2018年12月19日

キブシの紅葉

昨日も今日も穏やかによく晴れました。やっぱり朝から青空を見られると気分がよいもの
ですね。それでもまた、忙しく働いていたので、そのお天気を堪能する時間が無くて残念
でした。明日も晴れるそうだけれど、また雨雲や寒気が近づいているとか…天気予報に
注意いたしましょう。

記事の方は11/28に近所の公園で撮ってきた写真の続き。

181219_sakura.jpg

入り口に近い雑木林に赤い葉っぱが敷き詰められた地面があって、良く良く見ると桜の木
でした。






まだ黄色いんですけれど、場所によって違うのか、これから赤くなるのか解りませんが、
これはアカシデです。

181219_akaside1.jpg

これはこれで綺麗だから問題ないけど、特徴は朱赤に染まる葉っぱですからね。公園内には
何本もアカシデの木があるので、赤い葉っぱの木を見つけられたら良いなと思います。

181219_akaside2.jpg

これだアカシデの葉っぱ。細かくて可愛らしい葉っぱです。



そしてこちらがクマシデの葉っぱ。

181219_kumaside1.jpg

木はそんなに大きくならないんですが、葉っぱはちょっと長め。

葉脈がきっちりそろって並んで居て、折り目正しい感じ。

181219_kumaside2.jpg

シデ三兄弟の長兄ですもの。実はビールの香り付けに使われるホップに似た ずんぐり
むっくりした実なんですが…この株にはまだ付いていませんでした。



雑木林を縫って続く道、立ち止まって見上げるとこんな景色です。

181219_zokibayasi1.jpg

まん中の黄色っぽいのは…左上も…クヌギ、左右はサクラ、常緑樹はシラカシです。
良いお天気だったなぁ。



この日、うまく取れて嬉しかったのは、この赤い葉っぱ。日陰で色が渋くて、うまく
撮るの難しいんです。

181219_kibusi1.jpg

この葉っぱはキブシ。春まだ浅い頃、かんざしの飾りみたいな黄色い小花を枝にたくさん
下げるように咲かせて、夏には緑のころころした実を、また同じ様にぶら下げていた樹です。

181219_kibusi2.jpg

オスの株なら花の季節には賑やかで目立ったけれど、これはメスの株。花も実も地味で
目立ちませんでした。

秋には、こんな、渋いけれど味わい深い色に染まります。

181219_kibusi3.jpg

控えめに、来年の花の芽の準備も済んでいました。そういえば、実はもう落ちちゃったのかな?



今年のコナラは、なかなか赤く染まりません。この日もまだ黄色まで。

181219_konara1.jpg

冷え込みがゆるいから、なんとなく踏ん切りが付かないのかなぁ。




樫の木の間から雑木林を透かして見ると、色んな葉っぱがステンドグラスのように輝いて見え
ます。

181219_zokibayasi2.jpg

まん中手前はミズキで奥はケヤキ。左の方はコナラの木です。



大木の木によりかかって、見上げるとこんな景色。色とりどりの葉っぱを引き立ててくれるの
は枝と幹の黒いシルエット。

181219_mizuki3.jpg

まるで金色の葉っぱみたいに、目立って居るのはこれもミズキ。



その左隣にはコナラ。

181219_konara2.jpg

ここも以下同文の黄色い葉っぱ。
秋がもっともっと深まったら、切ないくらいの赤い色になるはずなんだけれど、いつになる
んだろう。



左はケヤキ、まん中が樫の木、

181219_mizuki1.jpg

そして右の華やかなのはミズキの木。

このサイズじゃ無理だけれど、

181219_mizuki2.jpg

枝先を拡大するとミズキだって解りますね。
ここで一度 雑木林から出て、次のエリアへ…。



今度は真っ赤なモミジバフウ。

181219_momijiba_f1.jpg

イロハカエデとは比べものにならないほど大きな葉っぱですが、形はカエデに似て5裂
します。


近所の公園、赤いモミジバフウのお隣は、黄色いイチョウなんですよ。

181219_momi_ityo.jpg

ぜんぜん違う葉っぱの木が隣り合わせているのって、なかなか素敵な取り合わせ。

イチョウもモミジバフウも、そろって背が高くなる木で、紅葉自慢の木です。

181219_momijiba_f2.jpg

株によってはまだ緑の葉っぱも残っていて、カラフルです。

トゲトゲボールの実がぶら下がっている様などは、天然のものとは思えないほど。

181219_momijiba_f3.jpg

お星様にも似ている葉っぱをたくさんつけて、綺麗です。



この記事ラストはエノキとクワ。

181219_kuwa1.jpg

左の葉っぱが細かい方がエノキです。

ちょっと大きめはクワ。

181219_kuwa2.jpg

桑の葉っぱは、特に若いうちは形が定まらず、バリエーション豊富すぎて初心者泣かせ
です。それでも、みんな、秋には黄色く色付いて散ってしまします。また来年、元気な
姿を見せてよね。




公園の写真はまだまだ続きます。



posted by はもよう at 23:46| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: