃は、夏の初めに綿毛に包んだタネ
を風に飛ばしていました。

181217_poplar4.jpg

風を利用し、風にたおされるポプラの木。

木の下には落ち葉がたくさん積もっています。

181217_poplar5.jpg

今年は、こちらのポプラ並木では入り口のそばの木が1本倒れました。もっと奥の方に
並ぶ、北米原産のカロリナポプラの方が、もっと倒れやすいんですけどね。

ポプラ並木の足下、倒れているのはレイランドヒノキです。

181217_poplar6.jpg

倒木があまりに多すぎて、まだ、全部は片付けきれません。公園のあちこちに枝が積んで
あるのですが、この日、そのそばでたばこを吸っている人を見かけて、吸い殻の不始末とか
無いのかなってちょっと不安になりました。早く片付くとよいのですが。



ハナミズキは、すっかり葉っぱが無くなって赤い実だけが枝に残っています。

181217_h_mizuki.jpg

こんなにあるから、鳥さんたちも食べきれないのかな。そろそろ落ちちゃうよ。急いで
食べにおいで。





駐車場の方のユリノキは葉っぱがみんな落ちてしまいました。

181217_yurinoki1.jpg

葉っぱが無くなると、バドミントンの羽(シャトル)によく似た実が目立ちます。
あんなに花が咲いたんだなぁって、毎年、感心するんですよ。

いつもの場所にも立って、建築物のような景色をパチリ。

181217_yurinoki2.jpg

芽吹き、花を咲かせ、葉を茂らせ、黄葉し、そしてまた枝だけになるユリノキ。
今年もお疲れ様。また来年もよろしくね。




ここから、雑木林ゾーンを歩きます。

181217_saku_muku1.jpg

まずは手前のサクラと向こうのムクノキ。ちっちゃい写真じゃ解りませんよね。

落ち葉を並べてみましょうか。

181217_saku_muku2.jpg

ここのムクノキはちょっと葉っぱ小さめですね。代わってサクラは随分と大きめ。
色づき方もぜんぜん違うけれど、じつは手触りが一番違うんです。ムクの葉っぱは、
紙やすりの手触り。実際に工芸品を磨くのに使われたりするくらい。
触ればすぐに解ります。



雑木林の林床には、寒椿が咲いていました。

181217_k_tubaki1.jpg

株も小振りなら葉っぱも小振り。

181217_k_tubaki2.jpg

お花も小振りだけれど、とっても綺麗。前の記事でご紹介したのとまた、印象が違い
ますね。



雑木林ゾーン、次に見上げたのはミズキとコブシが並んで居るあたり。

181217_mizu_kobu1.jpg

青葉の盛りにも撮ったはず。ひだりがミズキで、右がコブシです。

181217_mizu_kobu2.jpg

ちなみにこの木の下に落ちていた葉っぱはこちら。ここのミズキは赤い葉っぱが多かったな。
左上がミズキです。右下のしずく型のがコブシの葉っぱ。だいたい黄色く色付きます。


ミズキは、黄色く色付くことが多いのですが、

181217_mizuki1.jpg

日当たりのよい枝先など、赤くなることもあります。色づき方は株によっていろいろです。



雑木林には常緑樹も生えています。こちらはヤナギガシこと、シラカシの木。

181217_sirakasi1.jpg

樹形も葉っぱも優しい系。どんぐりはしましま帽子をかぶって、小さめで丸っこいスタイル。

でもって、この日の木の下には葉っぱが出ちゃったどんぐりが多数。

181217_sirakasi2.jpg

樫の木赤ちゃんですね。

たくさんでてたら、樫の木幼稚園かな?

181217_sirakasi3.jpg

赤や黄色の葉っぱに混じって、可愛いなぁ。



雑木林ゾーンの中程まで来ました。ここに立っていたミズキは全体的に薄赤いけれど、
真っ赤な葉っぱが見当たらないタイプ。

181217_mizuki2.jpg

まぁ、株ごとに違うって言うのも個性ですね。
まだまだ個性的な木々が続きます。よかったらまたおつきあいください。





posted by はもよう at 23:07| Comment(2) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんばんは。
読み応えのあるお話でした。
樹木のことをほんとによくご存知ですね。
ポプラって、そんなに倒れやすいのですか。
ポプラ並木ってよく聞きますが。

落ち葉が並べられている最初の画像。
グラデーションがかかってきれいですねぇ
こんなに微妙に色が違うんだ。

それと、寒椿が咲きだしているんですね。
確認しないといけません。
気付かずにずっとサザンカで通していますよ^^

Posted by ブリ at 2018年12月19日 22:56
ブリさん、こんばんは。

いや、まぁ、読み応えとか…(^^#)

近所の公園にはポプラが2種類植わっていて
とにかく倒れまくってます。
図鑑には載っていないし、webの記事頼りなんですが、
そんな木みたいですよ。

落ち葉と言えば、落ち葉を並べてすごく精巧な絵を描いた写真を
今年はたくさんインスタかTwitterで見かけました。
綺麗なグラデーションの太陽とか、ポケモンとか。
一度挑戦してみたいと思わないじゃないけれど、
とほうもなく時間がかかりそうでした。

まぁ、寒椿もサザンカのうちですよ。
で、いつの間にか椿の季節になっちゃってたりして(^^*)。

Posted by はもよう at 2018年12月20日 00:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: